ウイスキー銘柄

デュワーズホワイトラベルの味・香りをレビューや口コミから評価

デュワーズホワイトラベル

デュワーズホワイトラベルは、スコットランドで作られているブレンデッド・スコッチ・ウイスキーです。

この記事ではデュワーズの中から「デュワーズホワイトラベル」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「デュワーズホワイトラベルが自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、デュワーズのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

デュワーズ
デュワーズの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

デュワーズはスコットランド産のブレンデッドウイスキーです。 バランスの取れたスムースな味わいはとても飲みやすく、170年以上に渡って世界中で愛飲されており、ハイボールの生みの親としても親しまれています ...

続きを見る

デュワーズ ホワイトラベルの特徴

デュワーズ ホワイトラベル

デュワーズホワイトラベル」はジョン・デュワーズ&サンズ社から1899年に発売されて以来、多くのウイスキーファンから愛されているロングセラー商品です。

ハイボールと非常に相性がよく、バーテンダーからNo.1の支持率を誇るウイスキーとしても有名です。

ヘザーやハチミツを思わせる香りと、洋ナシやバニラの甘くさわやかな味わい、バランスの取れた甘くスモーキーな余韻がこのウイスキーでは楽しめます。

アルコール度数は40%とスコッチとしてはやや低く、コスパにも優れているためウイスキー初心者にもおすすめです。

デュワーズ ホワイトラベルの基本情報

ブランドデュワーズ(Dewar's)
容量200ml・700ml・1750ml
アルコール度数40%
原産国スコットランド
原材料・成分モルト・グレーン

デュワーズ ホワイトラベルのテイスティングノート

明るい黄金色
香りフローラル、ヘザーやハチミツの香り
スムースでクリーン、フレッシュバニラ、わずかに洋ナシ、ソフトでフルーティー
フィニッシュほのかな甘さにスモークさを感じるよいバランス

デュワーズ ホワイトラベルを4つの飲み方でレビュー

ここでは、デュワーズホワイトラベルを4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

デュワーズホワイトラベルを美味しく飲むことができる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

デュワーズホワイトラベルはストレートで飲むことによって、なめらかな口当たりと分厚く濃厚なフルーツの香味を堪能することができるウイスキーです。

アルコール度数が低いため、ウイスキー初心者でも比較的するすると飲むことができるでしょう。

2. ロック

ウイスキー ロック

デュワーズホワイトラベルはロックにすると、非常に口当たりが良くなるウイスキーです。

フルーツ香とアルコール感が引き立つため、少し辛い梅酒のような爽やかな味わいが堪能できます。

3. ハイボール

ハイボール

デュワーズホワイトラベルに最もおすすめなのが、なめらかな喉ごしが楽しめるハイボールです。

このウイスキーのハイボールはまろやかさとスパイシーさのバランスが絶妙であり、食事の味の邪魔をしません。

そのため食中酒として人気があり、バーテンダーからも大きな支持を集めています。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

デュワーズホワイトラベルは水割りにすると、さらさらとした水のような喉ごしのウイスキーになります。

アルコールの刺激感はほとんどなくなり、まったりと甘くなるのでウイスキー初心者に特におすすめの飲み方だといえます。

口コミ・レビューでわかる「デュワーズ ホワイトラベル」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「デュワーズホワイトラベル」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、デュワーズホワイトラベルを飲んだ人の評価は以下のように分かれています。

良い口コミ悪い口コミ
・食中酒として最適
・ウイスキー初心者におすすめ
・コスパが非常に良い
・ハイボールによく合う
・ウイスキーマニアには物足りない味
・不自然で人工的な味がする
・以前よりスモーキーになった
・価格相応であり高級感はない

デュワーズホワイトラベルのよい口コミには「食中酒として最適」「ウイスキー初心者におすすめ」「コスパが非常に良い」「ハイボールによく合う」というものがありました。

どんな食事に合わせても飲みやすくコスパも非常に良い点が、安くて美味しい食中酒を求めるユーザーからの評価に繋がったようです。

デュワーズホワイトラベルの悪い口コミとしては「ウイスキーマニアには物足りない味」「不自然で人工的な味がする」「以前よりスモーキーになった」「価格相応であり高級感はない」というものがありました。

高級ウイスキーをたしなむ方にとっては物足りないないうえに、安いウイスキー特有の味わいが人工的で不快に感じたという意見もあるようです。

デュワーズ ホワイトラベルの良い評価・口コミ

入門ウイスキーとして最適

魚のおつまみとよく合うお酒

バーテン時代の定番酒

つまみと一緒にハイボールで堪能

チーズソースのチキンソテーにぴったり

1年で飲むウイスキーの3分の1を占めるほど大好き

安くて旨い良酒

食中酒として最適

デュワーズ ホワイトラベルの悪い評価・口コミ

意外とピート感がある

飲み物というより洗浄剤

飲むというよりは、洗浄剤として使うのが良いかも。何かと混ぜて使う分には悪くないと思うけどね。

(Better used as a cleaner than drink. Not bad as long as it’s mixed with something I guess)

引用:MasterofMalt

中途半端なスコッチ

中途半端なスコッチで、後味が悪い。これに2つ以上の星をつけている人がいるのが信じられない。君たち、まともなスコッチは飲まないの?

(A hollow Scotch with little follow through. I can't believe people are giving this a star over 2. Do you even drink Scotch?)

引用:MasterofMalt

大量生産の味気がないスコッチ

大量生産された、どちらかというと味気ないスコッチ。昨年のホリデーシーズン、シカゴ市場では1.75Lが19.99ドルで売られていたっけ。

(Mass produced, rather bland. Last holiday season in the Chicago market a 1.75L was retailing for $19.99 US dollars.)

引用:MasterofMalt

まるで電子機器を炒めたかのようなひどい味

俗物とまでは言わないけど、1日1杯はマッカラン12年を飲むようにしてるんだ。

デュワーズホワイトラベルを買ったのは、2杯目を飲んでも罪悪感がないように、もう少し手頃な価格のものが欲しかったから。

ははは、こりゃ電子機器を炒めたような香りと味がするな。

カーオーディオやホームオーディオ、たまにパソコンの電源を吸ったことがある人ならわかると思うけど。

数口飲んだだけで胃が痛くなるや。くだらない。もう少し頑張ってお金を稼いで、いいものを買おう。

(I wouldn't say I'm a snob but I'm partial to Macallan 12 for my "one drink" per day. I got this because it seemed to be a little more affordable so I wouldn't feel guilty for having maybe a second drink. haha This to me smells and tastes like fried electronics. If you've ever smoke a piece of car or home audio equipment, or the occasional computer power supply, then you know what I speak of. Makes me sick to my stomach from just a few sips. Blah. I'll just work a little harder to make a tad bit more money and buy the better stuff.)

引用:MasterofMalt

以前と比べてスモーキーになった

これはわたしが何年も飲んできたホワイトラベルではなくなった。前にはなかった木のような、スモーキーな風味がはっきりと感じられる。そろそろ別の銘柄に変えようかな。

(This is not the White Label I have been drinking for years. Now I taste a definite woody, smoky flavor that was not there before. It's time to switch to a different brand.)

引用:MasterofMalt

滑らかさがなく紙やすりのよう

わたしはウイスキーやスコッチの大ファン。けどこれは、これまで飲んだスコッチの中で最もひどい味だった。滑らかさをガラスと紙やすりの間で評価するとしたら、これは50グリット。本当にひどい。

(I am a big fan of whiskey/scotch. This is some of the most awful tasting scotch I have ever had. If you were to judge it's smoothness on a scale of glass to sandpaper, this would be 50 grit. Just horrible.)

引用:MasterofMalt

薬品や腐った気を彷彿とさせるきつい味

まず最初に感じたのは、強烈で不快な香り。

でもその木の腐ったような香りの下に、ほのかに甘い香りを感じることはできた。

味の方は、蜂蜜やトフィーなどの良い要素もあるが、ほとんどが薬のような厳しいものだ。

後味は、そのしびれるような噛み心地が邪魔をしている。

(IThe first thing that hit me was the strong unpleasant aroma. But I underneath the smell of rotting wood, I was able to detect a hint of something sweet. The flavor has some good elements of honey and toffee, but it is mostly just harsh and medicinal. The finish is hampered by its numbing bite..)

引用:MasterofMalt

まとめ

この記事ではスコットランドの「ジョン・デュワーズ&サンズ社」で販売されている、「デュワーズホワイトラベル」について紹介しました。

どのような食事にも合う万能さと、高いコスパが特徴のこのウイスキーが気になった方はぜひご賞味してみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア