ウイスキー銘柄

シーバスリーガル12年の味・香りをレビューや口コミから評価

シーバスリーガル12年

シーバスリーガル12年は、スコットランドで作られているブレンデッド・スコッチ・ウイスキーです。

この記事ではシーバスリーガルの中から「シーバスリーガル12年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「シーバスリーガル12年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、シーバスリーガルのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

シーバスリーガル
シーバスリーガルの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

200年以上の誇りと伝統を守り続け、200ヵ国以上の国と地域で飲まれているシーバスリーガル。 リッチでスムースな味わいはストレート、ロックやハイボールとさまざまな飲み方でも美味しく飲める、初心者向けの ...

続きを見る

シーバスリーガル12年の特徴

シーバスリーガル12年

シーバスリーガル12年」は、ハチミツやフルーツを彷彿とさせる香りと、バニラやヘーゼルナッツのような香ばしく甘い味わいが堪能できるスコッチ・ウイスキーです。

アルコール度数は40%と低めであり、なめらかな喉ごしも相まって非常に飲みやすいウイスキーであるといえます。

容量ラインナップは350ml~4,500mlの4種であり、700mlのボトルは2,000~3,000円にて購入できます。

これは12年もののスコッチとしては非常に安い価格設定であるため、円熟品に挑戦してみたいウイスキー初心者の方にもおすすめの銘柄であるといえるでしょう。

シーバスリーガル12年の基本情報

ブランドシーバスリーガル
容量350ml・700ml・1,000ml・4,500ml
アルコール度数40%
原産国スコットランド
原材料・成分モルト・グレーン

シーバスリーガル12年のテイスティングノート

琥珀色
香りハーブ、蜂蜜、果物の香り
バニラとヘーゼルナッツの風味と共に、熟したりんごと蜂蜜の味わいが広がるクリーミーでまろやかな舌触り
フィニッシュ長く柔らかな余韻

シーバスリーガル12年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、シーバスリーガル12年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がシーバスリーガル12年にマッチしているかも解説しています。

シーバスリーガル12年を美味しく飲むことができる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

シーバスリーガル12年をストレートで飲むと、ハチミツや果物の香りと甘く香ばしい味わいをダイレクトに楽しむことができます。

このウイスキーはアルコール度数が低いので、ストレートで飲んでも酔いにくく喉を痛める心配もあまりありません。

2. ロック

ウイスキー ロック

シーバスリーガル12年はロックで楽しむことをおすすめできないウイスキーです。

ロックの氷に冷やされることによって、このウイスキーの原酒独特のフルーツ香が激減してしまうからです。

よってこのウイスキーを飲む際には、原酒の温度を下げない水割りやストレートで楽しむのがベストだといえるでしょう。

3. ハイボール

ハイボール

シーバスリーガル12年をハイボールにすると、ハチミツの香りをまとった華やかな果実香が花開きます。

この銘柄はコスパにも優れているので、普段飲むハイボール用の原酒としてもおすすめできます。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

シーバスリーガル12年は、加水により青リンゴや洋ナシのようなフルーツ香が花開くウイスキーです。

雑味が減りまろやかさも増すため、このウイスキーと水割りは相性が良いといえます。

口コミ・レビューでわかる「シーバスリーガル12年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「シーバスリーガル12年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 シーバスリーガル12年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い評価悪い評価
・コスパがよく味も優れている
・バランスの良い味わいでどんな飲み方にも合う
・ハイボールとして最適
・後味がしつこく薬臭い
・加水に弱い
・体質や口に合わない人がいる

シーバスリーガル12年の良い評価・口コミ

奥行きがある味わいの実力派ウイスキー

コスパのよさが魅力

コスパがよくクオリティも高い

オールマイティーなスペイサイドの代表選手

バランスが取れていて飲みやすい

ハイボールにすると美味しい

親子二代で大好きなウイスキー

3,000円以下のウイスキーのなかではトップクラスの旨さ

シーバスリーガル12年の悪い評価・口コミ

あまり好みではなかった

シーバスの味は苦手

口に味がしつこく残ってしまう

薬のような後味がきつい

口に合わない

体質に合わず気持ち悪くなった

ハイボールにすると主張が弱くなる

加水に弱く水割りで飲めない

まとめ

この記事ではスコットランドにある「シーバス・ブラザーズ社」が販売しているシーバスリーガル12年について紹介しました。

青リンゴや洋ナシのようなフルーツ香と、ハチミツをかけたヘーゼルナッツのような香ばしい味わいが特徴のこのウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア