ウイスキー銘柄

ボウモア18年の味・香りをレビューや口コミから評価

ボウモア18年

ボウモアは、ウイスキーの聖地・アイラ島(スコットランド)にあるボウモア蒸留所で製造されるシングルモルトウイスキーです。

アイラ島に数多くある蒸留所の中でも最古の歴史を誇ることなどから、「アイラの女王」とも呼ばれています。

ボウモアの特徴である「潮を感じるピート」は、クセがありながら世界中のウイスキー愛好家たちに愛されています。

この記事では「ボウモア18年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとにボウモアの評価を解説します。

そもそも「ボウモア18年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、そもそもボウモアについて詳しく知りたいという方は以下ページも併せてご覧ください。

ボウモアの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ボウモアはウイスキーの聖地であるスコットランドのアイラ島で作られるシングルモルトウイスキーです。 別名「アイラの女王」とも呼ばれています。 スモーキーでピーティーな香りとドライな飲み口、そして何と言っ ...

続きを見る

ボウモア18年の特徴

ボウモア18年

ボウモア18年」は、シェリー樽で18年以上熟成した原酒をヴァティングした贅沢な1本です。

ボウモアといえば、個性あふれる「潮を感じるピート」が特徴ですが、ボウモア18年は18年熟成ということもあり、かなり円やかで深い味わいになっています。

ボウモアとしてはピート感が抑えられているので、アイラモルト初心者でも比較的飲みやすいです。

また、18年もののシングルモルトウイスキーとしてはリーズナブルな価格帯となります。

ボウモア18年の基本情報

ブランドボウモア(BOWMORE)
容量700ml
アルコール度数43.0%
原産国イギリス(スコットランド)
原材料・成分モルト

ボウモア18年のテイスティングノート

マホガニー色
香りクリーミーなトフィー・完熟フルーツ・スモーキー
軽やかなスモーキー・フルーツ・チョコレート・柔らかな甘み
フィニッシュ長くバランスがよい

引用:suntory.co.jp

ボウモア18年を4つの飲み方でレビュー

1. ストレート

ウイスキー ストレート

ボウモア18年の複雑で深みのある風味をダイレクトに感じたいのであれば、まずはストレートがおすすめです。

ボウモア18年を口に含めば、軽やかなスモーキーさや柑橘類を思わせるフルーティーな香りが鼻にぬけていきます。

味はチョコレートを感じさせる濃厚な甘さがあり、その裏には酸味や苦みなども見え隠れします。

スモーキーなフィニッシュまで、とにかくバランスが良いです。

2. ロック

ウイスキー ロック

ボウモア18年をロックにすると、ピートの香りはかなり控えめになり、かわりにフルーティーな香りが強くなります。

味わいはストレートと同じく、濃厚な甘さがメインで、その裏に酸味が見え隠れします。

ただし、苦みやアルコール感はほとんどなくなり、ストレートの時より飲みやすいです。

加水が進むと少しフルーティーな甘さがぼやけてきますが、円やかな飲み口が楽しめます。

ボウモアならではのピートを楽しみたい方にはあまり向きませんが、ピートをおさえつつボウモア18年の風味を堪能したい方におすすめの飲み方です。

3. ハイボール

ハイボール

ボウモア18年をハイボールにすると、炭酸とフルーティーな酸味が合わさって爽やかな飲み口になります。

ピート香もマイルドになり、シェリー樽由来の蜂蜜のような甘さもでてきます。

アルコール感もほぼなくなり飲みやすく、非常に美味しいです。

アイラ初心者にもおすすめの飲み方です。

4. 水割り

トワイスアップ 水割り

ボウモア18年に加水すると、潮の香りが強くなります。

味わいは、シェリー樽由来の甘さやピート香などがバランスよくあわさり、華やかな印象です。

飲み口はマイルドになり、飲み疲れしません。

フィニッシュのスモーキーさは華やかで、長く続きます。

甘さやピート、苦みや酸味など、ボウモア18年らしい複雑さを、マイルドな飲み口で楽しみたいアイラ初心者におすすめの飲み方です。

口コミ・レビューでわかる「ボウモア18年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「ボウモア18年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 ボウモア18年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い評価悪い評価
・バランスが良い
・複雑で濃厚
・18年ものとしては安い
・くさい
・これといった特徴がない

ボウモア18年は、ボウモアらしい潮を感じるピートがありながら、甘さや酸味などのバランスのとれた完成度の高い1本です。

18年もののウイスキーですが1本8000円台で買えることもあり、コスパの良さを評価する声も大かったです。

悪い評価としては、18年熟成とはいえそれなりに強いピートがあることから、ピートが苦手な人からの「くさい」という声が見うけられました。

一方で、ボウモアに強いクセのあるピートを求める人からは、その円やかなピートが物足りないとも考えられているようです。

以下ボウモア18年を実飲された方の感想を、一部抜粋してご紹介します。

ボウモア18年の良い評価・口コミ

これ1万しないのスゴい

臭すぎる、でも美味い

複雑で優しい1本

Wonderfully balanced , complex and gentle dram. One of my favourites for sure.

(素晴らしくバランスのとれた、複雑で優しい1本。間違いなく私のお気に入りの一つです。)

引用:Master of Malt

15年の時よりも良いもの

A present from a dear friend. Even better than the 15 yr old. And that’s saying something!

(大切な友人からのプレゼント。15年の時よりも良いものです。)

引用:Master of Malt

穏やかなピート香とフルーティーな味

I recon this is the best whisky I have tasted, and, believe me I have tasted a few , it’s mild peaty and yet fruity taste combined with a hint of caramel is just right for me, I would defiantly recommend this whisky.

(私的に今まで味わった中で一番のウイスキーです。穏やかなピート香とフルーティーな味わい、そしてほのかなカラメルの香りは、私にとってちょうど良いものでした。このウイスキーをおすすめします。)

引用:Master of Malt

スモーキー

My favorite

Smooth, Smokey and peat base

Very enjoyable to drink and enjoy.

(私のお気に入り

スムーズ、スモーキー、ピート

とても楽しく飲むことができました。)

引用:Master of Malt

熟した丸みのある味わい

This is a beautiful whisky. Full, ripe and round with orange, marmalede and hints of smoke. A long finish. Very well balanced. Those critical of this malt don't know a fine whisky or just nitpicking.

(これは美しいウイスキーです。オレンジ、マーマレード、スモークの香りが漂う、ふくよかで熟した丸みのある味わい。長いフィニッシュ。非常にバランスが良い。このモルトに批判的な人は、上質なウイスキーを知らないか、ただのニートだと思います。)

引用:Master of Malt

香りから最後まで非常に素晴らしい

I would compare this very close to the lagavulin 16, absolutely brilliant and beautifully balanced from whiff to end, a good friend of mine and myself destroyed a bottle of this in 1 night, it was amazing having begged "perhaps closer to the floor" for more.

(ラガヴーリン16に非常に近いものがあります。香りから最後まで非常に素晴らしく、美しいバランスを持っています。親友と私はこのボトルを一晩で飲んでしまいました。)

引用:Master of Malt

ボウモア18年の悪い評価・口コミ

タフィーが鈍く、薄い

Again those smoked apple juice notes. Toffee dull and thin on palate. No more Bowmore for me (after 12, 15 and 18 yo).

(再びスモークしたリンゴジュースの香りがする。味わいは、タフィーが鈍く、薄い。12、15、18年物に続き、ボウモアはもういらない。)

引用:Master of Malt

サウナのような匂いと味

Not for me.First Islay I ever tasted and like I said not for me. Smells and taste like a sauna is what I compare this to.

(初めて飲んだアイラは、やはり私には合いませんでした。サウナのような匂いと味がします。)

引用:Master of Malt

ボウモア18は12と何の違いもありません

Tasted it yesterday, and I gotta say I was quite disappointed with this dram. While Bowmore 12 and 15 are amongst my favorite, Bowmore 18 has nothing different to offer than the 12. I'm glad I got to try it before I bought the actual bottle (128 CAD). It's worth keeping your money for something else, IMO.

(昨日試飲しましたが、正直言ってこのボトルにはかなり失望しました。ボウモア12と15は私のお気に入りの一つですが、ボウモア18は12と何の違いもありません。実際のボトル(128CAD)を買う前に試すことができてよかったです。他のものにお金を使う価値はあると思いますよ。)

引用:Master of Malt

後味については、何も感じられない

Had high expectation, but perhaps too high.

Blistering taste for an 18 year old. Expected it to be smoother. As to the aftertaste, can't taste none. Blast, my uneducated tongue..... It will be quite sad for me to say that I could not taste the difference between this and a 12 year old. Darn, back to my Lagavulin and Laphroaig.

(期待していましたが、期待が高すぎたかもしれません。

18年にしては、まぶしいくらいの味。もっとスムーズになると思っていた。後味については、何も感じられない。爆発しろ、私の無知な舌よ..... 12年物との違いを感じられなかったというのは非常に悲しいことである。残念ながら、ラガヴーリンとラフロイグに戻る。)

引用:Master of Malt

失敗作

Fail product.... 15years is best.

(失敗作.... 15年がベスト)

引用:Master of Malt

特筆すべきことはない

Wasn’t impressed. Not bad but the 12 and 15 are just as good. Didn’t stand out

(感動しなかった。悪くはないが、12と15も同じくらい良い。特筆すべきことはない。)

引用:the Whisky Exchange

まとめ

ボウモア18年は、ボウモアらしい潮を感じるピートがありながら、甘さや酸味などのバランスのとれた完成度の高い1本です。

潮を感じるピートも、他のボウモアに比べると円やかで飲みやすく、ボウモアの入門としても優れています。

ロックでストレートで、自分にあった飲み方を見つけて、ボウモア18年を楽しんでください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア