ウイスキー銘柄

イチローズモルト ホワイトラベルの味・香りをレビューや口コミから評価

イチローズモルト ホワイトラベル

イチローズモルトは、日本で製造されているジャパニーズウイスキーで肥土伊知郎氏(あくといちろう)によって作られました。

ボトルラベルに描かれた葉っぱのイラストが特徴的です。

イチローズモルトは、販売から今に至るまで様々な賞を受賞してきている事から、販売当初は入荷されてもたちまち完売になってしまうため入手困難なウイスキーとされてきました。

この記事では、イチローズモルトのなかでも味も美味しく価格も安いと評判のウイスキー「モルト&グレーン ワールドブレンデッドウイスキー(通称:ホワイトラベル)」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとにした評価を解説します。

2021年現在では、在庫も安定してきており、比較的入手しやすいので購入を迷っていた方や気になっていた方は、購入前に是非本記事を参考にしてみてください。

また、そもそもイチローズモルトのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

イチローズモルト
イチローズモルトの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

続きを見る

イチローズモルト ホワイトラベルの特徴

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル

イチローズモルト ホワイトラベル」の正式名称は「モルト&グレーン ワールドブレンデッドウイスキー」で、全2ヵ所の蒸留所のグレーンウイスキーと全9ヵ所の蒸留所のモルト原酒をブレンドして作られたウイスキーです。

上品なはちみつのような甘さと洋ナシと柑橘系フルーツのフレッシュな香りを感じさせ、味は、香りとは裏腹にひとくち口に含むとスパイシーでピート香を楽しむことができる不思議な味わいになっています。

ボディは軽めですが、アルコール臭さは感じにくくとても飲みやすいです。

人気のあまりプレミアム価格がついていた時期もありますが、ホワイトラベルはイチローズモルトシリーズの中では安い方で、4,000円未満で購入出来るのでイチローズモルト初心者にはおすすめのウイスキーになっています。

イチローズモルト ホワイトラベルの基本情報

ブランドイチローズモルト(Ichiro’s Malt)
容量700ml
アルコール度数46%
原産国日本
原材料・成分モルト、グレーン

イチローズモルト ホワイトラベルのテイスティングノート

淡い金色
香り洋梨やレモンの後に華やかなはちみつの香り
洋梨、はちみつ
フィニッシュはちみつとジンジャーのスパイシーな余韻

イチローズモルト ホワイトラベルを4つの飲み方でレビュー

1. ストレート

ウイスキー ストレート

一般的なウイスキーのアルコール度数は40%に対し、イチローズモルトホワイトラベルは46%のアルコール度数と比較的高いですが、驚くほど飲みやすいためストレートで飲んでもアルコールのピリっとした刺激や匂いをを感じることなく飲むことができます。

ストレートで飲む事によって、イチローズモルトホワイトラベルの特徴であるはちみつのような甘さと洋ナシや柑橘フルーツのフルーティーな味わいをしっかり味わう事ができ、まろやかな口当たりも楽しむことができます。

ストレートで飲む場合はチェイサーを用意することも多いですが、イチローズモルトホワイトラベルはチェイサーなしでも飲めるほど飲みやすくなっています。

2. ロック

ウイスキー ロック

イチローズモルトホワイトラベルをロックで飲むとストレートで飲むより甘さが増し、口当たりもより一層まろやかになります。

氷が溶けていき加水されていくごとに甘味が増しまろやかになっていくので、ひとくちひとくち味の変化を楽しみながら飲める飲み方になっています。

ロックで飲む際は、大きく溶けにくい氷をグラスに入れしっかりステアしグラスを冷やしてからイチローズホワイトラベルを注ぐのが美味しくロックで飲むポイントです。

3. ハイボール

ハイボール

イチローズモルトホワイトラベルをさっぱり爽やかに味わいたい方は、ハイボールでの飲み方をおすすめします。

ソーダ水で割ることによって、洋ナシの甘さよりも柑橘系のさっぱりとした甘味を強く感じられるのも不思議で面白いポイントです。

しかし、ソーダ水で割ってしまうと後味がスッキリするのでウイスキーの醍醐味のひとつでもある余韻を感じにくくなってしまうのがネックなポイント。

そのため、イチローズモルトホワイトラベルの魅力や余韻を存分に楽しみたい方にはあまりおすすめできない飲み方になています。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

イチローズモルトホワイトラベルを水割りで楽しみたい方は、氷無しの1:1での水割り「トワイスアップ」での飲み方がもっともおすすめです。

水とイチローズモルトホワイトラベルをハーフ&ハーフで割ることによって甘さが引き立ちフルーティーな香りを楽しめます。

氷を入れた水割りも、氷が溶けて加水されていくごとにいろいろな風味を楽しませてくれるので味の変化を楽しみたい方にはこちらの飲み方もおすすめです。

口コミ・レビューでわかる「イチローズモルト ホワイトラベル」の評価

ここからは、「イチローズモルトホワイトラベル」のネット上の評判・レビューをご紹介していきます。

実際に手に取った方々の口コミやレビューを約100件程調査しまとめました。

結論からいうと下記のような総評になりました。

良い評価悪い評価
・シリーズの中では安く手に入れやすい
・ストレートやロックでもゴクゴク飲めてしまう程飲みやすくて美味しい
・プレミアム価格が付くほどの味ではない
・アルコール臭が強く、味が若い

イチローズモルトホワイトラベルのウイスキーの良い評価で最も多かった声は、入手困難で品薄のイチローズモルトでもホワイトラベルは手に入れやすいし、価格も安いという声や、アルコール度数が46%と比較的高いにも関わらずストレートやロックでグイグイ飲めてしまう程味に雑味がなく美味しいという声が多く見受けられました。

一方、悪い口コミで多かったのは、味が若いためかウイスキー上級者にはプレミア価格が付く程の味ではないといった評価や、開封した時のアルコール臭が強いといった声が多く聞こえてきました。

悪い口コミの総評を見ている限り、ウイスキー上級者や深みのあるウイスキーを好む方にはおすすめ出来ないウイスキーだと感じました。

下記では、参考になりそうな良い口コミと悪い口コミをいくつかピックアップしご紹介していきます。

イチローズモルト ホワイトラベルの良い評価・口コミ

ハイボールにすると本当に洗練された世界観に驚嘆

喉を通るときに旨みがあるのはいいウイスキー

家飲みに最高 ストレートでグイグイいきそう

香りや酷も十分あり、非常に満足した飲みごたえ

Ichiro's Malt の数あるラベルの中で価格帯は最も安いものかと思います。(違っていたらすみません)

香りや酷も十分あり、非常に満足した飲みごたえです。価格もお手頃でオススメです。

引用:楽天市場

味わい・香りが素晴らしくブレンド力の高さに感動した

味わいと香りともにすばらしく、ブレンド力の高さに感動しました。

コストパフォーマンス高いと思います。

引用:楽天市場

私はロックでの飲み方がおすすめ

インスタで見かけて飲んでみたく購入。

パッケージも爽やか。飲んでまた爽やか。

私はロックでの飲み方がおすすめです。

栓がコルクで、開封が心地よい。

引用:楽天市場

モルトの強烈なインパクト、さらに喉の奥に広がるまろやかさが素敵

さすがに1ヵ月に1本限りだけあって、飲み始めのモルトの強烈なインパクト、さらにのどの奥に広がるまろやかな味が素敵でした。

樽変えによる効果なのか、スモーキーな風味も楽しめました。

おすすめの飲み方は もちろん、ストレートですね。

この味でこの価格はありえないでしょう。

引用:楽天市場

イチローズモルト ホワイトラベルの悪い評価・口コミ

思ったよりもさっぱりした味わい

思ったよりもサッパリした味わいです。

悪くはありませんが、コスパ的に星3つです。

引用:楽天市場

普通、値段が高い

レビューが誇大に書かれすぎ。ちょっと関係者のコメントなのでは?と疑問。

普通です。値段が高いので二つの評価です。

引用:楽天市場

若く、深みが無く、風味の変化に棘を感じる

人気の「イチローズ・・・」ウィスキーを知りませんでしたので購入しました。

個人の味覚により印象はまちまちなのでしょうが『同価格であれば、有名どころのウィスキーの方が格段に旨い。』と感じました。

ごく簡単に表現しますと『落着きが無い。ハッキリとした個性を感じるが、若く、深みが無く、風味の変化に棘を感じる。』です。

ウィスキー好きな方へはお勧めしません。

「募金が目的」と理解する方だけに購入をお勧めします。

引用:楽天市場

4000円代のウイスキーなら〜知多か他のウイスキーをおすすめする

そこまでありません。

同じく4000〜を選ぶなら知多かこのウイスキー以外をお勧めします。

キャップがコルクなのはしゃれていますが、注ぎにくいです。

引用:Amazon

人気を博しているリーフラベルを思い浮かべて飲むとギャップを感じる

好みは人それぞれだと思いますが、人気を博しているリーフラベルを思い浮かべて飲むと、そのギャップにびっくりするかと思います。

かく言う自分も、ワインウッドリザーブの香りが忘れられないので、どんなものかと購入してみましたが、あまりの違いに愕然としました。

同じ価格帯に優れたウイスキーが多くある中で、何故この白ラベルが(一時はプレミア価格まで付加されて)販売されているのか、甚だ疑問に思います。

引用:Amazon

若い感じで丸みが感じられませんでした

アルコール感が強い! かなり期待してたんですが、若い感じで丸みが感じられませんでした

この値段ならもっと美味しい他のウイスキーがあるなーという感じ 残念!

引用:Amazon

わざわざプレミア価格出してまで飲むべきではない

幻のウイスキー、イチローズモルトの最安モデルです。

香りが良く、味もそこそこですが、アルコールの刺激が強くて飲みやすくありませんでした。

なんって言えばいいでしょう、イメージ的に、以下に似ているかもしれません。

・香りとアルコール刺激を強くしたジョニーウォーカーブラック

・アルコール刺激を数段強くしたジョニーウォーカープラチナ

・味を薄くしたフロムザバレル ま、こんな感じで、とにかく若くてトワイスアップでも辛さが残ります。

味はそんなに悪くないですが、特別良くもなく、2000円台の有名ウイスキーなら十分同じ満足感が得られます。

正直、定価でも割高で、わざわざプレミア価格出してまで飲むべきではないと思います。  ちなみに、イチローズモルトのミズナラ(MWR)なら、こちらよりよくできていてよかったです。

引用:Amazon

味は棘の立った若いウイスキーのよう

イチローズモルト。

機会があれば飲みたいと常々思っており、偶然見つけて購入。

開栓してまず思ったのは、鼻をつくアルコールの香り。

味は棘の立った若いウイスキーのようです。

普段ラフロイグや富士山麓などはストレートで飲んでいますが、こちらはストレート、ロック、水割り、ハイボールの順に試しましたが、おいしく飲めたのはハイボールだけでした。 個人的には合わなかったようです。

引用:Amazon

まとめ

今回はジャパニーズウイスキーで有名のイチローズモルト製品からホワイトラベルの味や香り、おすすめの飲み方やネット上の口コミ・レビューを調査しイチローズモルトホワイトラベルの評価をご紹介していきました。

イチローズモルトホワイトラベルの香りは、甘いはちみつと洋ナシ、ほのかに柑橘系のフルーツの香りで、味は甘さの中にもウイスキー特有のスモーキーさもしっかり感じられるウイスキーでした。

また価格においては、人気ウイスキーという事にも関わらず4,000円未満で購入出来るという点もとても魅力的だと感じました。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア