ウイスキー銘柄

ブラックニッカ リッチブレンドの味・香りをレビューや口コミから評価

ブラックニッカ リッチブレンド

ブラックニッカは、ニッカウイスキーが製造するブレンデッドウイスキーです。

日本ウイスキーの父・竹鶴政孝によって創業されたニッカウイスキーは、1956年に初代ブラックニッカを販売して以来、ジャパニーズウイスキーの草分け的存在。

ニッカウイスキーの代表的銘柄であるブラックニッカは、伝統を守りつつ革新を続け、今や世界中に多くのファンがいます。

日本のウイスキーが「世界5大ウイスキー」の1つに名を連ねているのは、このニッカウイスキーの功績が大きいと言われています。

この記事ではそんなブラックニッカから、「ブラックニッカ リッチブレンド」をピックアップ。

ブラックニッカ リッチブレンドの特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「ブラックニッカ リッチブレンドが自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、そもそもブラックニッカについて詳しく知りたい方は以下ページもご覧ください。

ブラックニッカ
ブラックニッカの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ブラックニッカはニッカウヰスキーが製造していて、アサヒビールが販売するブレンデッドウイスキーです。 数種類の味わいの違うモルト原酒を混ぜ合わせたものにグレーン原酒がブレンドされています。 フルーティー ...

続きを見る

ブラックニッカ リッチブレンドの特徴

ブラックニッカ リッチブレンド

ブラックニッカ リッチブレンド」は、シェリー樽で熟成させたモルトと、樽熟成されたグレーンを使用したブレンデッドウイスキーです。

その樽由来の香りは甘く柔らかく、フルーティーで軽やかです。

キーモルトとしてシェリー樽原酒が使用されており、それにカフェグレーンが合わさることで、しっかりとしたコクと深みが感じられる味わいとなっています。

バランスのとれた風味と穏やかな樽香の余韻が楽しめつつ、ブラックニッカらしい飲みやすさもちゃんと残っているので、ウイスキー初心者はもちろん、初心者から一歩ステップアップしたい人にもおすすめの1本です。

ブラックニッカ リッチブレンドの基本情報

ブランドブラックニッカ(Black Nikka)
容量180ml,700ml,2.7L,4L
アルコール度数40%
原産国日本
原材料・成分モルト、グレーン

ブラックニッカ リッチブレンドのテイスティングノート

温かみのある琥珀色
香りフルーティーで華やかなモルト香と、甘くやわらかな樽の香り
スムースな口当たり、シェリー樽モルトとカフェグレーンが調和したスイートな味わい
フィニッシュドライフルーツのような果実香とおだやかな樽香の余韻

参考:nikka.com

ブラックニッカ リッチブレンドを4つの飲み方でレビュー

1. ストレート

ウイスキー ストレート

ブラックニッカ リッチブレンドの風味をダイレクトに楽しみたいのであれば、まずはストレートがおすすめです。

ブラックニッカ リッチブレンドをストレートで口に含むと、まずシェリー樽由来のレーズンのような香りがほのかに感じられます。

アルコール感はありますが、口当たりはスムースで甘さもあり非常に飲みやすいです。

後味はスッキリしており、マイルドな樽香とほのかな苦みがあります。

「リッチ」ブレンドという名前の通り、1本(700ml)1000円強で買えるウイスキーとしては、しっかりとしたコクや深みがあります。

2. ロック

ウイスキー ロック

ブラックニッカ リッチブレンドをロックにすると、ストレートの時とは全っく違った風味になります。

ストレートでは前面にあったシェリー樽由来のレーズンのような甘い香りは、氷による温度変化で閉じてしまいます。

一方で、ストレートではあまり感じなかったカフェグレーン由来のほんのり甘く香ばしい香りが、しっかりと顔をだします。

アルコール感もほとんどなくなり、スッキリした口当たりに。

ストレートとはまた違った味わいを楽しみたい方におすすめの飲み方です。

3. ハイボール

ハイボール

この4つの飲み方で一番のおすすめが、ハイボールです。

ブラックニッカ リッチブレンドをハイボールにすると、ロックの時と同じように氷による温度変化で香りは閉じてしまいます。

一方で、味わいは甘みや苦みもしっかり感じられますし、炭酸と果実香が合わさって非常に爽やかな飲み口になります。

元々のボディがマイルドなウイスキーなので、薄く作るとブラックニッカ リッチブレンドの風味が飛んでしまいます。

強めに作ることをおすすめします。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

ブラックニッカ リッチブレンドは水割りもおすすめです。

ブラックニッカ リッチブレンドに加水すると香りが開き、樽由来の甘く華やかな香りが一層強くなります。

ストレートではほとんど感じなかったフルーティーな風味もでてきて、複雑さが増します。

アルコール感も和らぎ、甘さや苦みや酸味のバランスが非常に良いです。

ウイスキー初心者でも飲みやすいです。

口コミ・レビューでわかる「ブラックニッカ リッチブレンド」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「ブラックニッカ リッチブレンド」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 ブラックニッカ リッチブレンドを飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い評価悪い評価
・コスパ最高
・飲み方を選ばない
・甘すぎる
・コクがない

ブラックニッカ リッチブレンドは、バランスのとれた風味と穏やかな樽香の余韻が楽しめつつ、ブラックニッカらしい飲みやすさもあります。

1本(700ml)1000円強で買えるウイスキーとしてコストパフォーマンスが良く、またクセもないので飲み方を選ばないことを評価する声は多かったです。

一方シェリー樽由来の風味を甘すぎると感じる人や、また飲みやすくクセがないことを、コクがないと捉える人もいました。

以下ブラックニッカ リッチブレンドを実飲された方の感想を、一部抜粋してご紹介します。

ブラックニッカ リッチブレンドの良い評価・口コミ

安価ですが飲みやすくストレートやロックでもいける

フルーティー感が出てきてロック美味しい

1000円くらいでコスパ最高

安心する安定の美味しさ

ゆっくりと満ちてくる豊かな香り

あまり高いウイスキーは買えませんがとても美味しい

コスパ考えるとなかなか良い

値段以上のしっかりした味わい

ブラックニッカ リッチブレンドの悪い評価・口コミ

ストレートで飲むと甘過ぎる

ブラックニッカクリアとの違いがわからない

ブラックニッカクリアを二十年近く飲んできたが、違いを求めてリッチブレンドに挑戦してみたが、特段の違いが分からない。

引用:amazon

サントリー角黒や富士山麓には及ばない

コスパ面では良いが こく、かおり、ではまだまだ サントリー角黒、富士山麓 には及ばない。今後 他の種類も飲み比べてみる。

引用:amazon

飲みやすい分パンチに欠ける

ピート香に代表されるモルトの特長を抑えているので飲みやすい分パンチに欠けます。

ソーダ割りにするとクイクイ飲めてしまいます。

ガツンとくるウイスキー臭さを求める方には物足りないかもしれません。

万人向けの大人しいブレンドです。

引用:amazon

まとめ

ブラックニッカ リッチブレンドは、シェリー樽由来の甘い香りやカフェグレーン由来の香ばしさ、穏やかな樽香の余韻などが楽しめる、バランスのとれた1本です。

ブラックニッカらしい飲みやすさもあり、初心者にもおすすめです。

ロックで水割りで、自分にあった飲み方で、ブラックニッカ リッチブレンドを楽しんでください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア