ウイスキー銘柄

アードベッグ10年の味・香りをレビューや口コミから評価

アードベッグ10年

アードベッグ10年は、スコットランドのアイラ島で作られているアイラ・ウイスキーです。

この記事ではアードベッグの中から「アードベッグ10年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「アードベッグ10年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、アードベッグのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

アードベッグの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

アードベッグは“ウイスキーの聖地”スコットランドのアイラ島で作られるシングルモルトウイスキーです。 個性派揃いで有名なアイラモルトですが、中でもアードベックの個性は別格。 口に含んだ瞬間に広がるスモー ...

続きを見る

アードベッグ10年の特徴

アードベッグ10年

アードベッグ10年」はアードベッグ蒸留所で作られているアイラウイスキーです。

強いピート・スモークの中に隠された甘いフルーツの甘みがあり、力強くも優しく奥行きのある味わいが楽しめます。

かなり癖が強いため、この銘柄はウイスキーに慣れた玄人向けのボトルだといっても差し支えはないでしょう。

このウイスキーのアルコール度数は46%であり、価格は700ml5,000~6,000円とやや高めです。

アードベッグ10年の基本情報

ブランドアードベッグ(ARDBEG)
容量700ml
アルコール度数46%
原産国スコットランド
原材料・成分モルト

アードベッグ10年のテイスティングノート

淡いゴールド色
香り爽やかで海を思わせるヨード香、燻製魚、炭焼コーヒーの香りに、柑橘系の果実の香りが加わる。チョコレートとタフィーの甘さ、シナモンスパイス、薬品のようなフェノールの香りが魅力的に入り混じっている。
口当たりは、最初少しぴりっとした刺激があり、その後重厚感が現れ甘美な味わい。フィニッシュはドライ。タバコの煙とエスプレッソコーヒーのフレーバーとともに、深みのあるピート香が口一杯に広がる。
フィニッシュ余韻は長く豊かでスモーキー。砕いたピートや麦芽の甘みが残る。

引用:ardbegjapan.com

アードベッグ10年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、アードベッグ10年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

アードベッグ10年を美味しく飲むことができる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

アードベッグ10年を原液のまま飲むと、重く強烈なピート・スモーク香と爽やかなフルーツの甘い味わいを楽しむことができます。

かなり癖が強く煙たい味わいであるため、ストレートで飲む際にはむせたり喉を痛めたりしないよう気を付けましょう。

2. ロック

ウイスキー ロック

アードベッグ10年はロックにすると、ピート・スモーク香の中に隠された甘みや酸味、苦味がはっきり現れるウイスキーです。

冷やされても独特のヨード香やスモーク感は減らず、かつフルーツの風味を引き出せるロックはアードベッグ10年にはおすすめの飲み方だといえます。

3. ハイボール

ハイボール

アードベッグ10年を炭酸水で割ると、ピート・スモークが香る独特な風味のハイボールが出来上がります。

苦味や渋み、甘みは少なくなり酸味がはっきりするので、やや玄人向けの飲み方だといえるでしょう。

このウイスキーでハイボールを作る際には、強炭酸水を使用するとより香りが引き立ちます。

4. 水割り

トワイスアップ 水割り

アードベッグ10年は加水に弱く、水割りにすると全体的に味がぼやけてしまいます。

よって、水割りで楽しむことはあまりおすすめできません。

口コミ・レビューでわかる「アードベッグ10年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「アードベッグ10年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、アードベッグ10年を飲んだ人の評価は以下のように分かれています。

良い口コミ悪い口コミ
・ピートマニアにはたまらないスモーク香
・フルーティな味わいが美味しい
・癖があるが他のアイラより飲みやすい
・癖が強すぎて好みが分かれる
・煙たすぎて飲めない
・おつまみや食事とは一緒に楽しめない

アードベッグ10年の良い口コミには「ピートマニアにはたまらないスモーク香」「フルーティな味わいが美味しい」「癖があるが他のアイラより飲みやすい」というものがありました。

フルーティーな味わいで他のアイラより飲みやすい点が高評価となり、アードベッグ10年は多くのアイラ・ウイスキーユーザーからの支持を集めています。

また、アイラとしては飲みやすいこのウイスキーをきっかけにアイラ・ウイスキーの虜になったという口コミもありました。

アードベッグ10年の悪い口コミとしては「癖が強すぎて好みが分かれる」「煙たすぎて飲めない」「おつまみや食事とは一緒に楽しめない」「価格相応であり高級感はない」というものがありました。

比較的アイラ・ウイスキーに慣れている方にとっては飲みやすいウイスキーではありますが、やはりスコッチやバーボンを好むユーザーには飲みにくいという意見も多数あるようです。

アードベッグ10年の良い評価・口コミ

強烈なスモーク香が癖になる

ボウモアよりフルーティーな味が好み

このお酒のお陰でピート系ウイスキーの虜に

強烈なピート感だが飲みやすい

フルーティーさが感じられ美味しい

甘さと煙たさのハーモニーが癖になる

強烈なピート・スモーク感があり旨い

力強くも優しく甘い味わいが最高

アードベッグ10年の悪い評価・口コミ

甘いものとは合わない

飲むまでが一番きつく離脱者も出る

むせて上手く飲めなかった

スモーク香が苦手

個人的には苦手

ヨード臭がきつく初心者にはおすすめできない

おつまみには合わない

好き嫌いが分かれるお酒

まとめ

この記事ではスコットランドのアイラ島で作られているアードベッグ10年について紹介しました。

アイラ特有の強烈なピート・スモークと、その中に隠された甘いフルーツ香が特徴のこのウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア