ウイスキー銘柄

ラガヴーリン8年の味・香りをレビューや口コミから評価

ラガヴーリン8年

ラガブーリンはスコットランド・アイラ島南部にあるラガブーリン蒸留所でつくられています。

アイラ島南部といえばアードベッグやラフロイグといった個性的なウイスキーを作る蒸留所がありますが、このラガブーリンも非常にスモーキーでピーティー。

アイラ島の巨人とも称される強烈なフレーバーを持っています。

1816年創業の長い歴史をもつラガブーリン蒸留所は、アイラモルトを語るうえで絶対に外せない銘柄です。

この記事ではラガヴーリンの中から「ラガヴーリン8年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「ラガヴーリン8年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、ラガヴーリンのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

ラガヴーリン
ラガヴーリンの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ラガヴーリンは、スコットランド産のシングルモルトウイスキーです。 ウイスキーの聖地であるアイラ島で作られており「アイラの巨人」と称賛されています。 極めてピーティーかつスモーキーな味わいと、潮の香り、 ...

続きを見る

ラガヴーリン8年の特徴

ラガヴーリン 8年

ラガブーリン8年」は、ラガブーリン蒸留所200周年を記念して作られたボトルです。

2018年からは定番商品として販売されています。

その味わいは強烈なピートとヨード香の中に、フレッシュな甘さやナッツのような香ばしさがあり複雑で繊細な印象です。

8年熟成の若い1本ですが、アルコールの刺激は比較的少なく重厚な風味が楽しめます。

ラガヴーリン8年の基本情報

ブランドLagavulin(ラガブーリン)
容量700ml
アルコール度数48%
原産国スコットランド(イギリス)
原材料・成分モルト

ラガヴーリン8年のテイスティングノート

明るい黄金色
香り塩漬けポップコーン、蜂蜜でローストしたナッツ、タール状のロープ、刻みたての杉の軽いニュアンス。焦がした砂糖のような甘さが長く続く
スモーキーなピート、コリアンダーシード、バーレーシュガー、クミンパウダー、スモークキッパー、マジパンの順で現れる
フィニッシュアップルクランブル、トーストしたアーモンドと灰が何層にも重なっている。最後にクッキングスパイスのキックがある

ラガヴーリン8年を4つの飲み方でレビュー

1. ストレート

ウイスキー ストレート

ラガブーリン8年をストレートで口に含むと、ラガブーリンらしい強烈なヨード香と、レモンのような爽やかな香りが鼻にぬけていきます。

その味わいはスモーキーでモルティ―、その裏にはレーズンのような甘さも見え隠れします。

若干のアルコールの辛みや刺激はありますが、全体的に円やかで重厚な印象です。

ラガブーリン8年のストレートは、ラガブーリンの風味をダイレクトに味わいたい人におすすめの飲み方です。

2. ロック

ウイスキー ロック

ラガブーリン8年をロックにするとヨード香は少し控えめになり、代わりにレモンやライムといった柑橘系の爽やかな香りが前面にでてきます。

味わいも果物のような爽やかな風味と甘さが中心で、ストレートとは違った印象です。

ラガブーリン8年のロックは、ラガブーリン8年を円やかな飲み口で味わいたい人におすすめです。

3. ハイボール

ハイボール

ラガブーリン8年をハイボールにすると、ピートと炭酸が合わさってラガブーリン独特の正露丸のような香りを強く感じます。

味わいも酸味が前面にあり、その後レーズンのような甘みがでてきます。

ラガブーリン8年のハイボールは、ラガブーリンのピートや潮気を爽やかに味わいたい人におすすめの飲み方です。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

ラガブーリン8年に加水をすると、ラガブーリン独特のスモーキーさやピートが穏やかになり柔らかな甘さを感じます。

ラガブーリンらしさはありながら、すっきりした口当たりです。

ラガブーリン8年の水割りは、ラガブーリン8年をゆっくりと円やかに楽しみたい人におすすめの飲み方です。

口コミ・レビューでわかる「ラガヴーリン8年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「ラガヴーリン8年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 ラガヴーリン8年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い評価悪い評価
・フレッシュな風味
・スモーキーでピーティー
・若くとげとげしい
・ちょっと高い

ラガブーリン8年の良い口コミを見ていくと、ラガブーリンらしいガツンとくるピートやスモーキーさを、フレッシュな風味で味わえるところに多くの良い評価が集まっていました。

8年熟成の若い1本ながら、重厚感があるところも高評価につながっているようです。

悪い口コミとしては、アルコールの刺激がありとげとげしいという声がちらほら見受けられました。

以下ラガヴーリン8年を実飲された方の感想を、一部抜粋してご紹介します。

ラガヴーリン8年の良い評価・口コミ

豊かな香味

ハイボール美味しい

スモーキー過ぎるの苦手でも良い感じ

16年と比べて軽めだけど華やかさは上な気がする

16年と比べて荒々しさと言うかクセが強い

正露丸っぽさもあり果実感もある

8年ながら流石に王道の味

潮っぽさがガツンとくる

ラガヴーリン8年の悪い評価・口コミ

嫌いじゃないけどアードベックのほうが良い

若々しい

荒々しいピート臭が強烈

こんな薄かったかな

若くて風味が強い

最悪のウイスキー

This could be the worst Whisky I've ever tasted.48% so I tried adding a drop of water,did not help.Atrocious stuff and not cheap either.I could have got Laphroaig 10yr for $20 less.

(これは、私が今まで味わった中で最悪のウイスキーかもしれません。48%なので、水を1滴加えてみましたが、何の役にも立ちませんでした。)

引用:masterofmalt.com

安い蒸留酒のような味

kinda tastes like strong peat and cheap spirits. tastes like it say outside in a cedar forest with the cap off then someone added rubbing alcohol

(強いピートと安い蒸留酒のような味。杉の森の中でキャップを外して、誰かが消毒用アルコールを加えたような味。)

引用:masterofmalt.com

まとめ

ラガブーリン8年は、ラガブーリンらしいパンチのきいた風味をフレッシュに味わえる1本です。

数々の国際的な賞をうけていることからも、その完成度の高さがわかります。

ロックや水割りなど自分に合った飲み方で、ラガブーリン8年を楽しんでください。

-ウイスキー銘柄

© 2022 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア