ウイスキー銘柄

ラフロイグ18年の味・香りをレビューや口コミから評価

ラフロイグ18年

ラフロイグは、スコットランドアイラ島にあるラフロイグ蒸留所で作られています。

スモーキーでオイリー、塩を感じるドライな後味など、ラフロイグの独特で主張の強い風味は「好き」か「嫌い」かはっきりわかれることが多いです。

しかしその強烈で個性的な風味の中には、バニラのような甘さや複雑な味わいもあり、「アイラモルトの王」とも呼ばれるのも納得の銘柄。

世界中にファンをもつ、イギリス王室御用達のウイスキーです。

この記事ではラフロイグの中から「ラフロイグ18年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「ラフロイグ18年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、そもそもラフロイグのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

ラフロイグ
ラフロイグの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ラフロイグは、独特な香りを持つアイラ島で作られるウイスキーです。 その強い独特な香りのピート・ヨード香を薬品に例える人が多いです。 そんなクセのあるラフロイグは、多くの人から愛されています。 イギリス ...

続きを見る

ラフロイグ18年の特徴

ラフロイグ18年

ラフロイグ18年」は、バーボン樽で18年以上長期熟成した原酒をヴァッティングして作られています。

ラフロイグらしい潮の香りやピートに加え、長期熟成ならではの円やかさとバニラを思わせる甘みがあるのが特徴です。

ダークチョコレートのような甘みとビターさを伴う穏やかな余韻まで心地の良い、ラフロイグの中では比較的飲みやすい1本です。

残念ながらラフロイグ18年はすでに終売しており、市場ではプレミア価格で取引されることが多くなっています。

ラフロイグ18年の基本情報

ブランドラフロイグ(LAPHROAIG)
容量700ml
アルコール度数48%
原産国イギリス(スコットランド)
原材料・成分モルト

ラフロイグ18年のテイスティングノート

明るい黄金色
香り香りはソフトで穏やかなピートと、繊細なスモークの香りに続いて、ピートの効いたフルーツと海の塩が感じられる。
味わいはオフドライで、モルトとピートの煙が強く少し酸味があり、後味にタバコとナツメグが感じられる。
フィニッシュバランスのとれたフィニッシュは中程度の長さでドライ、ピートモルト、海辺の焚き火、バニラの香りがする

ラフロイグ18年を4つの飲み方でレビュー

1. ストレート

ウイスキー ストレート

ラフロイグ18年のもつフルーティーでピートのきいた風味をダイレクトに味わいたいのであれば、まずはストレートがおすすめです。

口に含めば、ラフロイグらしいピートと穏やかなスモークが鼻にぬけていきます。

その味わいは良い意味でラフロイグらしくない円やかな甘味があり、荒々しさを感じるラフロイグ10年とはまったく違うものになっています。

ラフロイグといえば「好き」か「嫌い」かはっきりわかれる銘柄ですが、このラフロイグ18年はストレートでも比較的飲みやすいです。

2. ロック

ウイスキー ロック

この4つの飲み方の中で、一番のおすすめがロックです。

ラフロイグ18年をロックにすると、氷による温度変化で、ストレートのときはメインにあったフルーティーな甘さが控え目になります。

そのかわり「これぞラフロイグ!」とでもいうようなピートが前面にでてきて、ラフロイグらしい強烈な個性を味わうことができます。

氷がとけ加水がすすむと香りがひらき、今度はフルーティーな甘さがひろがります。

ラフロイグ18年のさまざまな風味を堪能できる飲み方です。

3. ハイボール

ハイボール

ラフロイグ18年をハイボールにすると、炭酸とラフロイグ18年のフルーティーな甘さが合わさって軽やかで爽やかな飲み口になります。

爽快な飲み口ですがラフロイグらしいピートやダークチョコレートを思わせるビターな甘さも感じることができ、贅沢な1杯です。

アルコール感も和らぎ、ウイスキー初心者にもおすすめな飲み方です。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

ラフロイグ18年に加水すると、香りがひらきバニラや熟したフルーツのような甘い香りが口いっぱいにひろがります。

風味は甘さのなかにほのかな酸味やラフロイグらしいピートもあり、華やかでありながら複雑です。

アルコールの角がとれ円やかな飲み口になるので、ラフロイグ18年らしい風味をゆったりと楽しみたい人におすすめの飲み方です。

口コミ・レビューでわかる「ラフロイグ18年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「ラフロイグ18年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 ラフロイグ18年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い評価悪い評価
・甘味とピートのバランス
・滑らかな口当たり
・平凡すぎる
・値段が高い

ラフロイグ18年の良い口コミや評価を見ていくと、ラフロイグらしいピートがありつつ甘味を感じる円やかな仕上がりになっており、そのバランスが最高に良いという声が多かったです。

また48%というアルコールを感じさせない滑らかな口当たりも高評価のようです。

一方で、ラフロイグに強烈な個性をもとめる人からは、ラフロイグ18年の円やかさや甘味が「平凡」と評価されています。

ラフロイグ18年はすでに終売しておりプレミア価格で取引されていることから、値段が高すぎるという声も多かったです。

以下ラフロイグ18年を実飲された方の感想を、一部抜粋してご紹介します。

ラフロイグ18年の良い評価・口コミ

口豊かな甘い香りとラフロイグ特有のピーティー

口なんでこんなにうまいのか

あとに残る香りが甘い

滑らかに入ってきてよかった

丸みのある味わい

神々の蜜

As an older Laphroaig, it is rounder and more "laid back" than it younger siblings. I love this. The nectar of the gods.
(古いラフロイグとしては、若いラフロイグよりも丸みを帯びていて、より「ゆったり」としています。私はこれが大好きです。神々の蜜だ。)

引用:thewhiskyexchange.com

このウイスキーは本当に素晴らしい

This whisky is absolutely divine. The peat is there but nowhere near as intense as the 10 year old. There is an underlying sweetness that is brought to the front with a few drops of water.

(このウイスキーは本当に素晴らしい。ピートが効いていますが、10年物のような強烈さはありません。数滴の水で甘みが前面に出てきます。)

引用:thewhiskyexchange.com

信じられないほどの美味しさ

Couldn't believe what 3 eye drops of water does to open the flavour. Incredibly good taste

(水を3滴たらすだけで、こんなにも味が変わるのかと驚きました。信じられないほどの美味しさ)

引用:thewhiskyexchange.com

ラフロイグ18年の悪い評価・口コミ

物足りなさ過ぎる

オークとハーブが強すぎる

Whisky, which has its merits, but is too oaky and herbal for my taste. Like a walk in the woods after rain.

(ウイスキー、それはそれで良さがあるのだが、私の好みではオークとハーブが強すぎる。雨上がりの森の中の散歩のように。)

引用:whiskybase.com

もう少し複雑さがあれば

A little more complexity on the palate and he would crack the 90. Nevertheless, an excellent whisky.

(味わいにもう少し複雑さがあれば、90点を突破できるでしょう。とはいえ、素晴らしいウイスキーです。)

引用:whiskybase.com

薄い

leaving Medium-long, with smoke, oak, coal and caramel fuller, more complex, and denser than the "normal" 10's, but it lacks a bit of that Phenolic sweetness, which is so "typical Laphraoig", the nose is great with intense vanilla and smoke, but in the mouth for 18 years something " thin".

(ミディアムロング、スモーク、オーク、石炭、キャラメルの香りが「通常の」10年代よりも充実していて、より複雑で濃厚だが、「典型的なラフロイグ」であるフェノールの甘さが少し足りない。鼻は強烈なバニラとスモークで素晴らしいが、口に含むと18年ものにしては「薄い」)

引用:whiskybase.com

なぜラフロイグはこれに着色料を加えたのか?

Very good! But why has Laphroaig added colouring (E150A) to this?

This 18 yo has an almost opposite character from the 10 yo. The 10 is hefty on the nose, but surprising sweet and gentle in taste and finish. The 18 yo is still complex, but more gentle on the nose, but a kickboxer in the taste, and especially the finish. Be aware, the gentleness is still relative: we are talking of Laphroaig here!

(とてもいい!しかし、なぜラフロイグはこれに着色料(E150A)を加えたのか?

この18歳のワインは、10歳のワインとはほとんど正反対の性格を持っています。10は、香りは重厚だが、味と後味は驚くほど甘くて優しい。18歳の方は、複雑な香りはそのままに、より穏やかな味わいになっていますが、味わい、特にフィニッシュはキックボクサーのようです。ただし、この優しさは相対的なもので、ここではラフロイグの話をしているのだから、注意が必要だ。)

引用:whiskybase.com

シェリー樽の割合がラフロイグに合っているとは思えません

This was a decent expression of Laphroaig (and a good whisky). It reminded me of Ardbeg Uigeadail, but, compared to the Uigeadail, Laphroaig 18 lacked clarity on the palate. What is more, I don`t think this proportion of sherry casks suits Laphroaig. It`s not enough to be a "sherried" whisky, but the balance is certainly skewed in favour of sherry. Good whisky, but not great - especially considering the price.

(これはラフロイグのまともな表現(そして良いウイスキー)でした。アードベッグ・ユーゲデイルを思い出しましたが、ユーゲデイルに比べると、ラフロイグ18は味わいに透明感がありませんでした。さらに、私はこのシェリー樽の割合がラフロイグに合っているとは思えません。シェリー・ウイスキーというには不十分だが、バランスがシェリーに偏っているのは確かです。良いウイスキーですが、偉大ではありません-特に価格を考えると。)

引用:whiskybase.com

個性が失われている

Well composed and fully matured. Much more elegant compared to the 10yo. Maybe a little too smooth, lost some of it's character.

(しっかりとした構成で、十分に熟成しています。10年物と比べると、よりエレガントになっています。少し滑らかすぎて、個性が失われているかもしれません。)

引用:whiskybase.com

まとめ

ラフロイグ18年は、ラフロイグらしいピートといった個性がありつつ、長期熟成ならではの円やかな甘さのある、非常に贅沢でバランスの良い風味をもつ1本です。

すでに終売ということで手に入りづらくなっていますが、ラフロイグ18年を手に入れられたなら、ストレートや水割りなど自分に合った飲み方でラフロイグ18年を楽しんでください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア