ノブクリークの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ノブクリーク

ノブクリークは、アメリカ合衆国で作られているバーボン・ウイスキーです。

この記事では、ノブクリークの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。

おすすめの飲み方や種類ごとの特徴を掲載しているほか、記事の最後にはノブクリークがお好きな方におすすめのウイスキーの提案なども行っています。

是非ウイスキー選びの参考にしてみてください。

目次

ノブクリークの特徴・概要

ノブクリークは、アメリカ合衆国にある「ジムビーム蒸留所」から販売されているバーボン・ウイスキーです。

禁酒法が制定される以前のバーボンを再現したノブクリークでは、混ぜ物を一切しないバーボン本来のリッチな味わいが堪能できます。

特徴的なボトルデザインは、禁酒法時代にブーツへウイスキーを隠していた頃の名残を再現した物だとされています。

熟成が短く荒々しいバーボンのイメージを塗り替えるような、重厚感と芳醇さにあふれたプレミアム・バーボンとして、ノブクリークは現在人気を博しているのです。

味の特徴

ノブクリークでは芳醇なバニラのような甘みと、スモーキーな風味が楽しめます。

バーボン樽う由来の甘みは非常に芳醇であり、アルコールの刺激感はほとんどなく滑らかなのが特徴です。

香りの特徴

ノブクリークの香りはバーボン樽由来の強い甘みが感じられるものであり、刺激感は少なく飲みやすいものです。

甘いバニラや樽のウッド香の中に、ナッティなニュアンスが感じられます。

水で割ってもこれらの香りは薄まらず、力強く香り続けるのも特徴です。

喉ごし・フィニッシュの特徴

喉ごしが滑らかなノブクリークは、アルコールの刺激感が少なく非常に飲みやすいウイスキーです。

飲み始めからフィニッシュに至るまで、終始リッチな甘みが続くのもこのウイスキーの特徴だといえます。

バニラやキャラメルのような甘いニュアンスは、はじめから終わりまで消えることなく続き、リッチで深い余韻を飲む人の舌に残すでしょう。

ノブクリークのおすすめの飲み方は「ストレート」

ウイスキー ストレート

ノブクリークのおすすめの飲み方は「ストレート」です。

アルコールの刺激感がなく甘くて飲みやすいノブクリークは、バーボン本来のリッチな味わいを楽しむために、そのままストレートで飲みましょう。

アルコール度数の強さに不安感がある方は、水などをチェイサーとして用意してください。

ノブクリークの種類

ここではノブクリークの種類を紹介しています。

現在主に販売されているノブクリークは4種です。

ノブクリーク9年

ノブクリーク 9年

日本国内でも多く流通している、最もスタンダードなノブクリークです。

内側を焦がした新樽で9年間の熟成を経たあと、50度の状態になるまで加水しボトリングしています。

柔らかいバニラやナッツの香りと、リッチで芳醇な口当たりがこのウイスキーでは堪能できます。

ノブクリーク ライ

ノブクリーク ライ

ライ麦の比率をもっとも高くしたノブクリークです。

ライ麦のスパイシーな風味と、ノブクリーク特有のリッチな味わいが同時に楽しめます。

ノブクリーク スモークドメープル

ノブクリーク スモークドメープル

メープルシロップの風味があるノブクリークを焼いた樽で熟成し、スモーク香をプラスしたウイスキーです。

甘みが強い上に度数も45度と低く飲みやすいですが、現在は入手困難になっています。

ノブクリーク スモークドメープル
created by Rinker

ノブクリーク シングルバレル

ノブクリーク シングルバレル

スタンダードの中でも優れた樽を選び抜き、ボトリングしたノブクリークです。

優れた味わいをもつ樽だけを使用しているため、スタンダードよりもリッチで力強い甘さとコクを堪能できます。

ノブクリークの蒸留所・歴史

ノブクリーク 蒸留所 ノブクリークは、ケンタッキーに流れる小川から命名されたウイスキーです。

200年以上にわたり極めて質の高いバーボンを世に送り出してきた名門「ジムビーム」が、万を持して世に送り出すプレミアム品として誕生させました。

ブッカーズを生み出したことで有名な6代目ブッカー・ノウは、本来あったバーボンの姿を追求し、復刻することを夢見ます。

「さらに力強く、リッチな甘み」を追求し、一切妥協することなく追求し続けた結果、ノブクリークは誕生したのです。

禁酒法以前のウイスキーを目指し作られたノブクリークは多くのウイスキー好きの目に留まり、ISC2014ウイスキー部門では栄えある金賞を受賞しました。

本来のバーボンを目指し作られたノブクリークは、今日ではリッチな味わいが気軽に楽しめるプレミアム・バーボンとして、多くの人に愛されています。

ノブクリークの製法

ノブクリーク 製法

ノブクリークは、製造数量が限定されるスモール・バッチ品です。

選び抜いた最上級の原料を使い、糖化・発酵・蒸留はもちろん、貯蔵や熟成にまでこだわり抜いて製造されます。

9年の間じっくり熟成された樽は、出来の良いものをシングルバレル、通常品をスタンダード品として分別されます。

分別されたバーボンの樽は50%に調整され、ボトリングを行ったのち出荷されるのです。

ノブクリーク好きにおすすめウイスキー

ここではノブクリークがお好きな方におすすめの、甘くてリッチなバーボン・ウイスキーを3つ紹介します。

ノブクリークと似た傾向のウイスキーをお探しの際には、是非参考にしてみてください。

ベイカーズ7年

ベイカーズ 7年 ノブクリークと同じジムビーム蒸留所が生み出した、7年熟成のプレミアム・バーボンです。

バニラやキャラメルのような力強い甘みとコクのある香り、ナッティで甘く香ばしい味わいがこのウイスキーでは存分に堪能できます。

樽香が非常に強く、パンチの利いたフルボディタイプのウイスキーです。

メーカーズマーク カスクストレングス

メーカーズマーク カスクストレングス

メーカーズマークの中でも特に濃度が高いカスクストレングスボトルは、ノブクリーク好きにもおすすめなプレミアム・バーボンです。

まろやかでリッチなコクのある甘みと、スパイシーでスモーク感のあるニュアンスは多くのバーボン好きを魅了しています。

メーカーズマークが追求する、誰もが美味しいと感じる“まろやかな味わい“が体現された、至高の味わいをぜひお楽しみください。

ベイゼルヘイデン

ベイゼルヘイデン

甘みの強いノブクリークと飲み比べするのにおすすめなプレミアム・バーボンが、スパイシーでハーバルな味わいのベイぜルヘイデンです。

ジムビームの2倍以上のライ麦を使い、スムーズでスパイシーな飲み心地のウイスキーに仕上げています。

ドライでクリーンな味わいが楽しめる、バーボンの中でも変わり種のウイスキーです。

まとめ

この記事ではアメリカ合衆国の「ジムビーム蒸留所」から販売されている、ノブクリークを紹介しました。

芳醇な甘みと滑らかな口当たりが特徴的なこのウイスキーが気になった方は、是非ご賞味されてみてください。

このページをシェアする
目次
閉じる