ウイスキー銘柄

グレンファークラス12年の味・香りをレビューや口コミから評価

グレンファークラス12年

グレンファークラス12年は、スコットランドで作られているシングルモルト・ウイスキーです。

この記事ではグレンファークラスの中から「グレンファークラス12年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「グレンファークラス12年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、グレンファークラスのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

グレンファークラス
グレンファークラスの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

グレンファークラスは、スコットランドのスペイサイドで生産されているシングルモルトウイスキーです。 グレンフィディックと同様に家族経営をしている珍しい蒸留所です。 この記事では、グレンファークラスの味わ ...

続きを見る

グレンファークラス12年の特徴

グレンファークラス12年

グレンファークラス12年」はスコットランドの「グレンファークラス蒸留所」で、作られているウイスキーです。

シェリー樽由来のフルーティーな甘さと香りがこのウイスキーの特徴で、その芳醇な味わいは安価ながらマッカランに匹敵するとウイスキー好きの間では話題になっています。

甘さとスパイシーさのバランスにも優れており、気軽にリッチなウイスキーを楽しめるとシェリー熟成のウイスキーを好む方からは人気です。

アルコール度数は43%でスコッチとしては平均的で、平均価格は700ml3,000円台、1000ml4,000円台と非常にコスパに優れています。

グレンファークラス12年の基本情報

ブランドグレンファークラス(Glenfarclas)
容量700ml・1000ml
アルコール度数43%
原産国スコットランド
原材料・成分モルト

グレンファークラス12年のテイスティングノート

鮮やかなアンバーゴールド
香りシェリー漬けのフルーツを彷彿させる、フレッシュで豊かな香り
甘みとスパイシーさが絶妙のバランス。シェリー樽熟成の特徴がよく表れた、リッチでバランスのとれた味わい
フィニッシュスパイシーな味わい深い余韻が長く続く

グレンファークラス12年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、グレンファークラス12年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

グレンファークラス12年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

グレンファークラス12年は青リンゴのような爽やかさとレーズンの穏やかな甘みの中に、アルコール特有の刺激感やスパイシーな味わいが強く感じられるウイスキーです。

アルコール度数43%のウイスキーとしては刺激感は強めなので、ストレートで楽しむ際にはチェイサーを用意しておくとよいでしょう。

2. ロック

ウイスキー ロック

グレンファークラス12年は、冷やされると青リンゴのような爽やかな風味と酸味が際立つウイスキーです。

しかし特徴的なシェリー香はおさえられてしまうため、このウイスキーの個性を最大限に楽しみたい方にはロックはおすすめできません。

3. ハイボール

ハイボール

グレンファークラスをハイボールにすると、柑橘の酸味がしっかりしたモルティで甘いハイボールができます。

すっきりとした爽やかな風味が味わえますが、グレンファークラスらしいシェリー樽由来の風味は少なくなってしまいます。

よってこの銘柄の個性を楽しむには、ハイボールは不向きだといえるでしょう。

4. 水割り

トワイスアップ 水割り

加水すると全体的な味は滑らかになりつつも骨太な力強さを持つようになるのが、グレンファークラス12年の特徴です。

甘みはより感じやすく、スパイシーな刺激感はより一層増すためしっかりと味にメリハリがついたウイスキーを好む方に水割りは適しているといえるでしょう。

おすすめの比率は水1:原液1のトワイスアップです。

口コミ・レビューでわかる「グレンファークラス12年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「グレンファークラス12年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、グレンファークラス12年を飲んだ人の評価は以下のように分かれています。

良い口コミ悪い口コミ
・フルーティーな味わいがたまらない
・シェリーウイスキーとしてはコスパ抜群
・どんな飲み方でも美味しく楽しめる
・シェリーが苦手な方には合わない
・ゴムのような味がする
・上級品には味が劣る

グレンファークラス12年の良い口コミには「フルーティーな味わいがたまらない」「シェリーウイスキーとしてはコスパ抜群」「どんな飲み方でも美味しく楽しめる」というものがありました。

高品質のシェリー・ウイスキーがこの価格で飲めるのは、ユーザーにとって喜ばしいことであるようです。

グレンファークラス12年をお気に入りの常飲酒として、常に備蓄しているという方もたくさんいました。

グレンファークラス12年の悪い口コミとしては「シェリーが苦手な方には合わない」「ゴムのような味がする」「上級品には味が劣る」というものがありました。

特にゴム香に対する悪い口コミは非常に多く、独特のこの香りがあるため苦手だという方が複数人いました。

人工的な香りがするウイスキーが苦手な方には、グレンファークラス12年は口に合わないようです。

グレンファークラス12年の良い評価・口コミ

最近ハマっているウイスキー

美味しく仲間と味わった思い出のウイスキー

甘くフレッシュなフルーツ感が旨い

スモーク感がなく初心者におすすめ

コスパに優れている

祝い酒にも適した贅沢感あるスコッチ

常備するほどのお気に入り

いろんな飲み方が堪能できる

グレンファークラス12年の悪い評価・口コミ

シェリー感が強すぎて口に合わない

ゴムのような味がする

ゴムの匂いが邪魔

独特な匂いが苦手

カスクストレングスや長熟と比較すると薄い

17年は飲めるけど12年は苦手

開けはじめはゴム臭がきつい

まとめ

この記事ではスコットランドにある「グレンファークラス蒸留所」で作られているグレンファークラス12年について紹介しました。

芳醇なシェリーの風味とコスパの良さが特徴の、グレンファークラス12年が気になった方はぜひご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア