ウイスキー銘柄

グレンギリーの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

グレンギリー

グレンギリーは、スコットランドのハイランド地方で製造されているシングルモルトウイスキーです。

この記事では、グレンギリーの味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹介していきます。

記事の最後には、グレンギリーが好きな方におすすめのウイスキーも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

グレンギリーの特徴・概要

グレンギリーは、スコットランドの東ハイランド地方で製造されています。

かつては、有名な蒸留所が多数存在していましたが、現在ではティーチャーズのキーモルトとして知られるグレンドロナックやサントリーが買収したアードモアといった数えられる蒸留所がある程度となっている地域です。

グレンギリーは、ゲール語で「谷間の荒れた土地」を意味します。

グレンギリーの味わいや香りの特徴

グレンギリーは、フルーティな香りや味わい、それから酸味、苦み、スパイシーなバランスの取れた風味を感じます。

個性はあるものの、クセはそれほど強くないためシングルモルトの中でも飲みやすいボトルです。

サントリーがオーナーになってからシングルモルトになった

グレンギリーは、元々ブレンデッドウイスキーとして販売され、当時はスコッチらしいピート香やスモーキーな風味でした。

しかし、オーナーがサントリーになってからは、ノンピーテッド製法にしシングルモルトウイスキーとして製造を始めたため、現在のようなフルーティでクセのない飲みやすい風味となっています。

グレンギリー蒸留所に訪問すれば、当時のピート香の風味を味わえるため、ウイスキー好きな方はぜひ蒸留所にも訪れてみてください。

グレンギリーのおすすめの飲み方はロック

グレンギリーはロックでの飲み方がおすすめです。

ロックで飲むと、アルコールの刺激が強く感じられ、また青リンゴやマスカットといったフルーティな風味が強まります。

また、スコッチウイスキー特有のピート香やスモーキーな風味も感じられるようになり、ウイスキーらしい風味を楽しめます。

グレンギリーの種類

グレンギリー12年

グレンギリー12年

グレンギリー12年は、ラインナップされている中のスタンダードボトルです。

シェリー樽由来の香りが印象的で、青リンゴやマスカットといったフルーティな香りが広がります。

味わいは、青リンゴやマスカットのフルーティな味わい、バニラ、ナッツ、それから強い酸味、スパイス、ビターな風味が続きます。

個性はあるものの、クセがあまり強くないためウイスキー初心者にもおすすめです。

グレンギリー15年 シェリーカスク

グレンギリー15年 シェリーカスク

グレンギリー15年 シェリーカスクは、オロロソシェリー樽で最低15年熟成させた、免税店向けのボトルです。

香りは、ダークベリー系やドライフルーツ、バニラの香り。

味わいは、スイートでフルーティ、ドライフルーツやシナモンの味わいを感じられます。

グレンギリー15年 ルネッサンス ファーストチャプター

グレンギリー15年 ルネッサンス・ファーストチャプター

グレンギリー15年 ルネッサンスファーストチャプターは、シェリー樽とバーボン樽で熟成しています。

ルネッサンスシリーズの第一弾となるボトルです。

香りは、オレンジやプラム、ドライフルーツ、それからオーク樽の香りやナッツの香り。

味わいは、オレンジやプラム、ミルクチョコレート、キャラメルの味わい。

滑らかな口当たりで、濃いめの甘みを感じます。

グレンギリー16年 ルネッサンス セカンドチャプター

グレンギリー16年 ルネッサンス・セカンドチャプター

グレンギリー16年 ルネッサンスセカンドチャプターは、ルネッサンスシリーズの第二弾となるボトルで、バーボン樽とシェリー樽で熟成させれています。

香りは、温かみのあるオークのスパイス、オレンジピール、はちみつの甘い香り。

味わいは、ライムやショウガ、バニラ、アイスクリーム。

全体的に柑橘系の風味とクリーミーな味わいが特徴です。

グレンギリー17年 ルネッサンス サードチャプター

グレンギリー17年 ルネッサンス・サードチャプター

グレンギリー17年 ルネッサンスサードチャプターは、ルネッサンスシリーズの第三弾ともなるボトルです。

香りは、オレンジピールやはちみつをかけた焼き立てパン、ジンジャービスケット。

味わいは、ビターなオレンジ、柑橘系のフレッシュでフルーティな甘み、ミルクチョコレート。

グレンギリー15年の第一弾と比べると、風味に奥深さを感じます。

グレンギリー17年 ルネッサンス サードチャプター
created by Rinker

グレンギリー21年

グレンギリー21年

グレンギリー21年は、オフィシャルからリリースされている中で熟成年数が最も長いボトルです。

香りは、干からびたオレンジや薄めたはちみつ、干し草や土っぽいピート香。

口に含むとまろやかな口当たりで、コクのあるはちみつの甘みを感じます。

熟成期間が長いためか、クセの強さを感じます。

ウイスキーを飲み慣れている方に、ぜひ試してもらいたいボトルです。

グレンギリー ファウンダーズ リザーブ

グレンギリー ファウンダーズ リザーブ

グレンギリー ファウンダーズ リザーブは、蒸留所が200年以上という長い間シングルモルトウイスキーを作り続けてきたことを記念してリリースされたボトルです。

ノンチルフィルターでボトリングされているのが特徴です。

香りは、チーズやシェリーの香り、ラムレーズン、はちみつの香り。

味わいは、紅茶のような上品な味わいにフルーツの甘みを感じます。

ウイスキーらしいピート香も感じますが、あまり強く感じません。

風味がしっかりとまとまっておりバランスが取れているため、非常に飲みやすく女性にもおすすめできる一本です。

グレンギリーの蒸留所・歴史

グレンギリー蒸留所は、1797年に設立された歴史ある蒸留所です。

1994年にサントリーがモリソンボウモアを買収すると、傘下にあったグレンギリーもサントリーがオーナーになりました。

しかし、1995年には一時操業を停止し1997年に再稼働をしています。

この操業停止と再稼働で変わった点は、ピートの使用の有無でした。

元々は、グレンギリー蒸留所ではピート原酒の製造をしており、それを他の蒸留所へ供給する重要な役割をになっていました。

しかし、当時のクライヌリッシュ蒸留所(現ブローラ)でピート原酒の製造を行うようになり、代わりに第二クライヌリッシュ蒸留所(現クライヌリッシュ)の建築を始めたことにより、グレンギリー蒸留所でのピート原酒の負担が軽くなってしまいました。

その後、サントリーがオーナーになるまではピート原酒の製造を続けていましたが、サントリは、ノンピートモルトの製造の切り替えと、ブレンデッドモルトではなく、シングルモルトとして製造するようにしました。

グレンギリーの製法

グレンギリーはノンチルフィルターで通常より強めの48%のアルコール度数で製造しています。

粉砕された麦芽は、糖化槽に入れられ3回ほどろ過されます。

ろ過された溶け出た麦汁は発酵槽で約50時間発酵されます。

蒸留器は、ずんぐりとした太いスチルに長いアームの特徴的な形をしていますが、これにより、クリーミーな口当たりとスパイス、フルーティな風味を作っています。

伝統的なダンネージ式の貯蔵庫にて、熟成されます。

グレンギリー好きにおすすめのウイスキー

グレンギリーが好きな方におすすめのウイスキーを紹介します。

グレンギリーの「フルーティな風味」や「クセのない飲みやすい風味」といった特徴を基準に2本選びました。

シングルモルトの中でも飲みやすい風味となっているため、初心者でも試しやすいボトルとなっています。

グレンフィディック12年


グレンフィディック12年は、アメリカンオーク樽とヨーロピアンシェリー樽の中で最低12年間熟成させています。

洋ナシやレモンといった爽やかな香りと、フルーティな甘い味わいが特徴です。

また、グレンフィディックは世界で初めてシングルモルトウイスキーとして有名です。

非常に飲みやすく世界で最も飲まれているため、ウイスキー初心者にもおすすめです。

酒屋やネット通販などでは、3000円程度と高くもない価格で販売されているので、ぜひお試しください。

グレンフィディック
参考グレンフィディックの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

グレンフィディックは、世界で初めて発売されたシングルモルトです。 非常に飲みやすく世界で最も飲まれていることから、ウィスキーを初めて飲む方にもおすすめのシングルモルトです。 この記事では、グレンフィデ ...

続きを見る

グレングラント メジャーリザーブ


グレングラントは、スコットランドのスペイサイド地方せ絵死蔵されているシングルモルトウイスキーです。

また、グレングラント メジャーリザーブは、グレングラントの定番ボトルです。

香りは、やわらかなリンゴの甘み、マスカット、レモンといった爽やかなフルーティな香り。

味わいは、リンゴの甘みの他に、アーモンドのナッツような香ばしい風味、マスカットの爽やかな味わいです。

風味が爽やかでライトな飲み口は、シングルモルトの入門にピッタリです。

グレングラント
参考グレングラントの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

青りんごのようなフルーティな味わいで、イタリア人に愛されているグレングラント。 グレングラント10年と18年は、スコッチウイスキー・オブ・ザ・イヤーに受賞されたこともある名酒です。 この記事では、そん ...

続きを見る

まとめ

グレンギリーは、スコットランドの東ハイランド地方で製造されているシングルモルトウイスキーです。

クセのないリンゴやマスカットの爽やかでフルーティな風味は、飲みやすく初心者におすすめのボトルです。

ロックで飲むと、フルーティな風味が強まり、またピート香やスモーキーといったウイスキーらしい味わいも楽しめます。

-ウイスキー銘柄

© 2020 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーメディア