ウイスキー銘柄

ロイヤルサルート21年の味・香りをレビューや口コミから評価

ロイヤルサルート21年

ロイヤルサルート21年は、スコットランドで作られているウイスキーです。

この記事ではロイヤルサルートの中から「ロイヤルサルート21年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「ロイヤルサルート21年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、ロイヤルサルートのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

ロイヤルサルート
ロイヤルサルートの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ロイヤルサルートは、シーバスリーガルを手がけるシーバスリーガル社からリリースされているブレンデッドウイスキーです。 この記事では、ロイヤルサルートの味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹介します。 記事 ...

続きを見る

ロイヤルサルート21年の特徴

ロイヤルサルート21年

ロイヤルサルート21年」はスコットランドのシーバスブラザース社で作られているウイスキーです。

華やかな花のような甘美な香りと、甘くすっきりした味わいが特徴です。

瓶が3種類あることも特徴であり、いずれのパッケージも非常におしゃれで美しいため、ギフトとしても人気があります。

アルコール度数は40%とスコッチとしては低く、価格は700ml13,000円程度です。

ロイヤルサルート21年の基本情報

ブランドロイヤルサルート‎(ROYAL SALUTE)
容量700ml
アルコール度数40%
原産国スコットランド
原材料・成分モルト・グレーン

ロイヤルサルート21年のテイスティングノート

琥珀色
香り蜂蜜入りのモルト、非常に繊細なオーク系のスモーク、キュラソー・リキュール、クルミの香り
クローブを効かせたオレンジ、シェリー酒を効かせたレーズン、そして魅力的なフローラルの要素。
フィニッシュチョコレートやハニカムのような、長くて明らかにリッチな味わい

ロイヤルサルート21年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、ロイヤルサルート21年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

ロイヤルサルート21年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

ロイヤルサルート21年は非常に繊細なスモーク感や、フローラルな香味が楽しめるウイスキーです。

刺激感は少なく、かつアルコール度数も低いためストレートで飲むのに適しています。

2. ロック

ウイスキー ロック

ロイヤルサルート21年をロックにすると、ラベンダーのような華やかで品のある香りが花開きます。

このウイスキーの個性ある香りを存分に楽しむには、特にロックがおすすめです。

3. ハイボール

ハイボール

ロイヤルサルート21年は加水に弱いため、ハイボールにするのはおすすめできません。

長い熟成期間から生まれる深い香味を楽しむためにも、加水はせずに味わうのが良いと言えます。

4. 水割り

トワイスアップ 水割り

ロイヤルサルート21年はアルコール度数が低く、加えて繊細な味わいのウイスキーです。

ハイボール同様に加水すると味がぼやけてしまうため、水割りにするのは避けましょう。

口コミ・レビューでわかる「ロイヤルサルート21年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「ロイヤルサルート21年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 ロイヤルサルート21年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い口コミ悪い口コミ
・フローラルで優美な香り
・甘くておいしい
・パッケージや瓶がおしゃれ
・古酒は状態がよくないものが多い
・コルクが折れやすい

ロイヤルサルート21年の良い口コミには「フローラルで優美な香り」「甘くておいしい」「パッケージや瓶がおしゃれ」というものがありました。

甘く優美な香味でおいしいという点が、このウイスキーの良い評価に繋がったようです。

パッケージや瓶の装飾に凝っている点も、高く評価されています。

ロイヤルサルート21年の悪い口コミとしては「古酒は状態がよくないものが多い」「コルクが折れやすい」というものがありました。

特に、コルクが折れやすいという意見は非常に多かったため、このウイスキーを飲む際には替えのコルクが必須だといえるでしょう。

ロイヤルサルート21年の良い評価・口コミ

花のような優美な香味

箱も味も最高

驚愕のなめらかさ

甘くて飲みやすい

シーバス製品の中で一番好き

コクと深みと重厚感

とっておきたいほどパッケージが美麗

バランスがよく飲みやすい

ロイヤルサルート21年の悪い評価・口コミ

熟成感が感じられない

15,000円は高く感じる

甘味はあるがアルコール臭がきつい

古酒になると味が落ちた

古酒はコルクが崩れがち

コルクが分解した

どの瓶でもコルクが折れる

買ってすぐコルクが折れた

まとめ

この記事ではスコットランドにある「シーバスブラザース社」で作られているロイヤルサルート21年について紹介しました。

華やかな花やフルーツを彷彿とさせる香りが特徴のこのウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2022 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア