ウイスキー銘柄

バランタイン12年の味・香りをレビューや口コミから評価

バランタイン12年

バランタインはスコッチ・ブレンデッド・ウイスキーの3大ブランドの一つと言われるウイスキーです。

日本国内でもバランタインの認知度が高く、多くの人々に親しまれています。

この記事では、「バランタイン12年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとにボウモアの評価を解説していきます。

バランタインのことをもっと詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

バランタインの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

言わずと知れた、スコッチウイスキーの名門、バランタイン。 数あるスコッチの象徴的な存在であることから「ザ・スコッチ」とも呼ばれています。 スコットランドを代表するブレンデッドウイスキーであり、19世紀 ...

続きを見る

バランタイン12年の特徴

バランタイン12年

バランタイン12年は、40種類以上の原酒をブレンドして12年以上熟成されたボトルです。

バランタイン12年の最大の特徴は「バランスの良さ」です。

甘くまろやかでクセがなくフルーティな味わいと、仄かにピートさも感じさせるバランタイン独特の味わいとなっており、この香りと味わいのバランスこそが、世界のウイスキーファンの方々に支持されてきた、スコッチ・ブレンデッド・ウイスキーであるといえます。

また、ジョニーウォーカーやシーバスリーガルなどの12年物のボトルと比べて価格が2,000円台と手頃なのも魅力のひとつです。

バランタイン12年の基本情報

ブランドバランタイン(BALLANTINE)
容量700ml
アルコール度数40%
原産国イギリス
原材料・成分モルト、グレーン

バランタイン12年のテイスティングノート

あざやかな黄金色
香り蜂蜜やバニラを思わせる甘く華やかな香り
複雑ながらもバランスの取れた、クリーミーで飲み応えのある味わい
フィニッシュかすかに感じる潮の香り。爽やかに伸びるアフターテイスト

引用:ballantines.ne.jp

バランタイン12年を4つの飲み方でレビュー

1. ストレート

ウイスキー ストレート

バランタイン12年の色味は、黄色が強くて深い琥珀色です。

香りは、非常に癖がない滑らかな香りがしてフルーティーな印象です。

樽由来のウッディな香りや控えめなピートの香りなど、少し複雑な面もみられます。

その味わいは、強い甘み、そしてウッディな樽の風味が感じられ、バニラやはちみつを焦がしたような香り、爽やかなフルーティな風味も際立ってきて、全体的にバランスの良さを感じます。

後味は、アルコールの刺激と辛みを感じますが、熟成された美味さが引き立ちます。

2. ロック

ウイスキー ロック

バランタイン12年の定番の飲み方がロックです。

氷をいれたグラスを軽くステアして、余りかきまぜないことがポイントです。

味わいは、爽やかなフルーティな風味もあって、少しスモーキーさを感じさせ、氷が入ることでアルコールの刺激が和らぎ、飲みやすくなります。

後味は蜜を焦がした様な風味も素晴らしく、口当たりの良さと甘さが増したように感じます。

3. ハイボール

ハイボール

バランタイン12年は、ファイネストよりメリハリのある味わいなので、ハイボールにしても十分楽しめます。

作り方はロンググラスに氷を入れ、ウイスキー1に対して、ソーダ3の割合がおすすめです。

マドラーで軽くステアして、レモンピールで香りづけして、フレッシュな香りと味わいが楽しめます。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

バランタイン12年の水割りは、ロックの時よりスモーキーな香りと苦味が増しています。

飲みやすくなった分、味のメリハリが無くなったように感じます。

また、ハーフロックの場合は、氷と加水された事で、味が引き締まり、口当たりはスッキリとした味わいになります。

バランスの良さは変わりませんが、味のコクは弱くなったように感じます。

口コミ・レビューでわかる「バランタイン12年」の評価

前提として、、個人の嗜好によってウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「バランタイン12年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査して実際の評価をまとめています。

結論からいうと、バランタイン12年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い評価悪い評価
・甘く華やかな香り、味わいのバランスが良い
・ロックでもスムースで、とても飲みやすい
・あっさりしてクセが無い
・香りは良いが、ピーティーさに欠ける

バランタイン12年を飲んで美味しいと評価している方は、華やいだ甘くフルーティな味わいを感じて飲みやすくて美味しいと、評価している方が多く見受けられました。

一方で、美味しくない、好みでないと判断された方の評価は、口当たりは良いがクセがなく、スモーク香やピーティさに欠ける点に、物足りなさを感じている方が見受けられました。

以下では、実際にバランタイン12年を飲んだ方の、口コミを一部抜粋してご紹介しています。

バランタイン12年の良い評価・口コミ

美味しくてリーズナブル

家飲みに最適なボトル

香り良く甘味に加えクリーミーで飲みごたえがある

クセが少ないから初心者におすすめ

意外とスモーキーで美味しい

香り、味わい、残り香、喉ごしすべて良し

バランスの良いクリーミーな味わいでカクテルとも相性が良い

舌にストレートに溶けていく感じが素晴らしい

バランタイン12年の悪い評価・口コミ

ピーティーさの無い竹鶴って感じ

香りはシーバスリーガルのほうが上

後味にスモーキー・樽香を強く感じる

この味なら半額のバランタインファイネストでいい

あっさりしすぎててイマイチ

味わいは平坦な印象イマイチ面白味に欠ける

甘さが消えてしまうのよ

ハイボールが美味しくない

まとめ

バランタイン12年はとてもバランスの取れたスコッチウイスキーです。

比較的クセもなくて飲みやすいウイスキーですので、ストレートでもロックで水割りでも、お好きな飲み方で楽しめるので、初心者の方でもスコッチ入門用としておすすめします。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア