ウイスキー銘柄

白州18年の味・香りをレビューや口コミから評価

白州18年

白州は、白州蒸留所で製造されるシングルモルトウイスキーです。

澄んだ水や厳しい気候から生み出される森を思わせる香味やみずみずしく爽やかな風味は、世界中で高い評価をうけており、インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)といった権威ある大会でいくつも賞を受けている銘柄です。

仕込みに軟水である南アルプスの天然水が使用されているため、その味わいはクリアでキレがあります。

それにピーティーさが加わり、飲みやすくも複雑で奥行きのある味わいが特徴です。

この記事ではそんな白州から「白州18年」をピックアップし、白州18年の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「白州18年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、白州について詳しく知りたい方は以下ページもあわせてご覧ください。

白州 ウイスキー
白州の種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

サントリーの第二のモルトウィスキーである白州。 南アルプスの麓で作られる白州は、ミネラルを含むキレの良い軟水が決め手となっており、白州を生産するうえで欠かせない存在です。 ミントや若葉のような爽やかな ...

続きを見る

白州18年の特徴

白州18年

白州18年」は、白州らしいクリアでキレのある味わいは残しつつ、酒齢18年以上の長期熟成モルト由来の複雑でコクのある味わいが特徴です。

樽香や蜂蜜のような甘さ、フルーティーな香りにほのかなスモーキー、ミントのようなフレーバーなどがバランスよく調和した完成度の高い1本になっています。

ジャパニーズウイスキーの人気の高まりなどもあり、白州18年は品薄が続いています。

希望小売価格は25,000円ですが、プレミア価格で80,000円を超えることも珍しくありません。

白州18年の基本情報

ブランド白州(The Hakushu)
容量700ml
アルコール度数43%
原産国日本
原材料・成分モルト

白州18年のテイスティングノート

濃い黄金色
香りメロン、マンゴー、ミルクキャラメル、ほのかにスモーキー
はちみつのような甘さ、甘酸っぱさ
フィニッシュ熟した果実香、スモーキーで心地よい余韻

引用:suntory.co.jp

白州18年を4つの飲み方でレビュー

1. ストレート

ウイスキー ストレート

白州18年の、白州らしいクリアなキレと、長期熟成モルトならではのコクや深みをじっくり味わいたいなら、ぜひストレートで飲んでください。

白州18年を口に含めば、マンゴーやメロンといった果実のような甘さと、柔らかいスモーキーさが広がります。

その味わいは円やかな甘さがあり、その裏に少しの酸味もあります。

アルコールの刺激は少しありますが、トゲトゲしさはまったくなく、スモーキーな深く長い余韻まで心地よいです。

2. ロック

ウイスキー ロック

白州18年をロックにすると、果実のような甘さは控えめになり、代わりにスモーキーさが強く感じられるようになります。

アルコールの刺激もほとんどなくなり、とても飲みやすいです。

加水がすすむと、ミントのような風味もでてきて、ストレートとはまた違った印象になります。

白州18年のさまざまな風味を堪能したい方におすすめの飲み方です。

3. ハイボール

ハイボール

風味やコクが豊かな白州18年は、ハイボールにしても美味しいです。

炭酸を加えるとミントのような風味が強調されて、とても爽やかな飲み口になります。

りんごのような酸味や甘さも心地よく、ウッディーな余韻も長く続きます。

白州18年は希少なウイスキーなので、あまりハイボールで飲む人はいないかもしれませんが、白州のキャッチコピーでもある「森香る白州」を一番感じられる飲み方だと思います。

4. 水割り

トワイスアップ 水割り

白州18年に加水すると香りがひらき、果実の熟したような香りやスモーキーさが一層強くなります。

アルコール感はほとんどなくなり、蜂蜜のような甘さや微かに感じる酸味が心地よいです。

余韻のウッディーさも深く長く続きます。

非常に円やかな口当たりで飲みやすいので、ストレートでアルコール感がきついと感じた方にオススメの飲み方です。

口コミ・レビューでわかる「白州18年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「白州18年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 白州18年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い評価悪い評価
・深いコクと風味
・ウッディーな余韻
・クリーンでキレがある
・高い(値段に見合わない)
・手に入らない

白州18年は白州らしいキレのあるクリーンさを残しつつ、さらに風味とコクが深く複雑になった気品あふれる1本です。

ウッディーな余韻も心地よく、まさに「森香る白州」を体現しています。

その点について評価する声は非常に多かったです。

悪い評価として多かったのは、その価格や入手困難さです。

ジャパニーズウイスキーの人気の影響もあり、品薄でプレミア価格で販売されていることの多い白州18年は、1本80,000円以上することも珍しくありません。

風味や香りといったことへの悪い評価はほとんどありませんでしたが、価格と入手困難さについては多くの不満が見受けられました。

以下白州18年を実飲された方の感想を、一部抜粋してご紹介します。

白州18年の良い評価・口コミ

格段に複雑で、酔いしれます

奥にふんわりとピート

素晴らしいウイスキー

Great whisky. Has smell of wood, fruit, and caramel. Has taste of wood, caramel, and smoke. Slightly cheaper alternative to Yamazaki 18.

(素晴らしいウイスキーです。木、フルーツ、キャラメルの香り。木の香り、キャラメル、スモークの味がする。山崎18に比べて少し安い。)

引用:Master of Malt

滑らかで気品のある

I never really rated Hakushu 12. It was decent but a bit harsh and no where near as harmonious as say a Hibiki or a Taketsuru.. This made the 18 a revelation! Smooth and caremelly with a fruity nose, it was an absolute delight. However, once my ice melted into it sub stantially, the nose went off and chemical notes started coming in. Thus only 4 stars

(白州12は、まずまずの出来だったが、響や竹鶴のような調和のとれたものではなく、少しきつい印象を受けていた。しかし、この18番には驚かされた。フルーティーな香りがする、滑らかで気品のある、絶対的な喜びがあった。しかし、氷が少し溶けてくると、香りが消えて、化学的な香りがしてきた。そのため、星4つ。)

引用:Master of Malt

深い味わい

Turning Japanese......I really think so.

More and more I discover these wonderful Japanese whiskies, after a disastrous tasting of a Yoichi in Scotland last year. I am now convinced that was an unfortunate one-off, as everything I've sampled recently has been a revelation. This is sharp, fresh, lingering sweetness, apples, pears, and fresh cut flowers. Just gorgeous, clean and deeply tasty. Recommended.

(日本を変える...。...本当にそう思っています。

昨年、スコットランドで余市を試飲して散々な目に遭った後、ますます素晴らしいジャパニーズ・ウイスキーを発見するようになった。今では、あれは不幸な一過性のものだったと確信しています。というのも、最近試飲したすべてのウイスキーが、驚くべきものだったからです。シャープでフレッシュ、余韻に残る甘さ、リンゴ、洋ナシ、新鮮な切り花。ゴージャスでクリーン、そして深い味わいです。お勧めです。)

引用:Master of Malt

私のベスト10に入るほどの出来

Goes straight up to my top 10 list... Every Whiskylover should try this one!

(私のベスト10に入るほどの出来です。すべてのウイスキー愛好家はこの作品を試すべきです。)

引用:Master of Malt

白州は本当に過小評価されています

Hakushu is really underrated. It's very underrated compare to Yamasaki. Hakushu 18 is one of my favourite. It's seriously good.

(白州は本当に過小評価されています。山崎に比べてとても過小評価されています。白州18は私のお気に入りの一つです。本当にで良いですよ。)

引用:Master of Malt

非常にバランスのとれた、深くて複雑なフレーバー

This dram is just delicious, extremly smooth and soft.

Very well balanced deep and complex flavors.

It has kind of an unique and refreshing flavor and taste like a "green nature experience" 🙂 But still keeps the typically Hakushu/ Japan character, outstanding 🙂

(極めてスムーズでソフトなこの1本は、とにかく美味しい。

非常にバランスのとれた、深くて複雑なフレーバーです。

まるで「緑の自然体験」のような、ユニークで爽やかな風味と味わいです。)しかし、典型的な白州/日本の特徴は維持されており、素晴らしいです。)

引用:WhiskyBase

白州18年の悪い評価・口コミ

価格が高い、バランタイン30年2本買える

スコッチのシングルモルトの相場の数倍

めちゃ旨なんですけど、お高い

価格に見合うだけの価値があるかどうかはわかりません

smooth whiskey, and very tasty... But Not sure that it's worth it's price. I think I prefer the 12, though it's been a long while. That being said, a wonderful occasional dram!

(スムーズなウイスキーで、とても美味しい。しかし、価格に見合うだけの価値があるかどうかはわかりません。久しぶりに12の方が好きになりました。とはいえ、たまに飲む1本としては素晴らしいですね。)

引用:Master of Malt

素晴らしいけど価格の20%しか払わないだろう

Nice japanese single malt, but I would give for this maximum 20% of the current price.

(素晴らしいシングルモルト。だけど自分は、最大で現在の価格の20%しか払わないだろう)

引用:WhiskyBase

香りは良いが、徐々に面白くなくなってくる

The nose is really good initially, but in contrary to most single malts this one gets less interesting by the minute

(最初はとても良い香りがしますが、他のシングルモルトとは異なり、だんだん面白くなくなってきます。)

引用:WhiskyBase

まとめ

白州18年は「森香る白州」というキャッチコピーを体現するような1本です。

白州らしいクリアなキレはそのままに、長期熟成モルトならではの深みとコク、長い余韻が加わり、非常に完成度が高いです。

入手困難ではありますが、もしも手に入ったなら、ロックやストレートなど自分に合った飲み方で、白州18年を楽しんでください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア