ウイスキーカクテル

ウイスキーとジンジャーエールで作るカクテルレシピと銘柄による味の違い

ウイスキー ジンジャーエール

ジンジャーハイとは「ジンジャーハイボール」の略称で、ウイスキーをジンジャーエールで割ったものです。

ノーマルな無味の炭酸水で割るハイボールに比べて、生姜の風味と砂糖の甘さがプラスされているため、ジンジャーエールのスパイシーさとほどよい甘みでウイスキー独特のクセが和らぎ、飲みやすくなるためお酒が苦手な方や女性にも人気のウイスキーカクテルです。

ジンジャーエールによって変わる味の特徴

ジンジャーエールには大きく3つの種類があり、使うジンジャーエールによって味が変わってきます。

ジンジャーエールの種類 味の特徴
甘口 生姜の刺激は控えめで、甘みが際立っている
辛口 生姜の刺激は強めで、甘みは控えめ
無糖 生姜の刺激は強めで、甘みなし

甘口のジンジャーエール

甘口のジンジャーエールは「ドライタイプ」と呼ばれています。

ドライタイプのジンジャーエールは生姜のピリピリした刺激は控えめで、甘みが際立っているのが特徴です。

その特徴からウイスキーで割ると甘さと爽やかさがバランス良く感じられる、マイルドな飲み口のジンジャーハイとなります。

ウイスキーのクセが苦手な方はもちろん、ジンジャーエールの辛味が苦手な方にもオススメです。

ドライタイプで有名な銘柄は、日本にも馴染みの深い緑のラベルの「カナダドライ」です。

辛口のジンジャーエール

辛口のジンジャーエールは「ゴールデンタイプ」と呼ばれています。

ゴールデンタイプは甘さ控えめで、生姜のスパイシーさや辛味が前面に押し出されているのが特徴です。

その特徴からウイスキーで割ると生姜のガツンと来る刺激と爽快感を味わえる、スッキリとした飲み口のジンジャーハイとなります。

甘みや甘いお酒が苦手な方、甘口のジンジャーハイに慣れて物足りなくなってしまった方、刺激的なハイボールをお求めの方におすすめです。

ゴールデンタイプで有名な銘柄は、ジンジャーエールの老舗ブランドとして知られている「ウィルキンソン」です。

無糖のジンジャーエール

変わり種のジンジャーエールに無糖タイプがあります。

無糖なので、ゴールデンタイプを使ったジンジャーハイよりもさらにキレのある味わいを楽しめます。

一切甘みのない、生姜と炭酸の刺激が際立ったジンジャーハイが飲みたいという方におすすめです。

サントリーの南アルプス・スパークリングシリーズから「無糖ジンジャ―」が発売されています。

ジンジャーハイのカロリーとコスパの良さ

ジンジャーハイのカロリーは、ウイスキーとジンジャーエールの比率を1:4で作った場合、コップ1杯(300ml)あたり約232kcalとされています。

同量のビールが約135kcal、通常のハイボールが約150kcalですので、決して低カロリーではありません。

お酒の種類 カロリー(300mlあたり)
ジンジャーハイボール 232kcal
ハイボール 150kcal
ビール 135kcal

もし、摂取カロリーを抑えたいのであれば、カロリーゼロの無糖タイプのジンジャーエールを使うのがおすすめです。

また、ジンジャーハイを手作りするメリットに、コストパフォーマンスが良いことが挙げられます。

材料となるウイスキーとジンジャーエールをボトル買いすれば、家飲みのたびに市販の缶の商品を買うよりも割安だからです。

例えば、市販品が1缶約130円として、4リットルの大容量のウイスキーとまとめ買いしたジンジャーエールで作ると1杯あたり約97円となります。

「作るのが面倒」という意見もありますが、自分好みの味をあれこれ試せるのも手作りならではの魅力です。

ジンジャーハイを手作りすることで、コスト面を気にせず、気軽に美味しくおうちカクテルを楽しむことができます。

ジンジャーハイのレシピ

ウイスキーとジンジャーエールの比率は1:4が最も一般的です。

1:4という比率は、ウイスキーが濃すぎず、かと言って生姜の風味にウイスキーのフレーバーが負けてしまうことのない絶妙な濃さとされています。

材料 分量の目安
ウイスキー 75ml
ジンジャーエール 225ml
適量
  1. グラスに氷を入れる
  2. ウイスキーを注ぐ
  3. ジンジャーエールをゆっくりと注ぐ
  4. マドラーやバースプーンなどで丁寧にかき混ぜる

1:4でお酒がきついと感じた場合は、ジンジャーエールの割合を増やし、1:7の比率にすることでアルコール度数が5%程度まで下がり、さらに飲みやすくなります。

ジンジャーハイに合うウイスキーの種類と銘柄

混ぜるウイスキーの種類によっても味の違いがあります。

以下ウイスキーの種類別に味の特徴をまとめた表です。

ウイスキーの種類 こんな人におすすめ
スコッチウイスキー ウイスキーのクセを楽しみたい方
バーボン ウイスキーのクセが苦手な方
ジャパニーズウイスキー 飲みやすくスッキリとした味が好きな方

個性的な味わいになるスコッチウイスキー

スコッチウイスキーは、ピート香・スモーク感が大きな特徴です。

個性が強い銘柄も多く、ジンジャーハイにすることでスモーキーかつ個性的な味わいとなります。

スコッチ独特のフレーバーは生姜の風味にも負けず、飲みやすくなっていながらもウイスキーらしさは損なわれていません。

爽やかなだけでなくウイスキーのクセをしっかりと感じたい方にオススメです。

おすすめの銘柄は「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」です。

販売量世界ナンバーワンのスコッチであるジョニ黒は、スモーキーさをはじめとするバランスの取れた味わいが特徴であるため、甘くスパイシーなジンジャーエールとも相性ぴったりとされています。

甘くマイルドな味わいになるバーボン

バーボンは、トウモロコシを主原料としており、バニラのような香りと甘み、スッキリ感のある味わいが特徴です。

バーボンとジンジャーエールには「甘み」という共通点があるため、非常に相性が良く、クセの少ないマイルドなジンジャーハイになります。

ウイスキーのクセが苦手な方やジンジャーハイ入門にオススメです。

おすすめの銘柄は「ジムビーム」です。

バニラやキャラメルを思わせる香りと、まろやかな口当たりでとても飲みやすいオーソドックスなバーボンです。

スッキリとした味わいになるジャパニーズウイスキー

ジャパニーズウイスキーは、複雑で繊細な香りと穏やかで奥深い味わいが特徴です。

シャープな飲み口の銘柄を選ぶと、ジンジャーエールの爽やかさ・ほのかな甘みとマッチしてスッキリ感のあるジンジャーハイになります。

ジンジャーハイ入門にはもちろん、色々なタイプのジンジャーハイを試してみたい方にもオススメです。

おすすめの銘柄は「サントリー 角瓶」です。

「角ハイボール」でお馴染みのロングセラーブランドです。

すっきりとドライな後口が、ジンジャーハイの美味しさを一層引き立てます。

まとめ

ジンジャーハイは「いつもと違うハイボールが飲みたい」と思った時に、ぴったりなカクテルです。

自分好みの比率を色々と試してみるのも楽しいので、いつもより贅沢な家飲みタイムにしてみたくなったら、ぜひ手作りジンジャーハイをお供にしてみて下さい。

-ウイスキーカクテル

© 2020 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーメディア