ウイスキー銘柄

グレンドロナック12年の味・香りをレビューや口コミから評価

グレンドロナック12年

グレンドロナック12年は、スコットランドで作られているシングルモルト・ウイスキーです。

この記事ではグレンドロナックの中から「グレンドロナック12年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「グレンドロナック12年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、グレンドロナックのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

グレンドロナック
グレンドロナックの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

グレンドロナックは、スコットランドのハイランド地方で作られているシングルモルトウィスキーです。 シングルモルトのロールスロイスと称されるマッカランと並ぶと言われるほど、ウィスキーとしての完成度は高いで ...

続きを見る

グレンドロナック12年の特徴

グレンドロナック12年

グレンドロナック12年」はスコットランドの「グレンドロナック蒸留所」で、作られているシングルモルト・ウイスキーです。

グレンドロナック蒸留所はシェリー系ウイスキーのエキスパートであり、このボトルも例にもれず非常に完成度の高いシェリー系ウイスキーとして有名です。

辛口と甘口、2種のシェリー樽由来のドライフルーツのような風味とナッツのような香ばしい香り、ビターな味わいがこのウイスキーでは楽しめます。

アルコール度数は43%とスコッチとしては平均的で、価格は700ml5,500~6,000円程度です。

グレンドロナック12年の基本情報

ブランドグレンドロナック(Glendronach)
容量700ml
アルコール度数43%
原産国スコットランド
原材料・成分モルト

グレンドロナック12年のテイスティングノート

濃い琥珀色
香り豊かな穀類、マッチ、レーズン、シナモン、キャラメルシュガー。PXの甘い香りと生のジンジャーの香りが広がり、ヘーゼルナッツのクリーミーな香りが広がります
果実、皮、バターの香り。パン・オ・ショコラ、トーストに塗ったマーマレード、そしてスパイスの効いたレーズンでより硬く、よりナッツになる
フィニッシュスモーキーなタフィーとナッツブリトル

グレンドロナック12年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、グレンドロナック12年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

グレンドロナック12年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

グレンドロナック12年は、豊かなシェリー樽由来の香りと甘いマドレーヌのような風味が楽しめるウイスキーです。

甘さと酸味のバランスが良く、余韻にはウッディな要素もあります。

ストレートで飲むと、その複雑な味わいを存分に味わうことが可能になります。

2. ロック

ウイスキー ロック

グレンドロナック12年をロックにすると、スパイシー差が抑えられ、甘みが際立つようになります。

甘口ウイスキーが好きな方には、ロックは非常におすすめの飲み方です。

3. ハイボール

ハイボール

グレンドロナック12年はハイボールにすると、甘さと共に苦みが強く目立つようになってしまいます。

樽の香りが少なくなり甘ったるさと苦みが際立って目立ってしまうため、このウイスキーを飲むときにハイボールはあまりおすすめできないといえるでしょう。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

グレンドロナック12年を水割りにすると、樽由来のウッド香やスパイシーさ、苦みが強くなります。

強い香りを楽しむにはトワイスアップではなく、数滴程度の水を入れるのがおすすめです。

フルーティーでやや辛口のウイスキーがお好きな方は、ぜひ水割りを試してみてください。

口コミ・レビューでわかる「グレンドロナック12年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「グレンドロナック12年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 グレンドロナック12年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い口コミ悪い口コミ
・シェリー感がたまらない
・甘くて美味しい
・コスパが悪い
・マッカランには劣る

グレンドロナック12年の良い口コミには「シェリー感がたまらない」「甘くて美味しい」というものがありました。

甘みの強い味わいや飲みやすさを評価した甘口ウイスキー好きからの、肯定的な口コミが特にネット上では目立ちました。

グレンドロナック12年の悪い口コミとしては「コスパが悪い」「マッカランには劣る」というものがありました。

同じシェリー系のウイスキーであるグレンファークラスやマッカランと比べ、コスパが悪い、あるいは味が劣るという意見が多くネット上では見られています。

グレンドロナック12年の良い評価・口コミ

シェリーカスクの熟成感を味わうならチョイスしたい一本

厳選されたシェリー樽による、甘く果実感のある風味

飲む人を豊かな気持ちにさせてくれる風味の広がり

甘みの強さが持ち味

ウイスキー女子に人気

甘さとややビターな余韻が美味しい

シェリー感あふれる甘さがたまらない

シェリーの香りに癒される

グレンドロナック12年の悪い評価・口コミ

シェリー好きだが好みに合わない

家飲み用としてはやや高い気もする

コスパが悪化した

マッカランの方が品がある味

旨いけどコスパ重視なので買わなかった

年によって味に差があった

私のお気に入りの一杯となった2019年のバッチを3本使い切ってしまったのですが、2020年のボトリングはとても残念な出来でした。

(Having gone through 3 bottles of the 2019 batch which had become my favourite tipple, the 2020 bottling is very disappointing.)

引用:masterofmalt.com

味が普通過ぎる

平均的なスコッチだと思います。悪いものではないが、私にとっては特別なものでもない。私にはまだその準備ができていないのかもしれません。

(Average scotch i'd say. It's not bad but it's nothing special for me either. Maybe i'm not ready for it yet.)

引用:masterofmalt.com

マッカランには及ばない

がっつりシェリー酒。残念ながら若干の硫黄分もある。なかなかいい感じだが、マッカラン12とは同列ではない。グレンファークラス12の方が良い買い物だと思う。/E

(A LOT Sherry. Unfortunately also some sulphur. Pretty nice but not in the same league as Macallan 12. Glenfarclas 12 is a better buy as well. /E)

引用:masterofmalt.com

まとめ

この記事ではスコットランドにある「グレンドロナック蒸留所」で作られているグレンドロナック12年について紹介しました。

シェリー系の豊かな香味と甘い味わいが特徴のこのウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア