ウイスキー銘柄

ウイスキー香薫の種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ウイスキー香薫

香薫(こうくん)は、総合酒類事業を展開するオエノングループの1社の合同酒精が製造するウイスキーです。

この記事では、香薫の味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹介します。

また、併せておすすめのウィスキーをご紹介します。

読み終わる頃には香薫が飲みたくなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

香薫の特徴・概要

香薫は、総合酒類事業を展開するオエノングループの合同酒精がつくっているウイスキーです。

オエノングループは、さまざまなウイスキーを取り揃えていて、香薫その代表格のウイスキーになります。

香薫の味・香りの特徴

少し杏感のある古びた樽、湿り気のある土間や土壁、少しオイリーな香りの立ち方があり、うっすらとスモーキーさも感じます。

かなり古い樽を使っているのか、古木というよりは枯木のような印象を受ける香りです。

味わいは、杏香に苦味に、ぱさついた麦や蝋燭の蝋を感じます。スピリッツのアルコール感はありますが、度数が低いためか刺激は対して強くありません。

そのため、ウイスキーのアルコールがキツイという方にもおすすめできるボトルです。

価格がリーズナブルで豊富なラインナップ

香薫は、オエノングループの中心的存在なお酒で自宅で気軽に飲むのにうってつけなウイスキーです。

とても良心的な価格でありながらアルコール度数37度というライトな飲みで、国内で広く好評を博しています。

また、容量のバリエーションも豊富に取り揃えていることも特徴の一つです。

香薫のおすすめの飲み方は「ハイボール」

ハイボール

香薫のホームページにもおすすめの飲み方としてハイボールで紹介されています。

「厳選した2種類の原酒をブレンドし、ほのかなスモーキーフレーバーが薫るハイボールに最適な味わいを実現。コストパフォーマンスに優れた商品です。」とあります。

気軽に飲めるウイスキーなので、自分なりにアレンジしたハイボールを探せば無限の味わいを楽しめることでしょう。

香薫の歴史

合同酒精 オエノングループ

出典:oenon.jp

香薫を製造する合同酒精は、元々はしそ焼酎の鍛高譚で名高い老舗の焼酎メーカーでした。

その歴史は、1880年に初代の神谷傳兵衛(かみやでんべえ)が東京の浅草で、酒の一杯売りをする「みかはや銘酒店」を開いたことに始まりでした。

ちなみに、現在のみかはや銘酒店は、日本初のバー「神谷バー」として広く知られる存在になっています。

1900年に、傳兵衛が日本酒精製造を設立して、民間初のアルコール製造に着手しました。その後、1924年に焼酎メーカー4社が合併し、合同酒精が誕生したのです。

オエノンホールディングスとして、持株会社体制に移行したのは、2003年のこと。前後して、福徳長酒類など中堅酒類メーカーを傘下に収め、幅広い酒類の製造販売を中心に、多角的に事業を展開する一大グループへと成長しています。

その後、2013年に香薫プレスリリースされました。

香薫の製法

詳しい情報は出回っていませんが、ホームページに「香薫は厳選された3種類の原酒をブレンドされています。

その結果、ほのかなスモーキーフレーバーが薫る味を実現しました。」と記載がされています。

そのアピールポイント通りに、ハイボールで飲むことで、気軽に味わいを楽しむことができます。

香薫好きにおすすめウイスキー

合同酒精は「香薫」以外にも話題性に富む数々の洋酒を提供しています。

その合同酒精が取り扱うウイスキーについてご紹介します。

マッキンレー レア・オールド ハイランド・モルト・ウイスキー


マッキンレー レア・オールド ハイランド・モルト・ウイスキーは、マッキンレー家に伝わる秘伝のブレンデッドウイスキーで、スムース&メローなテイストはスコッチの伝統があるウイスキーです。

とても複雑味があってクラシカルな味わいなのが特徴的です。

無銘


無銘は、多彩な原酒を独自の製法とブレンド技術で仕上げたブレンデットウイスキーです。

香りは、ラム酒っぽい甘い感じになります。

味わいは、日本酒や熟成させた麦焼酎のようなフルーティさがあり、奥からバニラやウエハースを感じさせます。

まとめ

合同酒精で製造されている香薫についてご紹介しました。

鍛高譚で名高い老舗の焼酎メーカーが努力でつくりあげたウイスキーです。

コストパフォーマンスにも優れているこのウイスキーは気軽に飲むことができます。

この記事で興味を持った方は、香薫を是非ご賞味ください。

-ウイスキー銘柄

© 2020 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーメディア