ウイスキー銘柄

ボウモア12年の味・香りをレビューや口コミから評価

ボウモアシリーズの中でもレギュラーボトルの立ち位置にあたるボウモア12年。

アイラウイスキーの中でもフルーツのような甘みが余韻として残ることから「アイラの女王」とも呼ばれています。

この記事では、「ボウモア12年」の特徴やテイスティング、100件の口コミをもとにボウモアの評価を解説していきます。

12年以外にもボウモアのことを詳しく知りたい方は以下ページをご覧ください。

ボウモアの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ボウモアはウイスキーの聖地であるスコットランドのアイラ島で作られるシングルモルトウイスキーです。 別名「アイラの女王」とも呼ばれています。 スモーキーでピーティーな香りとドライな飲み口、そして何と言っ ...

続きを見る

ボウモア12年の特徴


ボウモア12年」は、ボウモアのレギュラーボトルです。

ボウモア12年の最大の特徴は、強く感じることのできるスモークとピート香の中に樽由来のフルーティーさがバランス良くプラスされていることです。

また、味わいは、蜜のように甘く、ビターチョコレートのような余韻を感じられるボトルです。

他のアイラ島のウイスキー同様に、独特のクセがありますが、「優しい・なめらか」という一面から「アイラの女王」と呼ばれていることから、ラフロイグやアードベッグといったクセの強いアイラモルトに比べると飲みやすいといえます。

ボウモア12年の基本情報

ブランドボウモア(BOW MORE)
容量700ml
アルコール度数40%
原産国イギリス
原材料・成分モルト

ボウモア12年のテイスティングノート

琥珀色
香りスモーキー・レモン・はちみつ
ウッディネス・ダークチョコを思わせる温かみのあるコク
フィニッシュ繊細で優美な余韻が長く続く

引用:suntory.co.jp

【結論】口コミでわかる「ボウモア12年」の評価まとめ

ボウモア12年のみならず、ウイスキーの好みには人それぞれ異なります。

実際に評価するために「ボウモア12年」の口コミを100件程度調査しました。

その結果、 ボウモア12年を飲んだ人の評価をまとめると以下のように分かれました。

良い評価悪い評価
・程よいスモーク香が良い
・完熟フルーツのような甘さが良い
・正露丸、歯医者のような香りが苦手
・ラフロイグやアードベッグと比べて物足りない

ボウモア12年を、美味しいと評価している方の口コミでは、程よいスモーキー香と絶妙な甘さを気に入っている方が多く見受けられました。

一方で、美味しくないという方や苦手としている方の口コミとしては、正露丸のようなスモーク香が苦手、他のアイラウイスキーと比べると物足りなさを感じるという方が見受けられました。

以下では、実際のボウモア12年を飲んだ方の口コミの一部を紹介していきます。

ボウモア12年の良い口コミ・評価

噂通りのスモーキーさで美味しい

燻製の香りと甘さがたまらない

余韻の燻製の香りがたまらない

程よいピート香で海産物と合う

非常に美味しい

スモーキーさも角が取れて柔らかい印象

ボウモア12年の悪い口コミ・評価

正露丸、歯医者の香りが合わない

アイラウイスキーならラガヴーリンの方がいい

正露丸の香りで不味い

マッカランと比べるとあまり美味しくない

割ると美味しくない

ボウモア12年不味い

ラフロイグやアードベッグと比べると物足りない

まとめ

ボウモア12年はアイラウイスキーの中でも甘みがあるため、比較的飲みやすいウイスキーですが、スモーク香やピート香が苦手という方にはおすすめできません。

アイラウイスキーの入門として、まずは飲みやすいボウモア12年から飲み始めていただくことをおすすめします。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア