ウイスキー銘柄

クライヌリッシュ14年の味・香りをレビューや口コミから評価

クライヌリッシュ 14年

クライヌリッシュ14年は、スコットランドで作られているシングルモルト・ウイスキーです。

この記事ではクライヌリッシュの中から「クライヌリッシュ14年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「クライヌリッシュ14年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、クライヌリッシュのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

クライヌリッシュ
クライヌリッシュの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

クライヌリッシュは、スコットランドの北ハイランドで製造されているシングルモルトウィスキーです。 マイナーなボトルですが、ウィスキーファンの間では親しまれています。 この記事では、クライヌリッシュの味わ ...

続きを見る

クライヌリッシュ14年の特徴

クライヌリッシュ14年

クライヌリッシュ14年」はスコットランドのクライヌリッシュ蒸留所で、作られているウイスキーです。

華やかで甘じょっぱくフルーティーな風味と、フローラルな香りがこのウイスキーでは楽しめます。

アルコール度数は46%とスコッチとしてはやや高めです。

価格は700ml5,000~6,000円程度です。

クライヌリッシュ14年の基本情報

ブランドクライヌリッシュ(Clynelish)
容量700ml
アルコール度数46%
原産国スコットランド
原材料・成分モルト

クライヌリッシュ14年のテイスティングノート

イエローゴールド
香り糖分の香りを伴うロウソクのような香り。かすかにフローラルな芳香。加水をするとロウソクの香りが立ってくる。海岸のドライフラワー、後に黒砂糖の香り
晩秋のフルーツ、乾燥イチジクとはちみつのように甘いスパイス、スモーキーでドライ
フィニッシュ少し塩っ気があり、ドライかつ魅力的、かすかに苦いフィニッシュも感じられる

クライヌリッシュ14年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、クライヌリッシュ14年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

クライヌリッシュ14年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

クライヌリッシュ14年は、甘じょっぱい味わいとフローラルな香りが楽しめるウイスキーです。

甘く優しい味わいで刺激感が少ないので、ウイスキー初心者でも飲みやすいといえます。

2. ロック

ウイスキー ロック

クライヌリッシュ14年をロックにすると、甘さとしょっぱさが際立ちまるで塩キャラメルの味わいになります。

甘いウイスキーが好みの方に、特にこのウイスキーのロックはおすすめです。

3. ハイボール

ハイボール

クライヌリッシュ14年は、ハイボールにしても甘さや香りが薄まらないウイスキーです。

フルーティーで甘い味わいの他に、香ばしくスパイシーな側面も際立ってくるので、品のある味わいのハイボールが味わえます。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

クライヌリッシュ14年は加水に強いだけでなく、水を加えると香りが花開くウイスキーです。

このウイスキーのフローラルで芳醇な香りをしっかり楽しみたいときには、水割りにするとよいでしょう。

口コミ・レビューでわかる「クライヌリッシュ14年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「クライヌリッシュ14年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 クライヌリッシュ14年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い口コミ悪い口コミ
・甘じょっぱい味わいが最高
・コスパ良好
・芳醇で華やかな風味
・特別際立った味ではない
・ピート香がない
・余韻が少ない

クライヌリッシュ14年の良い口コミには「甘じょっぱい味わいが最高」「コスパ良好」「芳醇で華やかな風味」というものがありました。

甘じょっぱい独特の複雑な風味に対し、価格が安いことからコスパに優れたクオリティの高いウイスキーとして人気のようです。

クライヌリッシュ14年の悪い口コミとしては「特別際立った味ではない」「ピート香がない」「余韻が少ない」というものがありました。

日本では人気の高いこのウイスキーですが、海外の熱心なピート・フリークからは、物足りない味だという意見があがっていました。

クライヌリッシュ14年の良い評価・口コミ

ほんのりした塩気が心地よい

華やかでスパイシー

複雑で繊細な味は唯一無二

フルーティーで激ウマ

スパイシーかつスイート

14年らしく芳醇な味わい

塩っぽくフルーティーで甘い

フルーティーで複雑な旨味

クライヌリッシュ14年の悪い評価・口コミ

手に入りにくいし味も常軌を逸してはいない

荒々しい塩気が好みな人には不向き

コスパがダウンしてしまったのが残念

薬品のような味がする…

このスコッチにはあまり感心しない。私は一般的にピート系のフレーバーが好きなのですが このウイスキーは後味がよくわからない...ペニシリンの錠剤を飲んだ後に口の中に残る味のようなものだ。私にはワクシーすぎる。

(Not overly impressed with this scotch. I generally like a peatier flavor. This whisky has an aftertaste that I can't quite place... almost like the taste left in one's mouth after taking penicillin pills. Too waxy for me.)

引用:masterofmalt.com

フィニッシュが短く余韻がない

フィニッシュが非常に短いのが惜しい。全体的に、私はクライヌリッシュ14が好きですが、他の多くのディアジオブランドと同様に、劣化が許されており、4年前はもっと良かったのです。品質、品質、品質、それが私たちが望むすべてです。

(It misses out on the finish that is very short. Overall, I like Clynelish 14 ,but like so many other Diageo brands, it has been allowed to deteriorate and was much better 4 years ago. Quality, Quality, Quality, that's all we want.)

引用:masterofmalt.com

ピート感がない

ラルフィのレビューを参考に試しただけです。不満はないのですが、期待したほどではありませんでした。

また、他のレビューもいくつか見ましたが、いずれも甘み、深い果実味、キャラメルなどのバランスが素晴らしく、ピートのバランスもちょうど良いと書いてありました。

しかし、私はピートを全く感じない。

12YOのBunnahabhainを連想させるような感じです。水を加えても、値段の割には面白いものが出てこない。

フロリダでは75ドルです。このワインが瓶の中で酸素の働きによって発展することを期待しています。

(Just tried this based on a Ralfi review. Not dissatisfied but not quite as good as I expected. Also watched several other reviews and all mentioned a great balance of sweetness, deep fruit, caramel etc and the right balance of peat. But I'm not noticing any peat at all. Reminds me more of a 12 yo Bunnahabhain. Even with the addition of water it's still not bringing up anything that interesting for the price. $ 75.oo here in Florida. Hoping it develops in the bottle as the oxygen works.)

引用:masterofmalt.com

腐ったチェリーのような酸味

私には、これはチェリー酒の甘さのような味ですが、チェリーは熟しすぎていて、腐りかけているような感じです。酸味があり、オークが少し、オレンジもあるかもしれないが、遠くにちらっと見えるだけだ。ピートは全くない。

(To me this tastes like a cherry liquor sweet, but the cherry is too ripe and nearing rotten. Some acidity, a little oak, maybe some orange but just a flicker in the distance. No peat at all. )

引用:masterofmalt.com

面白い味だが口に合わない

クライヌリッシュは、私にとって少し後天的な味覚です。その風味の特徴(オーバンに似ている)は、特に私の口には合わないようです。でも、面白いですよ。

(Clynelish is a bit of an acquired taste for me - I don't think its flavour profile (similar to Oban) suits my palate particularly. It's interesting nonetheless.

引用:masterofmalt.com

まとめ

この記事ではスコットランドにある「クライヌリッシュ蒸留所」で作られているクライヌリッシュ14年について紹介しました。

甘じょっぱい味わいとフローラルな香りが特徴のこのウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2022 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア