アラン10年の味・香りをレビューや口コミから評価

アラン10年

アラン10年は、スコットランドで作られているシングルモルト・ウイスキーです。

この記事ではアランの中から「アラン10年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「アラン10年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、アランのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

あわせて読みたい
アランモルトの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説 アランモルトは、スコットランドのアラン島で作られている・ウイスキーです。 この記事では、アランモルトの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。 お...
目次

アラン10年の特徴

アラン10年

アラン10年」はスコットランドのアラン蒸留所で作られているウイスキーです。

柑橘のような爽やかな香りと、フルーティーで穀物感の強い風味がこのウイスキーでは楽しめます。

アルコール度数は46%とスコッチとしては非常に高く、価格は700m8,000l円程度とやや高めです。

アラン10年の基本情報

ブランド アラン(arran)
容量 700ml
アルコール度数 46%
原産国 スコットランド
原材料・成分 モルト

アラン10年のテイスティングノート

暖かみのあるゴールド
香り 蜂蜜、砂糖漬けのシトラス、リコリス、バタースコッチ
シトラス、リンゴ、オーク、ヘーゼルナッツ、シナモン
フィニッシュ ほろ苦く大人っぽさを感じる余韻

アラン10年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、アラン10年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

アラン10年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

アラン10年は、甘く華やかな蜂蜜バニラの香りとスパイシーさが同時に味わえるウイスキーです。

スモーク感はないためウイスキー初心者にもテイスティングがしやすく、気軽に味わいやすいボトルといえるでしょう。

2. ロック

ウイスキー ロック

アラン10年をロックにすると、甘さや酸味が強まり滑らかさも増します。

苦みが少なくなるため、ウイスキーを飲み慣れていない方にアラン10年のロックはおすすめです。

3. ハイボール

ハイボール

アラン10年をハイボールにすると、柑橘のような香りとビターな風味が強まります。

甘味は序盤には感じられず、あとから這い上がるように現れます。

そのため、大人っぽい複雑な風味のウイスキーを好む方に、アラン10年のハイボールはおすすめだといえます。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

アラン10年を水割りにすると、甘みが抑えられ味がぼやけてしまいます。

加水しすぎると味の輪郭が分からなくなるため、水割りで飲むのには向かないウイスキーです。

口コミ・レビューでわかる「アラン10年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「アラン10年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 アラン10年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い口コミ 悪い口コミ
・さっぱりしておいしい

・フルーティーで甘い

・樽の香りが良い

アルコール感がきつい

アラン10年の良い口コミには「さっぱりしておいしい」「フルーティーで甘い」「樽の香りが良い」というものがありました。

甘くさっぱりとして飲みやすい、柑橘系の味わいが評価に繋がったようです。

アラン10年の悪い口コミとしては「アルコール感がきつい」というものがありました。

アラン10年の悪い口コミは、ほとんどがアルコール感のきつさを指摘するものでした。

スコッチとしては高い46%のアルコール度数が、アタック感や辛さをもたらしてしまっているようです。

アラン10年の良い評価・口コミ

癖がなくおいしい

とても飲みやすい

柑橘のうまみ

ハイボールがおいしい

ストレートはフルーティーな甘さ

果実と樽の旨味

さっぱり甘くフルーティー

フルーティーでスパイシー

アラン10年の悪い評価・口コミ

ストレートのアルコール臭がきつい

ストレートは飲みにくい

食事には合わせにくい

若さが強く刺激感がある

アルコールが強すぎる

アルコール感が…

ロックはきつい

アルコール感強く割り材には適さない

まとめ

この記事ではスコットランドにある「アラン蒸留所」で作られているアラン10年について紹介しました。

甘さとスパイシーさ、爽やかさを併せ持つ複雑な仕上がりが特徴のこのウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

このページをシェアする
目次
閉じる