ベンロマック15年の味・香りをレビューや口コミから評価

ベンロマック15年

ベンロマック15年は、スコットランドで作られているシングルモルト・ウイスキーです。

この記事ではベンロマックの中から「ベンロマック15年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「ベンロマック15年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、ベンロマックのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

あわせて読みたい
ベンロマックの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説 ベンロマックはスコットランドのスペイサイド地方で製造されているシングルモルトウイスキーです。 この記事では、ベンロマックの味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹...
目次

ベンロマック15年の特徴

ベンロマック15年

ベンロマック15年」はスコットランドのベンロマック蒸留所で作られているウイスキーです。

熟成されたシェリーベースの風味にさまざまなフルーツの甘さ、穏やかなピート・スモーク香が楽しめます。

アルコール度数は43%とスコッチとしては平均的で、価格は700ml12,000円程度です。

ベンロマック15年の基本情報

ブランド ベンロマック(BENROMACH)
容量 700ml
アルコール度数 43%
原産国 スコットランド
原材料・成分 モルト

ベンロマック15年のテイスティングノート

濃い琥珀色
香り シェリー樽熟成のアロマがバニラのさや、オレンジの表皮、スパイシーなジンジャーと絶妙なバランスをみせ、カモミールとメンソールの香りも加わる
心地よく濃厚なフルーツケーキ、煮込んだスモモ、赤リンゴの表皮、そしてキリッとしたキウイフルーツのニュアンスを感じる
フィニッシュ ドライでスパイシー、かつ渋みや麦芽の風味が張り付くように口に残る

ベンロマック15年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、ベンロマック15年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

ベンロマック15年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

ベンロマック15年はモルティな甘みやフルーツ香、ピート感あるほろ苦さなど、さまざまな味わいが同時に楽しめるウイスキーです。

非常に複雑な味わいのウイスキーであるため、その個性を堪能すべくストレートで飲むのがおすすめだといえるでしょう。

2. ロック

ウイスキー ロック

ベンロマック15年をロックにすると、甘酸っぱいベリーの香味とシロップのようなコクが強調されます。

冷やしても独特の風味のバランスは崩れにくいため、ロックで長時間かけて飲むのにもベンロマック15年はおすすめです。

3. ハイボール

ハイボール

ベンロマック15年をハイボールにすると、フルーティーな果実感がしっかり強調されます。

加水でボディが薄くなることもないため、ベンロマック15年を甘口で味わいたい方はぜひハイボールを選びましょう。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

ベンロマック15年を水割りにすると、独特の複雑な味わいはそのままに、なめらかさと甘さが強調されます。

ピート感も強まってくるため、甘みを楽しみつつアイラのようなピート香を楽しんでみたい方は水割りにぜひチャレンジしましょう。

口コミ・レビューでわかる「ベンロマック15年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「ベンロマック15年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 ベンロマック15年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い口コミ 悪い口コミ
・複雑な味わいが好み

・非常に個性的

・スモークやピート感が楽しめる

・初心者が困惑する味

・複雑すぎて味が読み解けない

・前と味が変わった

ベンロマック15年の良い口コミには「複雑な味わいが好み」「非常に個性的」「スモークやピート感が楽しめる」というものがありました。

個性的な風味・香りのベンロマック15年は、その複雑さを「飲みごたえあるウイスキー」として高く評価されていました。

ベンロマック15年の悪い口コミとしては「初心者が困惑する味」「複雑すぎて味が読み解けない」「前と味が変わった」というものがありました。

味の複雑さは魅力でもありますが、えり好みをされやすいというデメリットもあるといえるでしょう。

ベンロマック15年の良い評価・口コミ

薫製風味も楽しめる

チョコベースにピートのアクセント

個性的で面白い

コンディションで味が大幅に変わる

シェリー×スモークの組み合わせがGOOD

さまざまな味わいが織り成す重厚感

いろんな味が楽しめる

フルーツとピートの相性抜群!

ベンロマック15年の悪い評価・口コミ

表現がしづらい味

正露丸のような味

飲むにはまだ早い味だった

複雑すぎて味が感じ取れない

前と味が変わってしまった

硫黄感がキツイ

樽の香りが強すぎる

あまりにも樽香が強すぎる。

妻が色あせないスペイサイドモルトをリクエストしたら、これを渡されました。

しかし、他の15年モルトと比較すると、非常に強く、タルケルに似たものが好きでない限り、正直言って私にとっては価値のないものです。

(Far too oaky. My wife asked for an un paled Speyside malt and was given this. Had to tell her it was a great present but frankly compared to other 15 yr malts it’s rubbish unless you like something very strong and more Talsker like!!)

引用:masterofmalt.com

あまりにもバランスが悪すぎる

商品ページのテイスティングノートを書いた人は、ウイスキーに関する勉強をやり直してください。

ジンジャーとミント?いや、平坦なフィニッシュの、混濁したシェリーかもしれない。

このウイスキーはバランスが悪く、「大きなスパイス」と「スモークのタッチ」...まあ、缶詰のフルーツケーキと安物の葉巻という意味ならOKだ。

私はこのボトルを気に入りたいと思いました。

でも、グレンドロナックの12年ものに比べると、これは見劣りします。

(Who ever wrote the tasting notes for the product page should go back to school. Ginger and Mint? No, maybe muted and muddied sherry with a flat finish. The balance is off on this whisky and the "big spices" and "touch of Smoke"... well, ok, if you mean canned fruit cake and cheap cigars. I WANTED to love this bottle. I was super excited when it arrived, but next to even the 12 year old from Glendronach, this pales in comparison.)

引用:masterofmalt.com

まとめ

この記事ではスコットランドにある「ベンロマック蒸留所」で作られているベンロマック15年について紹介しました。

さまざまな香味とピート感、スモーク香まで楽しめる欲張りさが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

このページをシェアする
目次
閉じる