ウイスキー銘柄

ブラックブッシュの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ブラックブッシュ

ブラックブッシュは、ブッシュミルズ蒸溜所で製造されているアイリッシュウイスキーです。

この記事では、ブラックブッシュの味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹介します。

記事の最後には、ブラックブッシュが好きな方におすすめのウイスキーも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ブラックブッシュの特徴・概要

ブラックブッシュは、世界最古の蒸溜所で知られているブッシュミルズ蒸溜所で製造されています。

ブラックブッシュはモルトの使用率が80%と高く、少量生産したグレーン原酒をブレンドすることで、高級感を感じられる風味となっています。

ブラックブッシュの味わいや香りの特徴

ブラックブッシュはオロロソシェリー樽とバーボン樽で最長7年熟成させたモルト原酒を80%以上使用し、少量生産したグレーンウイスキーとブレンドして造られています。

しかし、アイルランド伝統の3回蒸留によりスムースな飲み口で甘さも感じられます。

香りは、サッパリとした甘みとシェリー樽由来の香りで、口当たりはまったりとしたオイリーで、コクのある甘みとビターの風味を感じます。

100%アイルランド産の大麦を使うこだわり

ブラックブッシュのこだわりの一つに、100%アイルランド産の大麦を使っています。

地元の原料を使い、製造の最後まで一貫して管理する製造スタイルを貫いています。

また、使われている原料はノンピートモルトであるためスコッチウイスキーに多くみられるスモーキーな風味を感じません。

クセの強いウイスキーが苦手な方には、非常に飲みやすく感じられるでしょう。

ブラックブッシュのおすすめの飲み方はストレート

ブラックブッシュ 飲み方 ストレート

出典:Tom Huesing

ブラックブッシュは、ストレートでの飲み方がおすすめです。

ブラックブッシュはライトな飲み口でさっぱりとした甘みを感じられる風味が特徴です。

スパイシーさとドライな印象はありますが、嫌なクセはなくスッキリとしていて飲みやすく感じられます。

加水をすると風味が飛んでしまうため、ストレートが苦手な方は濃いめの水割りかロックがおすすめです。

ブラックブッシュの蒸溜所・歴史

ブッシュミルズ 蒸留所

出典:Sludge G

ブラックブッシュは、ブッシュミルズ蒸溜所で製造されています。

1608年に蒸溜所は設立され、世界最古のウイスキー蒸留所として知られていますが、正式に創立したのは1784年です。

しかし、1885年に火災により蒸溜所は消失。

再建をする際には、スコットランドから技師のチャールズ・ドイグを呼び、再建されました。

1923年にサミュエル・W・ボンドが蒸溜所を買収し、1972年にはアイリッシュ・ディスティラリー・グループの傘下に入ります。

1988年にフランスのペルノリカール社がアイリッシュ・ディスティラリー・グループを買収し、2005年にはディアジオ社に売却されます。

2014年にディアジオ社がテキーラメーカーのクエルボ社に売却し、現在に至ります。

ブラックブッシュの製法

アイルランドでは、1850年に麦芽税が導入され多くの蒸溜所では未発芽大麦を使用するようになりました。

しかし、ブッシュミルズ蒸溜所では大麦麦芽にこだわり続け、アイルランド産の大麦を100%使用し、スムースな飲み口を実現するためにノンピート麦芽を使用しています。

そして、蒸溜はアイルランド伝統の3回蒸留です。

3回蒸留することで、スムースでライトな口当たりとなり、女性やウイスキーを飲み慣れていない方に人気の風味となっています。

熟成に使われている樽はバーボン樽とオロロソシェリー樽で最低7年以上熟成した原酒を使用しています。

シェリー樽で熟成すると甘口の風味になる傾向にありますが、オロロソシェリー樽は辛口の風味になります。

そのため、ブラックブッシュはスパイシーな風味も感じられます。

ブラックブッシュ好きにおすすめのウイスキー

ブラックブッシュが好きな方におすすめのウイスキーを紹介します。

ブラックブッシュの「コクのある甘みと苦み」や「スパイシーでドライ」といった特徴を基準に同じブッシュミルズの銘柄から2本選びました。

ブッシュミルズに関しての記事は以下からご確認ください。

ブッシュミルズ
参考ブッシュミルズの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ブッシュミルズは、世界最古の蒸留所と呼ばれているアイルランドの「ブッシュミルズ」で作られたアイリッシュウイスキーです。 1889年のパリ万国博覧会において、ウイスキーで唯一の金賞を受賞したブッシュミル ...

続きを見る

ブッシュミルズ


ブッシュミルズはブッシュミルズ蒸留所で生産されているボトルで、モルトの使用率は50%です。

バーボン樽で熟成した原酒のみを使用しているため、バニラやキャラメルの甘みと3回蒸留によるライトな飲み口が特徴です。

洋ナシやリンゴといったフルーティさも感じられる飲みやすいボトルです。

ブッシュミルズ シングルモルト16年


ブッシュミルズ シングルモルト16年は、オロロソシェリー樽とバーボン樽で熟成した原酒をヴァッティングし、その後に6か月~9か月間ポートワイン樽で後熟しています。

スパイシーな香りと重厚感ある味わいを感じられます。

まとめ

ブラックブッシュは、世界最古の蒸溜所で知られるブッシュミルズ蒸溜所で製造されています。

3回蒸留によるスムースでライトな飲み口はウイスキーを飲み慣れていない方や女性におすすめの風味です。

-ウイスキー銘柄

© 2020 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーメディア