ウイスキー銘柄

あかしの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

あかし

あかしは、兵庫県明石市にある清酒「神鷹」を製造している蔵元の江井ヶ嶋酒造株式会社が販売しているウィスキーです。

日本酒や焼酎を製造している蔵元ならではの、製法があります。

ここでは、そんな魅力的なあかしについてご紹介します。

あかしの特徴・概要

あかしは、兵庫県の明石市にある江井ヶ嶋酒造株式会社で作られるジャパニーズウイスキーです。

元々は「神鷹」で知られる蔵元の江井ヶ嶋酒造が、自身をもってリリースしたウィスキーになります。

あかしの味わいや特徴

香りは、厳選したイギリス産麦芽を100%使用しており、華やかな香りです。

また、青りんごを思わせるさわやかさと樽の穏やかで落ち着きもあります。

味わいは、柔らかな甘みの後にビターな味の広がりがやってきます。

日本酒や焼酎を製造されている会社が出したウィスキー

あかしは、製造している江井ヶ嶋酒造は日本酒「神鷹」をはじめ、焼酎やワインを販売しています。

そんな酒造が自信を持って製造をしているのがあかしです。

また、あかしを製造しているのは、江井ヶ嶋酒造の杜氏が行う点が、酒造ならではの特徴ともいえるでしょう。

あかしのおすすめの飲み方

あかしのおすすめの飲み方はハイボールです。

しっかりした香りや味わいは、炭酸で割っても、その印象が弱まることはありません。

爽快さがある中で、芯のあるので、スイスイと飲むことができるのでおすすめです。

あかしの種類

ここでは、あかしの種類についてご紹介します。ラインナップごとに原酒の個性を生かしながらも、全体を通して気品のある花の香りを感じるウイスキーです。

それでは、1本ずつご説明しましょう。

あかし レッド

あかし レッド

あかしレッドは、グレーンを使用したブレンデッドウイスキーとなります。

コンビニなどに置かれているため、簡単に手に入れることができます。

軽く焦がしたパン、カカオの香りで、味わいはドライで端麗で控えめな甘みとビター、短めですがしっかりとした後味を楽しむことができます。

地ウイスキーあかし

地ウイスキーあかし

地ウイスキーあかしは、レッドの上位種にあたるボトルです。

レッドで感じたラムレーズンやカカオが濃縮されて、酸味がやや感じられ高価なのが特徴です。

シングルモルトあかし

シングルモルトあかし

シングルモルトあかしは、バーボン樽とシェリー樽で熟成されていて、年数の記載がないのでノンエイジになります。

香りはバニラ、ドライフルーツ、ラズベリー、ローズを感じさせ、味わいはビターチョコ、プラムのような爽やかさがあります。

あかし シングルモルト8年 シェリーバット

あかし シングルモルト8年 シェリーバット

あかしシングルモルト8年 シェリーバットは、スパニッシュオークのシェリー樽で8年以上熟成させた原酒を使用したボトルです。

香りは青リンゴの酸味にトーストの香ばしさ、プラムやジャムがうっすらと感じさせます。味わいは控えめな甘みとカカオのビター、後半にスパイシーさを感じます。

あかし シングルモルト10年 シェリーバット

あかし シングルモルト10年 シェリーバット

あかしシングルモルト10年 シェリーバットは、上記の8年と同じ樽で10年以上熟成させたボトルです。

木樽由来の甘いシロップのような香りで、味わいはキャラメル、カカオ、ダークチョコレートになります。

また、アルコール度数が60度とかなり高いことが特徴です。

シングルモルトあかし バーボンバレル5年1st fill

シングルモルトあかし バーボンバレル5年1st fill

シングルモルトあかしバーボンバレル5年1st fillは、ファーストフィルのバーボン樽で5年以上熟成させた原酒を使用したボトルです。

香りはエステリーでバニラを強く感じさせ、味わいは甘みもしっかりと感じ、余韻に長めのバニラを堪能できます。

シングルモルトあかし14年

シングルモルトあかし14年

シングルモルトあかし14年は、イギリス産麦芽を100%使用して造られた原酒をまずシェリー樽で12年半熟成させます。

その後、山梨ワイナリーで使用した白ワイン樽で1年半後熟させてできたウィスキーです。

香りはプラム、レーズン、カシス、ゼラニウム、微かに青リンゴを感じさせ、味わいはドライな甘み、乾燥したアプリコット、プルーンになります。

シングルモルトあかし15年

シングルモルトあかし15年

シングルモルトあかし15年は、イギリス産麦芽を100%使用して造られた原酒を、スパニッシュオークシェリー樽で12年半熟成します。

その後、コナラ樽(ジャパニーズオーク樽)にて2年半後熟して造られたボトルです。

香りはかなりスモーキーなアロマが強く、奥を探ると熟したりんご、西洋梨、ベイリーフになります。

口当たりは上品でスイートでありながら、ドライでタンニンの渋みも感じます。

シングルモルトあかし3年 日本酒カスク

シングルモルトあかし3年 日本酒カスク

シングルモルトあかし3年 日本酒カスクは、日本酒を漬け込んだ樽に3年間熟成させたものです。

あまりにも斬新なウィスキーですが、元々日本酒を製造している江井ヶ嶋酒造ならではのウィスキーです。

味わいもビタースイートですが、どことなく日本酒を感じさせます。

シングルモルトあかし3年 テキーラカスク

シングルモルトあかし3年 テキーラカスク

シングルモルトあかし3年 テキーラカスクは、ホグスヘッドのバーボン樽にて3年熟成させた原酒をアネホ規格のテキーラ樽にて2年後熟させたウィスキーです。

信濃屋と江井ヶ嶋のコラボした規格ものの限定ボトルです。

シングルモルトあかし3年 オロロソシェリーカスク

シングルモルトあかし3年 オロロソシェリーカスク

シングルモルトあかし3年 オロロソシェリーカスクは、ファーストフィルのオロロソシェリー樽にて3年6ヶ月熟成しています。

フルーティで強めの甘みと、後半のタンニンの渋み・ビターな余韻の風味を感じることができる複雑な味わいです。

あかし5年 コニャックカスク

あかし5年 コニャックカスク

あかし5年コニャックカスクは、コニャックに使われるリムーザンオーク樽にて5年6ヶ月熟成させた限定ボトルです。

白ブドウ、白桃、ライチを思わせる甘みの強いことが特徴です。

あかしの歴史

 江井ヶ嶋酒造

あかしは江井ヶ嶋酒造の敷地内にあるホワイトオーク蒸溜所で造られています。

江井ヶ嶋酒造が創立されたのは1888年で、ウィスキーの製造免許を所得したのが1919年になります。

製造免許を取ったとはいえ、自前で蒸溜するのは後の話になります。

それまでは、海外の原酒を調達したり、ブレンド販売をしていました。

現在のウィスキー蒸溜器が収まったのは1984年になります。

しかし、その頃になると酒税法によって値段が上がったため、主力の製品が売れなくなってしまいました。

江井ヶ嶋酒造としては、日本酒や焼酎が生産されていたため、蒸溜所を閉鎖されることだけはありませんでした。

2007年に初めて8年もののシングルモルトあかしをリリースします。

2010年頃になると8年ものの提供が難しくなってきたので、様々なラインナップを持たせます。

スタンダードの5年ものと、限定2000本の12年ものをリリースします。これらのボトルは海外からの高い評価を受けました。

しかし2012年8月に原酒の生産量が追いつかず、5年ものをフラッグシップのモルトをあきらめて、ノンエイジボトルに切り替えました。

ホワイトオーク蒸溜所は、たくさんの人に応えるため、年々原酒の生産量を増やす方針で、近年では施設の増築なども考えています。

あかしの製法

 江井ヶ嶋酒造

あかしの製法は、原料となる麦芽の全てをイギリス産のものを輸入して使っています。

以前までは、フェノール値5ppm程度のライトリーピーテッドのものを使っていましたが、2014年から現在は10ppm程度のものを使用しています。

酵母については、一般的に大手メーカーの蒸溜所では、複数の種類の酵母を使い分けて、原酒に色んな個性を持たせるのですが、ホワイトオーク蒸溜所では違います。

他の蒸溜所とは異なり1つの酵母のみを使い続けています。

特に、熟成に使われる樽に特徴があります。

使われている樽の半数はバーボン樽で、残りがシェリー樽と、焼酎の熟成に使われたオーク樽です。

この特徴的な樽を使うことで奥深い味わいを表現しているのです。

あかし好きにおすすめウイスキー

ここではあかし好きにご紹介したいウィスキーをご案内します。

やはり、あかしがお好きというのであれば、江井ヶ嶋酒造で造られているお酒を2本ご紹介します。それでは1本ずつ説明しましょう。

シングルモルト江井ヶ嶋 シェリーカスク


シングルモルト江井ヶ嶋 シェリーカスクは、東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)2020に銀賞なったボトルです。

ウイスキー製造免許を取得してから100年、次の100年に向けての願いを込めているウィスキーです。

香りはドライフルーツ、ピーティーで、味はビタースウィート、エレガントで深みがあります。

ブレンディッド江井ヶ嶋 シェリーカスクフィニッシュ


ブレンディッド江井ヶ嶋 シェリーカスクフィニッシュは、東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)2020に銅賞になったボトルです。

モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドした後、シェリー樽で後熟しています。香りは、フローラルで華やかで、マイルドでスウィートな味わいです。

まとめ

江井ヶ嶋酒造が販売しているあかしについてご紹介しました。

元々は、日本酒や焼酎をメインに造られていた酒造ならではの、独創的な製法で造られているので、他のウィスキーとは一味違うお酒といえるでしょう。

歴史ある酒造が造るあかしをぜひ味わってみて下さい。

-ウイスキー銘柄

© 2020 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーメディア