ウイスキー銘柄

ラガヴーリン16年の味・香りをレビューや口コミから評価

ラガヴーリン16年

ラガヴーリンは、スコットランドのアイラ島で作られているアイラ・ウイスキーです。

この記事ではラガヴーリンの中から「ラガヴーリン16年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「ラガヴーリン16年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、ラガヴーリンのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

ラガヴーリン
ラガヴーリンの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

続きを見る

ラガヴーリン16年の特徴

ラガヴーリン16年

ラガヴーリン16年」はスコットランドのアイラ島の「ラガヴーリン蒸留所」で、作られているアイラ・ウイスキーです。

ラガヴーリン16年は、アイラ・ウイスキーの中でも特に甘みが強い銘柄です。

広大な海を思わせるピート・スモークの香りと、甘くしっかりとした濃厚な味わいがこのウイスキーでは楽しめます。

アルコール度数は43%とアイラ・ウイスキーとしては平均的です。

ラガヴーリン16年の基本情報

ブランドラガヴーリン(Lagavulin)
容量700ml
アルコール度数43%
原産国スコットランド(アイラ島)
原材料・成分モルト

ラガヴーリン16年のテイスティングノート

濃い黄金色
香りアイラの中でも最もスモーキーな香りの一つ。大きく、非常に凝縮されていて、ヨード、甘いスパイス、良質で成熟したシェリー、クリーミーなバニラの香り
とても濃厚でリッチ。モルトとシェリーのどっしりとした口当たりで、フルーティーな甘さがよく出ているが、素晴らしい甘さでもある。大きくて力強いピートとオーク
フィニッシュロングでスパイシーなフィニッシュ、イチジク、ナツメヤシ、ピートスモーク、バニラ

ラガヴーリン16年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、ラガヴーリン16年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

ラガヴーリン16年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

ラガヴーリン16年は、甘く濃厚でしっかりとしたピート・スモーク感が楽しめるウイスキーです。

このウイスキー特有の力強く芳醇な味わいを楽しみたい方には、ストレートは最もおすすめの飲み方だといえるでしょう。

2. ロック

ウイスキー ロック

ラガヴーリン16年をロックにすると、原液が冷やされたり加水されたりすることにより、微妙な味の変化を楽しめるようになります。

ロックではスモーキーな香りは損なず、かつ甘さやフルーティーさなどラガヴーリンの様々な味の特徴を堪能できます。

3. ハイボール

ハイボール

ラガヴーリン16年をハイボールにすると、このウイスキー独特の甘くスモーキーな香りが炭酸によってふわりと舞い上がり強く香るようになります。

加水されることによりアルコールの刺激感も少なくなり、飲みやすくなるのもハイボールの特徴です。

4. 水割り

トワイスアップ 水割り

ラガヴーリン16年を水割りにすると、アルコール特有の刺激感が薄まり、このウイスキー独特の香りがしっかりと花開きます。

ラガヴーリン独特の甘くスモーキーな味わいと香りを楽しむには、希釈に使う水は常温にしておくのがおすすめです。

口コミ・レビューでわかる「ラガヴーリン16年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「ラガヴーリン16年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 ラガヴーリン16年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い口コミ悪い口コミ
・アイラとしては甘い味わいで美味しい
・濃厚でリッチな旨みがある
・ピート・スモーク感がたまらない
・アイラとしては甘すぎる
・ピート・スモークに焦げ臭さがある
・コルクにカビが発生しやすい
・前と味が変わった

ラガヴーリン16年の良い口コミには「アイラとしては甘い味わいで美味しい」「濃厚でリッチな旨みがある」「ピート・スモーク感がたまらない」というものがありました。

アイラ・ウイスキーとしては甘くて飲みやすく、かつしっかりとピート・スモーク香が楽しめる点が良い評価に繋がったようです。

ラガヴーリン16年の悪い口コミとしては「価格が高騰している」「ピート・スモークに焦げ臭さがある」「コルクにカビが発生しやすい」「前と味が変わった」というものがありました。

以前からこのウイスキーを愛飲していた方からは、前と味が違うという意見が多くありました。

また、アイラとしては味が甘すぎるという意見もあります。

この甘い味が好きという方もいるため、ラガヴーリン16年は人によって好みが別れるウイスキーであるといえるでしょう。

ラガヴーリン16年の良い評価・口コミ

スモーキーで甘く存在感のあるお酒

ドクターペッパー割りが美味

アイラとしては甘くて好き

アードベックよりも好み

リッチでスモーキーな巨人

スモーキーな中に甘さを感じる

濃くて強くて旨い男らしい味

甘さもピート感も楽しめる

ラガヴーリン16年の悪い評価・口コミ

以前と味が変わってしまった

価格が高騰している

16年ものは甘すぎる

人を選ぶ味

コルクにカビが頻発

水割りは合わない

ピート香というよりは焦げ臭い味

昔より入手しにくくなった気がする

まとめ

この記事ではスコットランドのアイラ島にある「ラガヴーリン蒸留所」で作られているラガヴーリン16年について紹介しました。

濃厚で芳醇な甘さと力強いピート・スモーク香が特徴のこのウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア