ウイスキー銘柄

ハムレットの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ハムレットは、スコットランドで作られているブレンデッドウイスキーです。

この記事では、ハムレットの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。

おすすめの飲み方やハムレットの種類ごとの特徴を掲載しているほか、記事の最後にはハムレットがお好きな方におすすめのウイスキーの提案なども行っています。

是非ウイスキー選びの参考にしてみてください。

ハムレットの特徴・概要

ハムレットは、スコットランドにある「ギブソンインターナショナル社」から販売されていたシェイクスピアの有名な悲劇の名を冠したブレンデッド・ウイスキーです。

原種の提供を行っているのは、当時自社にて所有していた「グレンスコシア蒸留所」となっています。

ハムレットの味・香りの特徴

極めて軽くかつスモーキーな味わいがハムレットの特徴であり、華やかかつライトな香りがあるウイスキーとなっています。

ハムレットの喉ごし・フィニッシュの特徴

ハムレットは喉ごしの非常に軽いウイスキーです。

さらにフィニッシュもライトであり、口のなかにあまり風味を残しません。

香味の軽さも相まって、非常に儚い印象のある仕上がりとなっています。

ハムレットは現在では極めて入手困難

ハムレットは現在市場にはほとんど出回っておらず、情報についてもほとんど得られないウイスキーです。

古酒市場にて販売が確認されているため、このウイスキーを飲んでみたい方は是非オークションや古酒市場をチェックしてみてください。

ハムレットのおすすめの飲み方は「ストレート」

ウイスキー ストレート

ハムレットは非常に軽い口当たりや香味が特徴のウイスキーであり、かつアルコール度数も40%とやや低めです。

そのため、加水すると本来の味わいを損ねてしまう可能性があります。

そのためハムレットを味わう際には、ボトルの本来の味わいをしっかり楽しめるストレートがおすすめです。

ハムレットの種類

現在流通が確認されているハムレットは、スタンダードボトルのみとなります。

ハムレット

ハムレット

ハムレットは、シェイクスピア作の悲劇の名を冠したブレンデッド・ウイスキーです。

綺麗なゴールド色と、全体的にライトな味わいと、軽く後味が残らないフィニッシュを有しています。

非常に飲みやすい反面、ピーティーさやスモーキーさが多少あることも特徴です。

ハムレットの蒸留所・歴史

ハムレットの原種を提供していたグレンスコシア蒸留所は、キャンベルタウンに創立されています。

ここはかつて蒸留所がたくさん立ち並んでおり、「世界のウイスキーの首都」と呼ばれていました。

しかし禁酒法の煽りを受け現在では蒸留所が次々と撤退してしまい、現在では蒸留所がわずか2建しか残っていません。

グレンスコシアは創業1832年の老舗蒸留所ですが、1970~1990年代まで開業と閉鎖を繰り返し、経営を安定させることが出来なかった時期があります。

そのためハムレットに関してもうまく流通させることが出来ず、現在日本では古酒市場でしか存在を確認できない希少なウイスキーとなりました。

ハムレットの製法

ウイスキー 樽

ハムレットというウイスキーは、製法について日本では情報が明らかになっていません。

キャンベルタウンのグレンスコシア蒸留所から原酒の提供を受けていたことと、ブレンデッド・ウイスキーであること以外はいまだに謎に包まれています。

原酒の提供元であるグレンスコシア蒸留所そのものが、キャンベルタウンでは非常に少ない蒸留所の生き残りである点からも、ハムレットが現在非常に希少なウイスキーとなっていることに間違いはありません。

ハムレットの次に飲みたいウイスキー

現在市場にほとんど流通していないウイスキーであるハムレットですが、原酒の製造元であるグレンスコシア蒸留所はウイスキーの製造を続けています。

2014年にロッホローモンドグループが買い取って以降、グレンスコシア蒸留所は精力的なウイスキーのリリースを行うようになりました。

ここでは現在グレンスコシア蒸留所で作られているウイスキー「グレンスコシア」を3種類紹介します。

ハムレットが気になった方は、是非グレンスコシアもチェックしてみてください。

グレンスコシア
グレンスコシアの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

グレンスコシアは、スコットランドのキャンベルタウンでつくられているシングルモルトウイスキーです。 この記事では、グレンスコシアの味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹介します。 また、併せておすすめのウ ...

続きを見る

グレンスコシア カンベルタウンハーバー

グレンスコシア キャンベルタウンハーバー

「グレンスコシア・カンベルタウンハーバー」は、100%ファーストフィルのバーボン樽で熟成を行った、シングルカスクのボトルです。

柔らかなピート香と独特の塩の香りが特徴的で、グレンスコシアらしさをしっかりと味わえるウイスキーに仕上がっています。

グレンスコシア ダブルカスク

グレンスコシア ダブルカスク

「グレンスコシア ダブルカスク」は、「スコッティッシュフィールド・ウイスキーチャレンジ」にて、見事総合一位に輝いた傑作ボトルです。

アメリカンオーク樽で熟成した原酒を、ペトロヒメネスシェリーとファーストフィルという2つの樽に分けて追加熟成させています。

原種に2つの樽由来のスパイシーさが追加され、独特の塩の香りと共存する通にはたまらないウイスキーです。

グレンスコシア15年

グレンスコシア 15年

「グレンスコシア 15年」は瓶詰めの前に吟味した原酒をアメリカンオーク樽にて後熟させ、さらにその旨さを引き出したボトルです。

ドライフルーツのような甘味の後に、グレンスコシア独特の塩の香りがあり非常にまろやか、かつ滑らかな口当たりも魅力的なウイスキーです。

まとめ

この記事ではスコットランドのギブソンインターナショナル社から販売されていた、ハムレットを紹介しました。

シェイクスピアの悲劇のような儚い風味を特徴とする美味しいウイスキーであるハムレットは、現在入手困難なウイスキーとなっています。

このウイスキーが気になった方は、是非古酒市場にて入手し、ご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーメディア