アーリータイムズ ブラウンラベルの味・香りをレビューや口コミから評価

アーリータイムズ ブラウンラベル

アーリータイムズはアメリカ・ケンタッキー州にあるアーリータイムズ蒸留所で作られているバーボンです。

「Early Times Method=昔ながらの製法」でウイスキーを作るという信念から「アーリータイムズ」と名付けられています。

また、アーリータイムズには「開拓時代」という意味もあり、アメリカの開拓時代から開拓者とともにあり続けたアメリカを代表する銘柄の1つです。

この記事ではアーリータイムズの中から「アーリータイムズ ブラウンラベル」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「アーリータイムズ ブラウンラベルが自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、アーリータイムズのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

あわせて読みたい
アーリータイムズの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説 アーリータイムズは、アメリカでリンカーン大統領が就任した年の1860年に誕生したバーボンウイスキーです。 この記事では、アーリータイムズの味わいや特徴、歴史、製造...
目次

アーリータイムズ ブラウンラベルの特徴

アーリータイムズ ブラウンラベル

アーリータイムズにはイエローラベルとブラウンラベルがあります。

ブラウンラベルは、日本用に作られた日本限定商品です。

ブラウンラベルはイエローラベル用原酒とブラウンラベル用原酒を混ぜて作られており、スモーキーで深く濃厚な風味が味わえます。

アーリータイムズ ブラウンラベルは1本1300円前後で買えるコスパの良いウイスキーとして有名でしたが、2021年に終売となっています。

アーリータイムズ ブラウンラベルの基本情報

ブランド Early Times(アーリータイムズ)
容量 700ml
アルコール度数 40%
原産国 アメリカ
原材料・成分 ‎グレーン、モルト

アーリータイムズ ブラウンラベルのテイスティングノート

茶褐色
香り アルコール酢のような酸味と接着剤のような香り
ヨード・接着剤・マンゴーのような甘いフルーツ・香ばしいナッツ
フィニッシュ ドライでビターな余韻が長く続く

アーリータイムズ ブラウンラベルを4つの飲み方でレビュー

1. ストレート

ウイスキー ストレート

アーリータイムズ ブラウンラベルをストレートで口に含むと、アルコール酢のような酸味と接着剤のような香り、そしてヨードを感じます。

その味わいは酸味を伴う濃厚な甘さが中心で、ナッツのような香ばしさやヨードっぽさもあります。

アルコールの刺激はありますが、甘さがそれを覆う印象でそれほどキツくはありません。

アーリータイムズ ブラウンラベルの濃厚な風味を堪能したい人におすすめの飲み方です。

2. ロック

ウイスキー ロック

アーリータイムズ ブラウンラベルをロックにすると、ストレートで感じた酸味やヨードは控えめになり、代わりにドライフルーツのような甘い香りが顔をだします。

味わいも酸味はほとんどなくなり、バナナを思わせる甘みが中心です。

氷がとけ加水が進むと、ビターチョコのような苦味を伴う甘さへと変化していきます。

アーリータイムズ ブラウンラベルのロックはアーリータイムズ ブラウンラベルのさまざまな風味を味わいたい人におすすめの飲み方です。

3. ハイボール

ハイボール

この4つの飲み方の中で一番のおすすめがハイボールです。

アーリータイムズ ブラウンラベルをハイボールにすると、かすかなヨードのあとにバナナやバニラのような甘さが前面にでてきます。

その味わいは、炭酸とドライフルーツを思わせる甘さが合わさり、さっぱりとした爽やかな印象です。

わずかに感じるビターな余韻まで心地の良い、アーリータイムズ ブラウンラベルの酸味や甘みをバランスよく味わえる飲み方です。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

アーリータイムズ ブラウンラベルに加水すると香りがひらき、バニラやマンゴー、バナナを思わせる濃厚な香りを感じます。

その味わいはビターチョコをイメージさせる苦味のある甘さと酸味が中心で、ストレートに比べるとかなり甘さは控えめになります。

ドライでビターな余韻も、ストレートのときとは違った印象です。

アーリータイムズ ブラウンラベルの水割りは、ストレートだとちょっとキツく感じる人や、食中酒として味わいたい人におすすめの飲み方です。

口コミ・レビューでわかる「アーリータイムズ ブラウンラベル」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「アーリータイムズ ブラウンラベル」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 アーリータイムズ ブラウンラベルを飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い評価 悪い評価
・コスパ最強
・クセが少なく飲みやすい
・終売してるから購入できない

アーリータイムズ ブラウンラベルの良い口コミや評判を見ていくと、まずはそのコストパフォーマンスの良さに多くの人が良い口コミを投稿していました。

1本1500円未満でバランスの良い濃厚な味わいが楽しめるのが理由のようです。

日本市場向け商品だけあり、日本人の味の好みによく合っているのも高評価につながっています。

悪い口コミはほとんど見つかりませんでした。

唯一ともいえるネガティブなコメントは、すべて終売についてです。

手に入りづらくなったという声や、終売を惜しむ声がたくさんありました。

以下アーリータイムズ ブラウンラベルを実飲された方の感想を、一部抜粋してご紹介します。

アーリータイムズ ブラウンラベルの良い評価・口コミ

庶民の味方

ブラウンの方が好き

あっさりとしていて飲みやすい

ハイボールもロックもそこそこいける

バーボン臭さがない

めっちゃ大人の味

購入価格の割に随分旨い

甘くて香りがよくてかなり好きなバーボン

アーリータイムズ ブラウンラベルの悪い評価・口コミ

そんな好きくない

悲しくてならない

終売になるとは

悲しいな~

イエローよりも香りの個性は抑えられている

イエローよりも香りの個性は抑えられている感じがするが、その分飲みやすく香りもバーボンらしい香りが濃厚になっているように感じる。癖のあるイエローを取るか、香りに癖は少ないものの香りが濃厚なブラウンを取るかで好みが別れるかも

自分はブラウンの方が飲みやすくハイボールにしても香りが薄くなりにくいのでこちらの方がオススメな気もしないでもない。

引用:amazon.co.jp

ストレートで味わうには少し足りない

スコッチ人気&高騰にもかかわらず、イマイチ盛り上がりにかけるバーボン。

飲みづらそう、くさそうというイメージを持ってる人にはちょうどよいかと思います。

カラメルの様な甘さ、程よいコクがあり、ストレートで味わうには少し足りないけど、ロックやハイボールにすると丁度よいと思う。

合理主義のアメリカ人の酒。バーボン党へようこそ。

引用:amazon.co.jp

まとめ

アーリータイムズ ブラウンラベルは、濃厚でコクのある風味が楽しめるコストパフォーマンスの高い1本です。

日本用に作られたウイスキーだけあり飲みやすく、バーボンの入門としてもピッタリです。

ハイボールやストレートなど、自分に合った飲み方でアーリータイムズ ブラウンラベルを楽しんでください。

このページをシェアする
目次
閉じる