キルケラン12年の味・香りをレビューや口コミから評価

キルケラン12年

キルケラン12年は、スコットランドのキャンベルタウンで作られているシングルモルト・ウイスキーです。

この記事ではキルケランの中から「キルケラン12年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「キルケラン12年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、キルケランのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

あわせて読みたい
キルケランの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説 キルケランは、グレンガイル蒸留所で生産されているシングルモルトウイスキーです。 この記事では、キルケランの味わいや特徴、歴史や製造方法などを紹介します。 記事...
目次

キルケラン12年の特徴

キルケラン12年

キルケラン12年」はスコットランドのキャンベルタウンのミッチェルズ・グレンガイル蒸溜所で作られているウイスキーです。

甘じょっぱいキャンベルタウン・ウイスキー独特の風味とピート・スモーク香、ライムのなどの柑橘香が混ざった複雑な味わいが楽しめます。

アルコール度数は46%とスコッチとしてはやや高めです。

価格は700ml6,000円程度ですが、時価により高騰することがあります。

キルケラン12年の基本情報

ブランド キルケラン(Kilkerran)
容量 700ml
アルコール度数 46%
原産国 スコットランド(キャンベルタウン)
原材料・成分 モルト

キルケラン12年のテイスティングノート

琥珀色
香り 海風を伴ったピートに蜜蝋、バニラ、リコリスが徐々に混ざり合い、柔らかで甘いアロマへと変化。時間と共に爽やかなライムやレモンの皮、ホワイトペッパーが顔を覗かせます。
キャンベルタウンモルトらしい潮気と共にメロン、蜂蜜、トフィー、そしてピートスモークが心地よく混ざり合い、ジンジャーブレッドへと変化して行きます。
フィニッシュ フィニッシュにコーヒービーンズチョコのほろ苦い甘さが続きます。

キルケラン12年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、キルケラン12年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

キルケラン12年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

キルケラン12年は甘さの中にある塩辛さや、独特のピート香が特徴のウイスキーです。

味にトゲがないため、ストレートで飲むにも適しています。

2. ロック

ウイスキー ロック

キルケラン12年をロックにすると、青リンゴのような香りや品のある塩気が強まります。

しかし、苦味やタンニン感も強まるため、苦味のあるウイスキーが苦手な方にこの飲み方はおすすめできません。

3. ハイボール

ハイボール

キルケラン12年を炭酸水で割ると、塩気とフルーツ香のバランスが取れたハイボールに仕上がります。

爽やかで飲みやすく、かつ塩気や旨味もあるため、キルケラン12年を味わう際にはおすすめの飲み方です。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

キルケラン12年を水割りにすると、爽やかなフルーツ香とバニラの甘い香りが花開きます。

加水に強いウイスキーなので、水を加えてもキルケラン本来の甘じょっぱさやピート香は薄れません。

口コミ・レビューでわかる「キルケラン12年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「キルケラン12年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 キルケラン12年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い口コミ 悪い口コミ
・甘じょっぱさが癖になる
・スプリングバンク好きにおすすめ
・どの飲み方でも飲みやすい
・味が平凡すぎる
・価格高騰がありがち

キルケラン12年の良い口コミには「甘じょっぱさが癖になる」「スプリングバンク好きにおすすめ」「どの飲み方でも飲みやすい」というものがありました。

キルケラン12年は、熱狂的なファンが多いキャンベルタウン・ウイスキー好きからの評価が特に高い傾向にありました。

スプリングバンクよりも安くクオリティもしっかりしたキャンベルタウン・ウイスキーとして、高評価を獲得しています。

キルケラン12年の悪い口コミとしては「味が平凡すぎる」「価格高騰がありがち」というものがありました。

日本ユーザーからの低評価はほとんど見られないキルケラン12年ですが、海外ユーザーからは味わいが平凡すぎるという意見も見られました。

なお、キルケラン12年は希少価値が高いキャンベルタウン・ウイスキーであるため、価格が高騰しがちなようです。

キルケラン12年の良い評価・口コミ

ストレートでも角がとれていて飲みやすい

甘味と塩気のバランスが良い

甘くスパイシーで激ウマ

ロックがおすすめ

ブリニー&ビターな印象

バランスの良いシングルモルト

甘さのなかに感じるしょっぱさが絶妙

オールド好きにおすすめ

キルケラン12年の悪い評価・口コミ

12年にしてはきつかった

値段がやや高騰しがち

はじめは匂いが苦手だった

スパイシーさが好きではない

私は普段レビューを書かないのですが、今回は書かなければならないと思いました。

誇大広告や上記のような完璧なテイスティングノートの後に、ようやくボトルを手に入れることができました。

香りは素晴らしいのですが、味と後味が私の好みではないと言わざるを得ません。

このウイスキーが12年ものであることは理解していますし、奇跡を期待してはいけませんが、寛大なテイスティングノートの後では、もっと期待していました。

非常にスパイシーでコショウが効いていて、個人的にはあまり好きではありませんでした。

ベルベットでスムーズ?誰かこのテイスティングノートを書きながら実際に飲んだ人はいますか?2本目のボトルがありますので、お探しの方はどうぞ。

(I'm not usually someone who writes reviews but felt I had to on this occasion. Finally managed to get a bottle after all the hype and the rather faultless tasting notes listed above. I must say that the nose is divine but the taste and finish are not to my taste. I understand that this is a 12 year old whisky and never expect miracles but after the generous tasting notes, I expected more. I find this to be extremely spicy and peppery which is something I'm not personally keen on. Velvet and smooth? Anyone actually taste this whilst writing the tasting notes? I have a second bottle available if anyone is struggling to find one :-()

引用:masterofmalt.com

スプリングバンクほど複雑ではない

期待していたものとは全く違っていて、このウイスキーが何になりたいのかわからない...。

スプリングバンク、ロングロウ、ヘーゼルバーンは私の絶対的なお気に入りのウイスキーです。

同じような品質と複雑さを期待していましたが、これはそれには及びません。

20~25%安い価格で、少なくとも12種類のより良い製品を挙げることができます。残念ですが...。

(Definitely not what I expected, not sure what this whisky wants to be... Springbank, Longrow and Hazelburn are my absolute favourite whiskys. I was expecting a similar level of quality and complexity, but this is not close. I can name at least a dozen different better offerings at 20 - 25% lower cost. Sorry...)

引用:masterofmalt.com

平凡で驚きのないウイスキー

モルティでビスケットのような味わいで、これは短時間の発酵によるものかもしれませんが、そうでない場合は、乳酸菌が十分に活動してアセテートエステルとエチルエステルを抑え、フルフラールを促進していると考えられます。

オークも非常に顕著で、ファーストフィルカスクであることを示唆している。

5ppm程度の低レベルのピート香、あるいは非常に焦げたアメリカン・ホワイト・オークからガイアコールが放出されたのか、わずかな煙が出ている。

しかし、これは平凡で驚くべきことではありません。

(Found it malty, biscuity, which might come from a short fermentation, but if not then Lactobacilli have been active enough to suppress acetate esters and ethyl esters and promote furfural. Oak is very noticeable also, suggesting a first fill cask. Some little smoke from either low level Peating 5ppm or a highly charred American White Oak releasing guaiacols into the spirit. Didn't find this remarkable tbh.)

引用:masterofmalt.com

味に多面性がない

悪くないけど、多面性はないかな。

(not bad a bit one dimensional)

引用:whiskybase.com

まとめ

この記事ではスコットランドのキャンベルタウンにある「ミッチェルズ・グレンガイル蒸溜所」で作られているキルケラン12年について紹介しました。

甘じょっぱい塩の風味やスパイシーな香り、ピートスモーク香などが揃った複雑な味わいが特徴の、このウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

このページをシェアする
目次
閉じる