ウイスキー銘柄

キルホーマン マキヤーベイの味・香りをレビューや口コミから評価

キルホーマン マキヤーベイ

キルホーマンは、2005年に設立されたスコットランド・アイラ島にあるキルホーマン蒸留所で製造されているシングルモルトウイスキーです。

キルホーマン蒸留所では、(材料の一部となる)大麦の栽培・製麦から熟成、さらにはボトリングまで蒸留所でおこなっています。

ポットスチルが2機、蒸留で使用する窯が1つあるだけの小さい蒸留所ですが、そのこだわりのウイスキーはすでに多くのファンを獲得しています。

歴史は浅いものの、キルホーマンはウイスキー愛好家の間で注目を集める銘柄です。

この記事ではキルホーマンの中から「キルホーマン マキヤーベイ」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「キルホーマン マキヤーベイが自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、キルホーマンのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

キルホーマン
キルホーマンの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

続きを見る

キルホーマン マキヤーベイの特徴

キルホーマン マキヤーベイ

キルホーマン マキヤーベイ」は、スモーキーさやヨード臭などアイラ島らしい特徴をもつシングルモルト・スコッチウイスキーです。

バーボン樽やオロロソシェリー樽で熟成させたウイスキーを使用しており、バニラビスケットのような甘さや軽やかなフルーツ、温かいピートスモークの香りが際立つ、バランスのとれた味わいに仕上がっています。

熟成年数は3~5年ほどと若いですが、ウイスキーの価値は熟成年数だけではないということを知らしめてくれる1本です。

キルホーマン マキヤーベイの基本情報

ブランドキルホーマン(Kilchoman)
容量700㎖
アルコール度数46 %
原産国スコットランド(イギリス)
原材料・成分モルト

キルホーマン マキヤーベイのテイスティングノート

ペールストロー
香り強いピートスモーク、ミックスフルーツ、バニラ、香ばしい麦
バニラ、トロピカルフルーツ
フィニッシュピートスモークを伴うフレッシュで長い余韻

キルホーマン マキヤーベイを4つの飲み方でレビュー

1. ストレート

ウイスキー ストレート

キルホーマン マキヤーベイをストレートで口に含むと、アイラモルトらしい正露丸を思わせる独特のピートが鼻に抜けていきます。

アルコールの刺激や強いピートがあり、その裏にはさまざまなフルーツを凝縮したような瑞々しい甘さも感じられます。

熟成年数の短さを感じさせない複雑な風味や香りは、まずはストレートで味わいたいところです。

2. ロック

ウイスキー ロック

キルホーマン マキヤーベイをロックにすると、アルコールの刺激が和らぎストレートよりも大分飲みやすくなります。

アルコールの刺激が抑えられたことで、フルーティーな甘みやその裏にある香ばしいナッツのような風味がダイレクトに感じられます。

時間がたち加水が進むと、モルティなコクや苦味のあるピートが顔をだし、また違った印象に。

キルホーマン マキヤーベイの魅力を余すことなく楽しみたい人におすすめの飲み方です。

3. ハイボール

ハイボール

キルホーマン マキヤーベイのハイボールは、炭酸でピートの香りやアルコールの辛みが抑えられ比較的飲みやすくなります。

爽やかさの中にも、かすかに磯っぽさやナッツのような香ばしさ、コクのある甘さが感じられ複雑でリッチな印象です。

ピートのクセをしっかり味わいたい人にはむきませんが、キルホーマン マキヤーベイの風味を爽快に楽しみたい人におすすめの飲み方です。

4. 水割り

トワイスアップ 水割り

キルホーマン マキヤーベイに加水すると香りがひらき、独特のヨード臭は控えめに、バニラのような甘さがでてきます。

口に含めばシトラス系の酸味を伴う甘さの中に、ウッディさやモルティさ、ピートや麦の香ばしさなどを感じ複雑な印象です。

アルコールの荒々しさもマイルドになり、アイラ初心者にもおすすめの飲み方です。

口コミ・レビューでわかる「キルホーマン マキヤーベイ」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「キルホーマン マキヤーベイ」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 キルホーマン マキヤーベイを飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い評価悪い評価
・バランスのとれた味わい
・程よいピート
・アルコールの刺激
・熟成不足

キルホーマン マキヤーベイの良い口コミを見ていくと、程よいピートやスモーキーさなどアイラらしさがしっかりありつつ、甘さを中心としたバランスの良い複雑な風味があるのが評価されています。

一方でアルコール感の強さなどトゲトゲしさを感じている人もおり、熟成年数の若さが気になる人も一定数いました。

以下キルホーマン マキヤーベイを実飲された方の感想を、一部抜粋してご紹介します。

キルホーマン マキヤーベイの良い評価・口コミ

やっぱりピートは良い

程よいピートスモーク

マキヤーベイほんと万能

自信を持ってお勧めできる逸品

Based on smell, taste and drinkability, I can recommend this without hesitation. Reading some of the negative comments below, I can only suggest that these people try adding cokeacola!!! Enough said.

(香り、味、飲みやすさ、どれをとっても自信を持ってお勧めできる逸品です。下記の否定的なコメントを読むと、そのような方にはコカコーラを入れてみることをお勧めします!!。)

引用:masterofmalt.com

最高の一品

My husband, a long time Islay drinker, insists this is THE BEST one he has ever tasted.

(長年アイラを愛飲している夫は、これまでに味わったことのない最高の一品だと言います。)

引用:masterofmalt.com

バランスのとれた味わい

I tasted the Machir Bay at the distillery on Islay. I had been to the Lagavulin (a personal favorite) distillery tour the day prior. Contrary to the note below, Kilchoman is on Islay. This is a delicious, peaty and fragrant whiskey. It is not as peaty as the Lagavulin 16 but is very flavorful nonetheless. I thought it had a subtle fruitiness, warm and slightly peppery finish, peaty boldness. Not too complex, but very well balanced. One to savor and enjoy. I purchased a bottle on the spot.

(アイラ島の蒸溜所でマチルベイを試飲しました。前日にはラガヴーリン(個人的に好き)の蒸留所ツアーに行っていた。下の注意書きとは逆に、キルホーマンはアイラ島にあります。このウイスキーはピートが効いていて香りの良い美味しいウイスキーです。ラガヴーリン16ほどのピート感はありませんが、それにしても非常に風味豊かです。繊細な果実味、温かみのある少し胡椒の効いた後味、ピートの大胆さがあると思いました。複雑すぎず、非常にバランスのとれた味わいです。味わい深い一本です。私はその場でボトルを購入した。)

引用:masterofmalt.com

素晴らしいフィニッシュ

Tastes warm and peaty. Not a lot of smoke on the nose but a little vanilla, and a touch of fruit. Nice finish with lots of peaty peppery goodness.

(味は暖かく、ピートの香りがする。スモークの香りはあまり感じられないが、少しバニラとフルーツの香りがする。ピートの効いた胡椒のような風味が感じられる素晴らしいフィニッシュです。)

引用:masterofmalt.com

キルホーマン マキヤーベイの悪い評価・口コミ

強烈なアルコールの刺激

熟成不足

Not the best

Relies too much on the peat. Not a smooth finish and underaged

(ベストではない

ピートに頼りすぎている。滑らかな仕上がりではなく、熟成不足)

引用:masterofmalt.com

汗をかいた靴下を焼いたような味

Not good too smoked

Tasted like someones sweaty sock had been barbecued
(スモークが効いていて美味しくない

汗をかいた靴下を焼いたような味がする。)

引用:masterofmalt.com

ちょっと味気ない

Soft tar smoke, and not much else.

Reminded me of Oban. Unassuming but a bit bland.

Like Oban, it's also £10 more than I judge it's worth.

(柔らかいタールの煙で、他には何もない。

オーバンを思い出した。地味ですが、ちょっと味気ないですね。

オーバンのように、私が価値があると判断した金額よりも10ポンドも高いです。)

引用:masterofmalt.com

もっと熟成させる必要がある

Young, harsh aggressive. Needs more aging. Over priced. There are better Islay malts out there. Prefer Lavagulan or Laphroaig.

(若く、厳しい攻撃性がある。もっと熟成させる必要がある。値段も高い。もっと良いアイラモルトがある。ラバグランやラフロイグの方がいい。)

引用:masterofmalt.com

非常に若くて値段の高いアイラモルト

A very young and over priced Islay malt for me. Rather spend a few pounds extra for an Ardbeg 10 or even another tenner for Lagavulin 16. It's very bland, simply peat smoke overload with a hint of tropical fruit and vanilla.

(私にとっては、非常に若くて値段の高いアイラモルトです。アードベッグ10に数ポンド、ラガヴーリン16に10ポンドを追加した方が良い。非常に淡白で、単にピートの煙が多く、トロピカルフルーツとバニラの香りがします。)

引用:masterofmalt.com

ポケットには厳しい(=高い)

Spotted this in The Britannia pub, a short walk away from the Shard in London. Great pub with a huge range of whiskies, including this one. The merest splash of water opened it up, and there it was, smoky loveliness. Not overpowering or medicinal but smoky enough. A smashing dram, but at the price I would have been sneaped if it hadn't been. Lovely but fierce on the pocket.

(ロンドンのシャードから歩いてすぐのところにあるThe Britanniaというパブで見つけました。このウイスキーを含め、様々な種類のウイスキーが揃う素晴らしいパブです。ほんの少しの水をかけるだけで、そこにはスモーキーな愛らしさがでてきます。力強さや薬っぽさはないが、十分にスモーキーである。素晴らしい1杯ですが、この価格でそうでなかったら、私は馬鹿にされていたと感じたでしょう。素敵だけど、ポケットには厳しい。)

引用:masterofmalt.com

まとめ

キルホーマン マキヤーベイは若い熟成年数でありながら、複雑な風味とリッチなコクをもつ完成度の高い1本です。

アルコールの荒々しさや強いスモーキーさがあるので、決して初心者むけのウイスキーとは言えませんが、その力強いクセや風味は一度はまるとたまらなく美味しく感じるものです。

ハイボールやロックなど、自分に合った飲み方でキルホーマン マキヤーベイを楽しんでください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア