ウイスキー銘柄

ダルモア12年の味・香りをレビューや口コミから評価

ダルモア12年

ダルモアは、スコットランドで作られているスコッチ・ウイスキーです。

この記事ではダルモアの中から「ダルモア12年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「ダルモア12年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、ダルモアのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

ダルモア
ダルモアの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ダルモアは、スコットランドのハイランド地方で生産されているシングルモルトウイスキーです。 スコットランドの他の銘柄に比べたらマイナーではありますが、シェリー樽をメインとした甘みのある味わいは、非常に飲 ...

続きを見る

ダルモア12年の特徴

ダルモア12年

ダルモア12年」はスコットランドの「ダルモア蒸留所」で作られているウイスキーです。

さらりとした軽い口当たりとレーズン・オレンジやメープルシロップのような甘さ、ほろ苦くややアルコール感のある後味がこのウイスキーの特徴です。

このウイスキーは全体的に甘みが強いため、食中酒としてよりも食後の一杯として楽しむのがおすすめだといえるでしょう。

アルコール度数は40%とスコッチとしてはやや低めです。

価格は700ml5,500~8,000円と、ショップによって差があります。

購入の際には比較サイトで価格を調べ、安いサイトから購入するとよいでしょう。

ダルモア12年の基本情報

ブランドダルモア(Dalmore)
容量700ml
アルコール度数40%
原産国スコットランド
原材料・成分モルト

ダルモア12年のテイスティングノート

黄金色とオレンジ色を帯びた深みのある赤褐色
香りシアトルにある温かみのあるコーヒーハウス。豆の焙煎、上質なエスプレッソに含まれるオイリーなナッツの香り、モルトやシリアル、ペストリーカウンターのバター、カウンター上のフルーツボウルの豊かなオレンジの香り
セビルマーマレードとトリプルセックの香りに、冬のスパイスとフルーツケーキの香り。ザクザクしたココアとミルクチョコレート
フィニッシュミディアム、オレンジ

ダルモア12年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、ダルモア12年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

ダルモア12年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

ダルモア12年は、フルーツやメープルシロップのような甘い味わいが特徴のウイスキーです。

アルコール度数が40%とやや低いため、ストレートで飲んでも酔いにくいウイスキーだといえるでしょう。

アルコールの刺激感が強いウイスキーなので、少し加水をし口当たりをマイルドにするとより美味しく飲むことができるのでおすすめです。

2. ロック

ウイスキー ロック

ダルモア12年をじっくり味わいたいときには、ロックがおすすめです。

ストレート特有の刺激感や、少し加水されたときに引き立つ香り、ビターで濃厚な風味を楽しむことができます。

3. ハイボール

ハイボール

ダルモア12年をハイボールにすると、甘み・苦み・酸味すべてが引き立ち個性的な味わいとなります。

本来の味わいとはかけ離れた味わいとなってしまうので、このウイスキー本来の味わいを楽しみたい方にハイボールはおすすめできません。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

ダルモア12年を水割りにすると、潜んでいる豊かな香りと甘みがより一層引き立ちます。

おすすめの割合は、水1:原液1のトワイスアップです。

口コミ・レビューでわかる「ダルモア12年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「ダルモア12年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 ダルモア12年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い口コミ悪い口コミ
・アルコールの刺激感がなく飲みやすい
・甘い味わいとビターな余韻が美味しい
・パッケージがかっこいい
・ロックがよく合うお酒
・味が薄い
・ケミカルな味がする
・この年数のウイスキーとしては若い味
・味が価格相応ではない

ダルモア12年の良い口コミには「アルコールの刺激感がなく飲みやすい」「甘い味わいとビターな余韻が美味しい」「パッケージがかっこいい」「ロックがよく合うお酒」というものがありました。

良い点が評価に繋がったようです。

甘い上にアルコールの刺激がなくするすると飲めるため、甘口ウイスキーが好きな方から高い支持を得ているようです。

瓶のデザイン製にも非常に優れており、部屋に置いておくと気分が上がるというユーザーの方も多く見られました。

ダルモア12年の悪い口コミとしては「味が薄い」「ケミカルな味がする」「この年数のウイスキーとしては若い味」「味が価格相応ではない」というものがありました。

味が薄い上にケミカル香がするという低い評価は、海外ユーザーによく見られる傾向にありました。

対して日本人からの評価には飲みやすくて良いというものが多いため、ダルモア12年は日本人向けのウイスキーであるといえそうです。

ダルモア12年の良い評価・口コミ

見た目がかっこいい

ロックで飲みたい味

甘くてさらっと飲みやすい

ビターな後味が美味しい

数滴の加水で甘くフルーティーに

食後にぴったりなお酒

オンザロックが旨い

ダルモア12年の悪い評価・口コミ

12年ものにしては若い味

香りが好みでない

グラウスやグレンドロナック12年には劣る

派手なパッケージ、低いアルコール度数.....正直なところ、このスタイルのシェリーウィスキーが好きなら、ネイキッド・グラウスの方がいいし、グレンドロナック12年は別格だ。

(Its not crap....its not great. fancy packaging, low abv.....honestly though if you like this style of sherried whisky naked grouse is better, Glendronach 12 is in another league)

引用:masterofmalt.com

味が非常に薄く感じる

良くない!高価で、何の匂いもしないし、味も非常に薄い。水とキャラメルとアルコールが混ざったような感じ。

(Bad! Expensive, doesn't smell anything and very light taste. Seems like a mix of water, caramel and alcohol.)

引用:masterofmalt.com

カビ臭い風味を感じた

古いかび臭い木のような味が支配している。近寄らないでくれ!

(Old musty wood dominated. Stay away!!!)

引用:masterofmalt.com

高い割にあまり味は良くない

ウイスキーが好きな人はダルモアには手を出さない方がいい。40ポンドも騙されない、もっといいモルトがありますよ。

(If you enjoy whisky, stay away from Dalmore. There are much better malts out there that are not duping you out of £40!)

引用:masterofmalt.com

科学薬品の味がする

ひどい上に、値段の高いウイスキー。茶色い水、砂糖、化学物質のような味がする。

(Terrible, overpriced whisky. Tastes like brown water, sugar and chemicals.)

引用:masterofmalt.com

水にキャラメルと砂糖を足したような薄さ

水を用意して、ブラウンシュガーとキャラメルE150を加える。ほら、ダルモア12年だ。

(Get some water, add some brown sugar and caramel E150. And voila - Dalmore 12!)

引用:masterofmalt.com

まとめ

この記事ではスコットランドにある「ダルモア蒸留所」で作られているダルモア12年について紹介しました。

フルーティーな甘さとほのかな苦み、アルコールの刺激感がある独特の味わいが特徴のこのウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア