ウイスキー銘柄

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドの味・香りをレビューや口コミから評価

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド

ウイスキーを知らない人にも、その名を知られている「ジョニーウォーカー」。

世界一の販売量を誇るスコッチウイスキーで、ストライディングマン(シルクハットを被った闊歩する紳士)の絵は、知らない人がいないほど有名です。

ジョニーウォーカーの卓越したブレンド技術は、約200年以上にもわたりマスターブレンダーからマスターブレンダーへと受け継がれ、現在では世界180か国以上で販売されるまでになっています。

名実ともに世界No.1のスコッチウイスキーブランドです。

この記事ではジョニーウォーカーの中から「ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドが自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、ジョニーウォーカーのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

ジョニーウォーカーの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ジョニーウォーカーは世界で最もポピュラーなスコッチウイスキーと言われていて、200ヶ国以上で年間1億2千万本も売り上げているウイスキーです。 斜めにラベルが貼られたスタイリッシュな角瓶を、誰もが一度は ...

続きを見る

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドの特徴

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドは、ブレンダーの豊富な経験やその個性にフォーカスしたクラフトシリーズ「ブレンダーズバッチ」の1つです。

ウイスキーだけではなくワインにも精通したブレンダー「エイミー・ギブソン」によるブレンドで、ワインのように食事やデザートとともに楽しめる新しいスタイルのスコッチウイスキーを目指して作られました。

ワイン樽で熟成した原酒をブレンドしており、トフィのような甘みと華やかな香り、ベリー系のフルーツを思わせる風味が特長です。

ジョニーウォーカーらしい絶妙なバランスは残しつつ、個性あふれる仕上がりとなっています。

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドの基本情報

ブランドジョニーウォーカー(JOHNNIE WALKER)
容量700ml
アルコール度数40%
原産国イギリス(スコットランド)
原材料・成分モルト・グレーン

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドのテイスティングノート

温かみのある黄金色
香りジョニーウォーカーとしては非常にユニークな香りで、ピーチ、パイナップル、タバコ、バニラクリームなどの香りが広がる
ピート、バタークロワッサン、アプリコット、バニラクリームの明るい風味が感じられる
フィニッシュクリーンでモルティなフィニッシュに、酸味のあるフルーツとパイプタバコが加わる

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドを4つの飲み方でレビュー

1. ストレート

ウイスキー ストレート

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドをストレートでいただくと、まずベリー系の甘みが広がり、その裏にピリっとしたスパイシーさと、ほんの少し渋さを感じます。

少しアルコール感はありますが、樽香と甘酸っぱい風味がそれを気にさせません。

フィニッシュは甘さとパイナップルのようなフルーティーさがあり、穏やかに消えていきます。

個性的な味わいでありながら、ジョニーウォーカーらしいバランスの良さもあるので、初心者でもとても飲みやすいです。

2. ロック

ウイスキー ロック

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドに氷をいれると、温度変化でベリー系の香りが弱まりアルコール臭が少し目立つようになります。

その一方で味わいは滑らかさを増し、ベリー系の甘さとパイナップルのようなフルーティーさが混ざりあい、カシスのような風味にも感じられ、非常に美味しくいただけます。

味わいならこの4つの中で最も優れているので、アルコール臭が苦手でなければおすすめの飲み方です。

3. ハイボール

ハイボール

紹介する4つの飲み方で、もっともジョニーウォーカー ワインカスクブレンドと相性がよいのがハイボールです。

炭酸を加えることでパイナップルのようなフルーティーさが強調され、爽やかな飲み口になります。

ストレートの時にほんの少し感じた渋みもなくなり、逆にジョニーウォーカー ワインカスクブレンドならではのベリー系の甘みや樽香が強く現れます。

飲みやすく爽やかでありながら、ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドの良さも引き立てるおすすめの飲み方です。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドの水割りは、ストレートとはガラッと違う風味なります。

加水することで「ワインカスク」の名の通り、ワインのような果実感が前面にでてきます。

その一方でストレートではわずかにしか感じなかった渋さも強くなり、その点は好みがわかれるところかもしれません。

通常よりも少しウイスキーを多めにして強めの水割りにすると、ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドらしい個性とワイン感が楽しめておすすめです。

口コミ・レビューでわかる「ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドを飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い評価悪い評価
・コスパがよい
・フルーティーで飲みやすい
・クセがない
・軽くて弱い

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドは、ジョニーウォーカーらしいバランスの良さがありながら、ベリー系の甘さやパイナップルのようなフルーティー感を感じさせる個性的な一本です。

それでありながら飲みやすく、またリーズナブルであり、その点を評価する声はとても多かったです。

その一方、他のジョニーウォーカーでは感じられるピート感といったクセがなく、そのことを物足りない、軽い、弱いと評価する人もいました。

以下ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドを実飲された方の感想を、一部抜粋してご紹介します。

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドの良い評価・口コミ

いい意味で癖がない

コスパ良くて美味しい

想像以上にフルーティー

噂通り「コスパ最強」

評判以上の味でビックリ、コスパもいい

フルーティな飲みごたえ

ワインっぽい甘さが感じられる

後味のフルーティー×なんとなく蜂蜜感が最高においしい

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドの悪い評価・口コミ

少し生臭いような

割るといまいち

軽過ぎていまいち

ケミカルな感じ

樽香が苦手

赤ワインの香りが弱く感じる

薬品っぽい香り

まとめ

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドは、ジョニーウォーカーらしいバランスの良さがありながら、ベリー系の甘さやフルーティーさも感じさせる個性的なボトルです。

販売が終了しており段々と手に入りづらくなってきているので、見つけたらぜひ購入されることをおすすめします。

ストレートやハイボールで、自分にあった飲み方をみつけて、ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドを楽しんでください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア