ウイスキー銘柄

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年の味・香りをレビューや口コミから評価

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年

ジョニーウォーカーブラックラベル12年は、スコットランドで作られているブレンデッドスコッチ・ウイスキーです。

この記事ではジョニーウォーカーの中から「ジョニーウォーカーブラックラベル12年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「ジョニーウォーカーブラックラベル12年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、ジョニーウォーカーのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

ジョニーウォーカーの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ジョニーウォーカーは世界で最もポピュラーなスコッチウイスキーと言われていて、200ヶ国以上で年間1億2千万本も売り上げているウイスキーです。 斜めにラベルが貼られたスタイリッシュな角瓶を、誰もが一度は ...

続きを見る

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年の特徴

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年

ジョニーウォーカーブラックラベル12年」はスコットランドの「ジョン・ウォーカー&サンズ社」で作られている、ブレンデッド・スコッチウイスキーです。

スタンダードボトルの赤よりもスモーキーな香りとレーズンやオレンジなどのフルーティーな風味、バニラのような甘みがこのウイスキーでは堪能できます。

このウイスキーのアルコール度数は40%であり、スコッチとしては平均的です。

また、コスパに優れているのも特徴の一つです。

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年の基本情報

ブランドジョニーウォーカー(JOHNNIE WALKER)
容量200ml・700ml・1000ml
アルコール度数40%
原産国スコットランド
原材料・成分モルト・グレーン

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年のテイスティングノート

濃い琥珀色
香り香り高く、良いボディを持つ。オークの香り、さわやかなスパイス、ドライフルーツ、ペストリーの香り。ベリー系の果物、アニスの実、杉のヒント、スパイスと柑橘類のタッチ。
しなやかでバランスがとれている。程よいタフィーとほのかなスモーク。チョコレート、草、モルト。
フィニッシュフローラルでオーキーな香り、長い余韻、手入れの行き届いたハイランドスタイルのスモークの香り。ドライフルーツ、スパイス、ハチミツ。

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年を4つの飲み方でレビュー

1. ストレート

ウイスキー ストレート

ジョニーウォーカーブラックラベル12年は、滑らかでストレートでも飲みやすいウイスキーです。

しっかりとしたスモーク香と果実のフレッシュな甘み、ビターなニュアンスを含んだバニラの甘い余韻が堪能できます。

2. ロック

ジョニーウォーカー 飲み方 ハイボール

ジョニーウォーカーブラックラベル12年をロックにすると、スモーク香がより力強く花開きます。

対してフルーティーな甘みは閉じていくため、ビターなテイストのウイスキーを好む方にロックはおすすめだといえるでしょう。

3. ハイボール

ハイボール

ジョニーウォーカーのハイボールは通称「ジョニーハイボール」と呼ばれる、公式でもおすすめされている飲み方です。

ジョニーウォーカーブラックラベル12年をハイボールにすると、特徴的な樽の香りやスモーク香、豊かな甘みがしっかりと花開きます。

原液1:炭酸水3で割ると、より一層美味しいハイボールを楽しむことができます。

4. 水割り

トワイスアップ 水割り

ジョニーウォーカーブラックラベル12年は水を加えるとヨード香や苦み、草のような強い癖や雑味が現れてしまうウイスキーです。

よって、水割りで飲むことはあまりおすすめできません。

口コミ・レビューでわかる「ジョニーウォーカー ブラックラベル12年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「ジョニーウォーカーブラックラベル12年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、ジョニーウォーカーブラックラベル12年を飲んだ人の評価は以下のように分かれています。

良い口コミ悪い口コミ
・コスパが非常に良い
・甘くて飲みやすい
・どの飲み方にも合う
・スモーク感や苦味が苦手
・赤は飲めるけどこれは飲めない
・上位品のゴールドには劣る

ジョニーウォーカーブラックラベル12年の良い口コミには「コスパが非常に良い」「甘くて飲みやすい」「どの飲み方にも合う」というものがありました。

12年物としてはコスパが良く、味にも優れ常飲するウイスキーとしての需要を満たしている所が、ユーザーからの評価に繋がったようです。

ジョニーウォーカーブラックラベル12年の悪い口コミとしては「スモーク感や苦味が苦手」「赤は飲めるけどこれは飲めない」「上位品のゴールドには劣る」というものがありました。

スモーク感のないウイスキーを好む方や、ある程度上のランクのウイスキーを好む方には、この銘柄はあまり口に合わないようです。

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年の良い評価・口コミ

ハイボールが最高

甘さを感じて飲みやすい

コストと味がベター

1Lボトルはコスパ抜群

安定感抜群のブレンデッドスコッチ

くじらベーコンと相性抜群

ジョニ黒のロックは最高に旨い

12年ものでこの価格はすごい

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年の悪い評価・口コミ

旨いと思えない

赤は飲めるけど黒は苦手

スモーキーな風味が苦手

アルコール感や苦味がきつい

初心者にはきつい複雑な味

ジャパニーズウイスキーより飲むのがきつい

飲めるけど旨いとは思えない

上位品のゴールドラベルに味が劣る

まとめ

この記事ではスコットランドで作られているジョニーウォーカーブラックラベル12年について紹介しました。

しっかりとしたスモーク香と果実の豊かな甘みが特徴のこのウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア