ファイティングコックの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ファイティングコック

ファイティングコックは、アメリカ合衆国で作られていたバーボン・ウイスキーです。

この記事では、ファイティングコックの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。

おすすめの飲み方や種類ごとの特徴を掲載しているほか、記事の最後にはファイティングコックがお好きな方におすすめのウイスキーの提案なども行っています。

是非ウイスキー選びの参考にしてみてください。

目次

ファイティングコックの特徴・概要

ファイティングコック ロゴ

ファイティングコックは、アメリカ合衆国にある「ヘブンヒル蒸溜所」で作られていたブレンデッド・ウイスキーです。

バーボンでお馴染みのワイルドターキーに対抗し作られたバーボンであり、パッケージには力強く美しい闘鶏をあしらっています。

惜しまれつつも生産終了してしまいましたが、現在でも強い人気を誇るウイスキーのひとつです。

味の特徴

力強くフルーティーな甘みが、ファイティングコックの特徴です。

キャラメルをかけたバナナやバニラトーストのような甘みの中には、スパイシーな要素も感じられます。

香りの特徴

バーボンらしいケミカル香とバニラの香りが、ファイティングコックの特徴です。

クルミ等のナッツ香やダークフルーツ、カスタードパイのようなニュアンスも感じられます。

喉ごし・フィニッシュの特徴

ファイティングコックの喉ごしは重く、パンチが効いています。

アルコール度数が51.5%と非常に高いため、飲みごたえも抜群です。

余韻はオーキーなスパイス香やダークチョコの要素が強く、長くゆったり続きます。

ファイティングコックのおすすめの飲み方は「ストレート」

ウイスキー ストレート

ファイティングコックのおすすめの飲み方は「ストレート」です。

パンチの効いた力強い甘さやスパイシーな余韻を、ストレートでそのまま楽しみましょう。

アルコール度数が51.5%と非常に高いため、飲む際には水などのチェイサーを用意してください。

ファイティングコックの種類

ここではファイティングコックの種類を紹介しています。

現在主に販売されているファイティングコックは4種です。

ファイティングコック

ファイティングコック

ノンエイジのスタンダードな、ファイティングコックのボトルです。

バニラと熟した果実を煮込み、溶かしバターと混ぜ合わせたようなオイリーな味わいが特徴です。

黒蜜ザラメやバタースコッチのような甘さと、オーキーな香りが同時に楽しめます。

余韻はスパイシーでやや辛く、コショウのような刺激感が強めです。

ファイティングコック6年

ファイティングコック6年

6年の熟成年数を経た、ノンエイジ品よりもまろやかなボトルです。

キャラメルやチョコレートのような甘味と、柑橘系のスパイシーさが混在しています。

余韻はスパイシーでオイリーなのも、6年ものの特徴です。

ファイティングコック6年
created by Rinker

ファイティングコック8年

ファイティングコック8年

90年代に流通していた、ファイティングコックの長熟ボトルです。

6年ものよりもバニラや熟したフルーツの風味が強く出ており、芳醇なウイスキーに仕上がっています。

余韻にはオーキーなウッドスモークや、スパイシーな要素もあります。

荒ぶる闘鶏のような力強さと美しさを、同時に堪能できる秀逸なウイスキーといえるでしょう。

ファイティングコック8年
created by Rinker

ファイティングコック15年

ファイティングコック15年

最も長く熟成されたファイティングコックです。

ビターチョコのような香りと強烈なキャラメルの甘さ、とろりとしたまとわりつくような液体の重みが特徴です。

余韻にスパイシーさはなく、重厚なダークチョコの風味が力強く長く続きます。

ファイティングコック15年
created by Rinker

ファイティングコックの蒸留所・歴史

現在はヘブンヒル蒸留所で作られているファイティングコックですが、この蒸留所がはじめからバーボンのレシピを所持していたわけではありませんでした。

ファイティングコックはさまざまな蒸留所で作られていたバーボンであり、その出自は明らかになっていないのです。

60年代には無名の蒸留所、70年代中頃にはホフマン蒸溜所、75年頃にはJ.T.S. Brown & Sons社が瓶詰めを行っていたことが発覚しています。

商標権を遡ると、1954年以来ファイティングコックは作られている説が濃厚とのことです。

ヘブンヒルで蒸留されている今日のファイティングコックは、骨太で男らしいヘビー級バーボンとして多くの人に愛されています。

爽やかで軽い口当たりのウイスキーが数多く存在する市場において、ファイティングコックは昔ながらのバーボンを貫いている希少な存在だといえるでしょう。

ファイティングコックの製法

ウイスキー 樽

公式以外の見解では、小麦が多く使われていると記載されることも多いファイティングコックですが、実はこれは間違いです。

ファイティングコックは、トウモロコシ75%・ライ麦13%・大麦12%の比率で作られます。

ヘビーなパンチの効いた味わいは、トウモロコシを主体に作られているのです。

原料の仕込み水には、蒸溜後の残液の上澄みを加えています。

サワーマッシュと呼ばれるこの製法により、酸味とまろやかさが加えられるのです。

チャコールフィルターでろ過された原酒は、その後アメリカンホワイトオーク新樽で熟成されます。

内側を焦がした新樽で熟成された原酒は、スモークオークの豊かな香りの源になります。

その後、数年間熟成された原酒はブレンド・ボトリングされ出荷されます。

ファイティングコック好きにおすすめウイスキー

ファイティングコックは、ワイルドターキーに対抗し作られたバーボンです。

ここではファイティングコックがお好きな方におすすめの、ワイルドターキーとその対抗ウイスキーを3つ紹介します。

ファイティングコックと似た傾向のウイスキーをお探しの際には、是非参考にしてみてください。

ワイルドターキー スタンダード

ワイルドターキースタンダード

「ワイルドターキーの対抗種」を産み出した、全ての元凶と言うべき傑作バーボンです。

ファイティングコックと比較して鼻抜けがよく、スパイシーでキレの良い飲みやすいバーボンに仕上がっています。

アルコール度数は40.5%と低めで、軽やかなバニラの甘みが楽しめるウイスキーです。

イーグルレア10年

イーグルレア10年

ファイティングコックと同様に、バッファロートレース蒸留所が「ワイルドターキーの対抗種」として産み出したブランドです。

ドライでフルボディな力強い飲み応えと、バナナを彷彿とさせる強い甘みが堪能できます。

余韻は非常にスパイシーであり、ファイティングコックと似たニュアンスが感じられます。

ベイカーズ7年

ベイカーズ 7年

「ワイルドターキーの対抗種」ではありませんが、ファイティングコック好きへのおすすめウイスキーとして、ベイカーズを紹介します。

ベイカーズはファイティングコックと同じ、フルボディタイプのウイスキーです。

甘く濃厚でこってりとした芳醇な味わいは、ファイティングコック好きをきっと満足させるでしょう。

まとめ

この記事でアメリカ合衆国にある「ヘブンヒル蒸留所」で作られていた、ファイティングコックを紹介しました。

スパイシーで刺激的かつ甘みの強いフルボディ感が特徴のこのウイスキーが気になった方は、是非ご賞味されてみてください。

このページをシェアする
目次
閉じる