アラン18年の味・香りをレビューや口コミから評価

アラン18年

アラン18年は、スコットランドで作られているシングルモルト・ウイスキーです。

この記事ではアランの中から「アラン18年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「アラン18年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、アランのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

あわせて読みたい
アランモルトの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説 アランモルトは、スコットランドのアラン島で作られている・ウイスキーです。 この記事では、アランモルトの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。 お...
目次

アラン18年の特徴

アラン18年

アラン18年」はスコットランドのアラン蒸留所で作られているウイスキーです。

濃厚なフルーツの甘酸っぱさと焦がし樽のかもし出すトーストのような香りが楽しめます。

アルコール度数は46%とスコッチとしては高め、価格は700m11,000~25,000円と高騰中です。

アラン18年の基本情報

ブランド アラン(arran)
容量 700ml
アルコール度数 46%
原産国 スコットランド
原材料・成分 モルト

アラン18年のテイスティングノート

深みのあるアンバー
香り シロップ漬けのアプリコット、トーストしたオーク
キャラメリゼしたオレンジ、焼いた桃、チョコレート、ブラウンシュガー、バニラ
フィニッシュ 樽のかもし出すウッディな香りが華やかに続く

アラン18年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、アラン18年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

アラン18年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

アラン18年はフルーツが濃縮されたような甘酸っぱさと苦み・コクの両方を楽しめるウイスキーです。

熟成年数の短い10年物と比較すると、非常に果実感が強いウイスキーだといえます。

2. ロック

ウイスキー ロック

アラン18年をロックにすると、液体が冷やされ苦みが強く現われます。

18年物特有の甘酸っぱさとほろ苦さがマッチした、大人の味わいが楽しめるでしょう。

3. ハイボール

ハイボール

アラン18年をハイボールにすると、煮詰めた果実感と樽のウッド感がたまらないハイボールが仕上がります。

加水しても味はぼやけにくいため、満足感のある重厚なハイボールを味わえるでしょう。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

アラン18年を水割りにすると、果実の香りが強まりストレートより強い酸味が出てきます。

加水しすぎると味のバランスが傾くため、入れる水の量は少なめにすrのがおすすめです。

口コミ・レビューでわかる「アラン18年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「アラン18年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 アラン18年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い口コミ 悪い口コミ
・ジェラートなどにかけるのがおすすめ

・シェリー感がたまらない

・飲みやすい良ウイスキー

・価格が高い

・プレミア付きで買えない

アラン18年の良い口コミには「ジェラートなどにかけるのがおすすめ」「シェリー感がたまらない」「飲みやすい良ウイスキー」というものがありました。

アラン18年はそのシェリー感の濃厚さから、デザートウイスキーとしての人気が高まっているとの口コミがありました。

アラン18年の悪い口コミとしては「価格が高い」「プレミア付きで買えない」というものがありました。

アラン18年は非常に完成度が高く、味に関する悪いレビューはほとんど確認できませんでした。

しかし、その人気故に品薄で、全く供給が無かったりプレミア付けで価格高騰し買えなかったりする傾向にあります。

アラン18年の良い評価・口コミ

ジェラートに最高に合うウイスキー

フルーツの甘味・酸味が堪能できる

甘味と樽感のバランスが良い

熟成感ある濃厚シェリー

ジェラートにとてつもなく合う!

濃厚ベリーがたまらない

王道の間違いないうまさ

飲みやすい良ウイスキー

アラン18年の悪い評価・口コミ

本数が少なすぎる

プレミア化して買えない

値上げが激しい

値段が高くて買えない

シェリー感があるゆえに飲み方が限られる酒

おいしいけど高価なのをなんとかしてほしい

リニューアル後の価格が高い

高価な酒で手が出ない

まとめ

この記事ではスコットランドにある「アラン蒸留所」で作られているアラン18年について紹介しました。

芳醇な果実の甘酸っぱい香味と樽の香ばしさのコラボレーションが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

このページをシェアする
目次
閉じる