ウイスキー銘柄

グレンファークラス21年の味・香りをレビューや口コミから評価

グレンファークラス21年

グレンファークラス21年は、スコットランドで作られているシングルモルト・ウイスキーです。

この記事ではグレンファークラスの中から「グレンファークラス21年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「グレンファークラス21年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、グレンファークラスのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

グレンファークラス
グレンファークラスの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

グレンファークラスは、スコットランドのスペイサイドで生産されているシングルモルトウイスキーです。 グレンフィディックと同様に家族経営をしている珍しい蒸留所です。 この記事では、グレンファークラスの味わ ...

続きを見る

グレンファークラス21年の特徴

グレンファークラス21年

グレンファークラス21年」はスコットランドのグレンファークラス蒸留所で作られているウイスキーです。

濃厚で豊潤なシェリーの香りと甘み、渋みやスパイシーさが入り混ざった複雑な味わいが特徴の一本となっています。

アルコール度数は43%とスコッチとしてはやや高めです。

終売により価格は高騰しているため、700ml25,000~30,000円程度と非常に高価なウイスキーです。

グレンファークラス21年の基本情報

ブランドグレンファークラス(Glenfarclass)
容量700ml
アルコール度数43%
原産国スコットランド
原材料・成分モルト

グレンファークラス21年のテイスティングノート

明るい黄金色
香りリンゴ、オレンジ、ペパーミント、15年よりシェリーが少ない
信じられないほど滑らか。
大麦をふんだんに使った、まさに教科書通りの滑らかさと丸みのあるキャラクター
フィニッシュ長く、大麦に富み、驚くほど滑らかで、オークの影響はほとんどない。

グレンファークラス21年を4つの飲み方でレビュー

1. ストレート

ウイスキー ストレート

グレンファークラス21年はアルコール特有の刺激感が少ないため、ストレートでも飲みやすいウイスキーです。

甘みとビターなテイスト、ウッディな香りをストレートでは存分に楽しめます。

2. ロック

ウイスキー ロック

グレンファークラス21年をロックにすると、ビターチョコのような苦みとウッディな香りが強まります。

甘みは少し抑えられるため、やや苦みのある大人な味わいのウイスキーが好きな方に、ロックはおすすめです。

3. ハイボール

ハイボール

グレンファークラス21年をハイボールにすると、苦みが強まり甘みが閉じてしまいます。

このウイスキー特有の甘みがほとんどなくなるため、ハイボールはあまりおすすめできない飲み方だと言えるでしょう。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

グレンファークラス21年を水割りにすると、アルコールの刺激感が少なくなります。

ほんの少しの加水で甘みがグッと引き立つため、甘いウイスキーが好きな方に水割りはおすすめです。

口コミ・レビューでわかる「グレンファークラス21年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「グレンファークラス21年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 グレンファークラス21年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い口コミ悪い口コミ
・濃厚なシェリー感がたまらない
・バランスが良く華やかな味
・若さが感じられずしっかり熟成されている
・価格が高騰している
・渋みが若いボトルより強め

グレンファークラス21年の良い口コミには「濃厚なシェリー感がたまらない」「バランスが良く華やかな味」「若さが感じられずしっかり熟成されている」というものがありました。

21年もの特有の熟成感ある味わいや、それから生み出される濃厚なシェリー感が高い評価に繋がったようです。

グレンファークラス21年の悪い口コミとしては「価格が高騰している」「渋みが若いボトルより強め」というものがありました。

このウイスキーは販売を終了した商品のため、価格が高くなり気軽に楽しめなくなったことを惜しむ声も多いようです。

グレンファークラス21年の良い評価・口コミ

さすがの重厚なシェリー感

フルーツやハチミツの風味が強く美味

ビター&スパイシーなおいしさ

バランスに優れた良ウイスキー

若いウイスキーと比べると別格!

加水で甘さが花開く!

この華やかさはもはや芸術の域

マッカランよりこちらが好み

グレンファークラス21年の悪い評価・口コミ

25年ものより値段が高い

価格が高く買えない

年数の割に味に若さを感じる

終売以降流通が少なくなった

値段の割にはおいしくないと感じた

樽のウッディな香りが強すぎる

17年の方が華やかさがある

華やかさが少ない印象

まとめ

この記事ではスコットランドにある「グレンファークラス蒸留所」で作られているグレンファークラス21年について紹介しました。

濃厚で芳醇なシェリーの香味が堪能できる、このウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2022 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア