ウイスキー銘柄

グレンドロナックの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

グレンドロナック

グレンドロナックは、スコットランドのハイランド地方で作られているシングルモルトウィスキーです。

シングルモルトのロールスロイスと称されるマッカランと並ぶと言われるほど、ウィスキーとしての完成度は高いです。

この記事では、グレンドロナックの味わい、特徴、歴史や製法などをご紹介します。

記事の最後には、グレンドロナックが好きな方におすすめなウィスキーも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

グレンドロナックの特徴・概要

グレンドロナック 特徴 概要

グレンドロナックは、スコットランドのハイランド地方を代表するシングルモルトです。

その歴史は深く、1826年から創業しています。

伝統的な製法であるフロアモルティングを行い、熟成には全てシェリー樽を使用しているのが特徴です。

そんなグレンドロナックの味わいや特徴を詳しく紹介していきます。

グレンドロナックの味わいと香りの特徴

グレンドロナックは、辛口の風味がするオロロソシェリー樽と甘口の風味がするペドロヒメネス樽で熟成し、それぞれの原酒をヴァッティングしています。

味わいは、はちみつやミルクチョコレートといった、まろやかでコクのある味わいです。

甘さの強い味わいの後に、ビターチョコレートのような苦みやスパイシーさも感じます。

非常に飲みやすく、ハイランドモルトの入門にピッタリなシングルモルトです。

伝統的なフロアモルティング製法

フロアモルティングとは、ウィスキーの製造工程の一つでグレンドロナックは創業当初よりこの製造方法を行っています。

フロアモルティングとは、床の上でモルティングを行うことを言います。

そのモルティングとは、大麦を発芽させる工程のことです。

原料となる穀物に含まれるデンプン質から糖類を作り、酵母の力でアルコールを発酵させます。

これを蒸留してアルコール濃度を高め、樽で熟成させれば完成します。

モルトウイスキーの場合、原料となる大麦を発芽させ麦芽にすることで、糖化酵素が活性化します。

この工程をすることで、ピート香と呼ばれるモルトウィスキー独特な香りを作り上げています。

現在ではこのフロアモルティング製法は非常に重労働で効率も悪いということで、ほとんどの蒸留所では行われておらず、グレンドロナック蒸留所でも一部だけ取り入れられています。

グレンドロナックのおすすめの飲み方は「ストレート」

グレンドロナック 飲み方 ストレート

ストレートで飲むと、華やかでドライな味わいや、温かみのある甘い香りといったグレンドロナックの特徴を感じることができます。

シェリー樽由来のリッチでフルーティといった、シェリー樽の特徴も感じることができます。

また、熟成年数の長いボトルは個性が強くクセもあるため、最初は飲みづらいでしょう。

その時は、ソーダで割ったハイボールでの飲み方がおすすめです。

グレンドロナックの種類

グレンドロナック オリジナル12年


グレンドロナック オリジナル12年は、辛口のオロロソシェリー樽と極甘口のペドロヒメネス樽で熟成し、ヨーロピアンオークのシェリー樽でヴァッティングして製造しています。

フルーティさと、ビターのバランスが取れているのが特徴です。

後味は、リッチでクリーミーな味わいが残ります。

甘味が強く飲みやすいため、ハイランドモルトの入門におすすめの一本です。

ストレートで飲むと、チョコを思わせるような甘い味わいや香りを楽しめます。

グレンドロナック リバイバル15年


グレンドロナック リバイバル15年は、一度終売となったものの人気が高かったため、2018年に復活した一本です。

ペドロヒメネス樽とオロロソシェリー樽で熟成させています。

ビターでウッディな味わいが特徴で、ドライフルーツのような香りがします。

グレンドロナック12年よりも味が濃く、飲みごたえのある一本です。

多少のクセと、味がハッキリしているウィスキーが好きな方におすすめです。

グレンドロナック アラダイス18年


グレンドロナック アラダイス18年は、100%オロロソシェリー樽で18年熟成し、原酒をアンチフィルターでボトリングした一本です。

レーズンやチョコレートオレンジのような甘い香りがあり、チョコレートやコーヒーを思わせるような苦みと甘味が合わさった味がします。

甘さと苦みがあり、後味にはドライな質感が残ります。

個性的なウィスキーを求めている方におすすめです。

グレンドロナック パーラメント21年


グレンドロナック パーラメント21年は、グレンドロナック12年と同様に、オロロソシェリー樽とペドロヒメネス樽で21年熟成させた一本です。

オロロソシェリー樽由来のコクのあるドライフルーツ、ビターチョコのような苦みのある甘さが特徴です。

ナツメグといったスパイスのフレーバーな味わいが広がり、なめらかな後味が残ります。

グレンドロナック12年では物足りない方におすすめです。

グレンドロナック ピーテッド


グレンドロナック ピーテッドは、ピーテッド麦芽を使用した、グレンドロナックの新定番の一本です。

フェノール値25ppmのピーテッド麦芽を使用しバーボン樽で熟成した後、オロロソシェリー樽とペドロヒメネス樽でそれぞれ追加熟成した原酒をブレンドしています。

香りは、スモーキー、ビターオレンジといった香りです。

味わいは、バニラやローズヒップといった甘く華やかな味わいとなっており、焚火の残り火のような後味へと変化していきます。

スモーキー感が強いボトルなため、玄人向けのウィスキーです。

グレンドロナックの蒸留所・歴史

グレンドロナック 蒸留所 歴史

グレンドロナックは、1826年に、ジェームズ・アラダイスによって蒸留所が設立されました。

しかし、11年後の1837年に蒸留所の一部を焼失してしまいます。

その後、1852年にティーニニックの支配人を務めていたウォルター・スコットに蒸留所を買収されました。

ウォルター・スコットの死後は、グレンフィディック蒸留所を設立したウィリアム・グラントの末子チャールズ・グラントに買収されます。

1966年には、ポットスチルが2基から4基へと増設がされました。

しかし、1996年から2002年までは蒸留所が閉鎖。

2002年にペルノ・リカール社の傘下であるシーバス・ブラザーズの所属となります。

2008年にベンリアック・ディスティラリー・カンパニーによって買収されたものの、2016年には米ブラウン・フォーマンによって買収され、現在もブラウン・フォーマンによって運営されています。

グレンドロナックの製造方法

グレンドロナック 製法

グレンドロナックは、地元であるハイランド地方で作られた大麦を100%使用し、製造にはフロアモルティング、熟成樽は全てシェリー樽といった強いこだわりがあります。

伝統的なフロアモルティング製法を行っていた蒸留所であり、現在も一部の過程でフロアモルティング製法を取り入れています。

現在では、蒸留においては間接加熱が主流となっていますが、グレンドロナック蒸留所は2005年までは直火焚きを採用しており、スコットランドで最後まで石炭直火焚きを行っていた蒸留所になります。

熟成には全てシェリー樽を使用しており、グレンドロナックの最大の特徴とも言えます。

シェリー樽由来のバニラやはちみつといった甘い風味と、ドライな香りがグレンドロナックを作り上げています。

グレンドロナックは、地元の大麦を原料とするこだわりや効率の悪いフロアモルティングを取り入れるなど、非効率的な製造方法を行っています。

しかし、昔ながらの製法を採用することで、グレンドロナックの味わいを受け継いでいます。

グレンドロナック好きにおすすめのウィスキー

グレンドロナックが好きな方に、おすすめのウィスキーを2本ご紹介します。

グレンドロナックの特徴である、「飲みやすさ」や「シェリー樽による甘み」を基準に選びました。

グレンドロナックが好きな方であれば、ハマるボトルとなっているのでぜひお試しください。

ザ・マッカラン12年

ザ・マッカラン12年は、シングルモルトのロールスロイスと呼ばれているシングルモルトウィスキーです。

自社で原木の選定から製樽まで、徹底して管理し厳選されたシェリー樽で最低12年熟成させ、原酒のみを使用しています。

フルーティで芳醇、豊かな口あたりが特徴です。

バニラやシェリーの甘い香りと濃厚な味わいを楽しむには、ストレートでの飲み方がおすすめです。

参考マッカランの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

「シングルモルトのロールスロイス」とも讃えられたウイスキー「マッカラン」は、ブレンダーやウイスキー通からの評価が高い銘酒中の銘酒です。 本記事ではそんなマッカランの味わいや種類、おすすめの飲み方につい ...

続きを見る

グレンファークラス12年


グレンファークラス12年は、今では珍しい直火焚き蒸留と、100%シェリー樽での熟成にこだわりを持っています。

シェリー樽を使用しているため、果実のフルーティな香りが強く、ジャムやドライフルーツといった濃厚な味わいが特徴です。

マッカランやグレンドロナックより、力強い濃厚な味わいを楽しめます。

ストレートで飲むとツンとした刺激を感じますが、加水するとまろやかで優しい口あたりへと変わります。

グレンドロナック、ザ・マッカランと飲み比べてみるとその違いがハッキリと分かります。

まとめ

グレンドロナックは、ハイランド地方を代表するハイランドモルトの入門におすすめなシングルモルトウィスキーです。

シェリー樽由来のはちみつやチョコレート、バニラ風味といった甘い味わいは、初心者向けのシングルモルトです。

ハイランドモルトの入門として、ぜひお試しください。

-ウイスキー銘柄

© 2020 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーメディア