タリバーディンの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

タリバーディン

タリバーディンは、スコットランドで作られているシングルモルト・ウイスキーです。

この記事では、タリバーディンの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。

おすすめの飲み方や種類ごとの特徴を掲載しているほか、記事の最後にはタリバーディンがお好きな方におすすめのウイスキーの提案なども行っています。

是非ウイスキー選びの参考にしてみてください。

目次

タリバーディンの特徴・概要

タリバーディン ロゴ

タリバーディンは、スコットランドにある「タリバーディン蒸留所」で作られているシングルモルト・ウイスキーです。

ハイランドクイーンのキーモルトとなっていることで、このウイスキーは非常に有名です。オーナーがワイン商であることから、さまざまなカスクフィニッシュ品がタリバーディンには存在します。

スタンダードとカスクフィニッシュ、そして年数表記品を飲み比べられる楽しみがあるのも、このウイスキーの魅力でしょう。

味の特徴

タリバーディンは、非常に柔らかで甘みの強い味わいが堪能できるウイスキーです。

まるでクリームのような甘さの中には、ほんのりと柑橘の皮を彷彿とさせる苦みが混在します。

麦芽とバニラのような甘みは、フィニッシュに向かうにつれてファッジ感の強いものに変わるのもこのウイスキーの特徴です。

香りの特徴

タリバーディンは、ハチミツのような甘い香りと、柑橘の爽やかさが織り交ざったウイスキーです。

カスタードクリームやバニラのような、柔らかいニュアンスの香り、フローラル感も感じられます。

喉ごし・フィニッシュの特徴

タリバーディンは非常に滑らかでクリーミーな喉ごしのウイスキーです。

飲み心地が軽く度数も低いため、ストレートでもすいすい飲めるでしょう。

フィニッシュ時には柔らかいシロップのような甘みと、ナチュラルなスパイス香がふんわりと漂います。

タリバーディンのおすすめの飲み方は「ストレート」「ハイボール」

ウイスキー ストレート

タリバーディンのおすすめの飲み方は「ストレート」「ハイボール」です。

スタンダードなタリバーディンである「タリバーディン ソブリン」は、ハイボールで味わいましょう。

特に「タリバーディン ソブリン」は炭酸水との相性が良く、非常に飲みやすいハイボールが仕上がります。

カスクフィニッシュや年数表記のあるものは、深みや複雑な味わいを楽しめるストレートで飲むのが一番です。

タリバーディンの種類

タリバーディン ソブリン

タリバーディン ソブリン

ノンエイジ品のスタンダードであるタリバーディンです。

モルティな甘みのある味わいと、フローラルな香りが楽しめます。

口当たりは柔らかで甘く、どんな方でも気軽に味わいやすいウイスキーだといえるでしょう。

タリバーディン ソブリン
created by Rinker

タリバーディン 228 バーガンディカスクフィニッシュ

タリバーディン 228 バーガンディカスクフィニッシュ

バーガンディ樽で熟成させたため、チェリーのようなフルーツ香をまとったタリバーディンです。

フルーツをたっぷり溶かしこんだチョコレートのような味わいと香り、甘みを含んだスパイシーなフィニッシュが堪能できます。

タリバーディン 228 バーガンディカスクフィニッシュ
created by Rinker

タリバーディン 225 ソーテルヌカスクフィニッシュ

タリバーディン 225 ソーテルヌカスクフィニッシュ

ソーテルヌ樽で熟成させた、柑橘系の香りが楽しめるタリバーディンです。

ライムのような爽やかさとフローラル感を合わせ持つ香りと、パイナップルのような酸味を含んだ風味が魅力です。

フィニッシュにスパイシーさはなく、すっきりとした甘みが口の中に広がります。

タリバーディン 225 ソーテルヌカスクフィニッシュ
created by Rinker

タリバーディン 500 シェリーフィニッシュ

タリバーディン 500 シェリーカスクフィニッシュ

シェリー樽で熟成させた、樽特有のレーズン香が強いタリバーディンです。

砂糖漬けのレーズンやリンゴを使ったフルーツケーキのような、芳醇な甘みが堪能できます。

なお、渋みやバニラ、革のような複雑なニュアンスが感じられます。

タリバーディン 500 シェリーフィニッシュ
created by Rinker

タリバーディン 15年

タリバーディン 15年

エイジ品の中でも最も早熟なのが、15年物のボトルです。

干し草や焼きリンゴのような香ばしい香りと、濃厚なクリームのような甘さがこのボトルでは楽しめます。

イチゴジャムやスパイスのようなニュアンスも感じられる、複雑かつバランスの良いウイスキーです。

タリバーディン 20年

タリバーディン 20年

非常に柔らかなフィニッシュが特徴の、20年もののタリバーディンです。

バニラや焼きリンゴのような甘いニュアンスと、ほろ苦いチョコレートのようなビターさが同時に楽しめます。

20年物としては価格が安いため、長熟ウイスキーを初めて飲むという方にもおすすめでしょう。

タリバーディン 25年

タリバーディン 25年

ねっとりしたクリーミーな液質が特徴の、最も長く熟成されたタリバーディンです。

バナナやオレンジのような甘みが強い風味と、タフィーをまとったバニラのような香りが堪能できます。

タリバーディン 25年
created by Rinker

タリバーディンの蒸留所・歴史

タリバーディン蒸留所

出典:whisky.com

タリバーディン蒸留所は、1943年にスコットランド・ハイランド地方に建造されました。

当時ブラックフォードにあった蒸留所「エール蒸留所」の跡地に建設されたこの蒸留所は、過去数回にわたりオーナーの変更を余儀なくされてきました。

1971年には「インバーゴードン社」、1993年には「ホワイトマッカイ社」が蒸留所を所有しています。

その後休止期間を経て、2003年には蒸留所の名を冠する「タリバーディン社」が創設されえます。

タリバーディン社が転機を迎えたのは、ワイン商である「ピカール社」の傘下に入ったのがきっかけでした。

有名なブレンデッド・ウイスキー「ハイランドクイーン」のキーモルトに、タリバーディンは選出されたのです。

これにより知名度が上がったタリバーディンは、その後続々と新作を発表します。

ワイン商である親会社のブランドを存分に利用し、さまざまな樽を使ったボトルを世に放ったのです。

今日ではタリバーディンはキーモルトとしてだけでなく、単品でも注目されるブランドに成長しました。

個性あるカスクフィニッシュボトルやスタンダードモデルたちは、ウイスキー愛好家をこれからも魅了し続けるでしょう。

タリバーディンの製法

タリバーディン蒸留所

出典:whisky.com

タリバーディン蒸留所では、ローラー式粉砕機を使いモルトを砕いています。

モルトは粉砕後、細かさ別に3段階に分けられ糖化槽で加熱した水としっかり混ぜ合わせられます。

糖化は温度を変えながら3回じっくりと行われ、ステンレス鋼の発酵槽に移されます。

この際に液の表面に空きスペースを設けることで、自然な発酵状態をこの蒸留所は実現しているのです。

発酵後の液体は、ウォッシュスチル・スピリッツスチルを使い、2回じっくりと蒸留されます。

タリバーディンの味や香りを特に引き出すのは、ネックの膨らんだスピリットスチルです。

銅との触媒面積が広いこのポットスチルは、エグみなどの嫌悪感ある香りをしっかりと取り除きます。

フルーティーで澄み切ったタリバーディンの香りや味わいは、このスピリットスチルが生み出していると言っても過言ではないでしょう。

こうして蒸留を終えた原酒は、さまざまな樽に詰めたあと適宜熟成を行われ、出荷の時を待つのです。

タリバーディン好きにおすすめウイスキー

ここではタリバーディンがお好きな方におすすめの、ハイランド系ウイスキーを3つ紹介します。

タリバーディンと似た傾向のウイスキーをお探しの際には、是非参考にしてみてください。

ハイランドクイーン

ハイランドクイーン ブレンデッド

タリバーディンが好きな方へのおすすめとして外せないのが、なんといってもハイランドクイーンでしょう。

タリバーディンをキーモルトとするこのウイスキーでは、ハニートーストのような香ばしい甘みとバニラやカカオのような香りが楽しめます。

ややエステリーでケミカルなニュアンスも、このウイスキーでは感じられます。

アンノック12年

アンノック12年

タリバーディンと同じ飲みやすいハイランドウイスキーをお探しの方には、タリバーディン12年もおすすめです。

モルティで香ばしい香りと、飲みやすく甘みの強い味わいが、このウイスキーの特徴です。

甘みだけでなく柑橘の爽やかな香味も感じられるため、誰にでも飲みやすいウイスキーとして日本では人気があります。

グレンモーレンジ オリジナル

グレンモーレンジィ オリジナル

タリバーディンのような甘いハイランドウイスキーをお探しの方には、「グレンモーリンジ オリジナル」もおすすめでしょう。

グレンモーリンジの華やかでフローラル、かつフルーティーな甘い味わいは、多くの甘口ウイスキー好きを魅了してやみません。

タリバーディンと同じくさまざまな樽で熟成したボトルもあるため、お気に入りを探しやすいのもこのウイスキーの魅力でしょう。

まとめ

この記事ではスコットランドの「タリバーディン蒸留所」から販売されている、タリバーディンを紹介しました。

甘く柔らかな風味と柑橘のような爽やかな香りが特徴の、このウイスキーが気になった方は是非ご賞味されてみてください。

このページをシェアする
目次
閉じる