ウイスキー銘柄

ウイスキー「パスポート」の種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

パスポート ウイスキー

パスポートは、スコットランドで製造されているブレンデッドウイスキーです。

この記事では、パスポートの味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹介します。

記事の最後には、パスポートが好きな方におすすめのウイスキーも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

パスポートの特徴・概要

パスポート ウイスキー

パスポートは1968年に発売されたスコッチ・ブレンデッドウイスキーです。

古代ローマ時代の通行証(パスポート)をオマージュしたデザインが採用されており、他にはスコットランドの名家の紋章も採用されています。

パスポートの味わいや香りの特徴

パスポートは、スコッチにしては珍しいピート香がほとんど感じないライトな風味となっています。

クセが強くなくストレートでもスイスイと飲めてしまうため、スコッチウイスキー初心者向けといえます。

しかし、ストレートだと物足りなさもあるため、濃いめのハイボールにして飲むと飲みやすさが増します。

いくつもの原酒がブレンドされている

パスポートには、グレンキースをキーモルトにグレンリベット、グレングラント、キャパドニック、ロングモーンといった名だたる原酒がブレンドされています。

有名でクセのあるウイスキーがブレンドされていますが、実際に飲んでみると風味は濃くなくクセも強くないライトな風味を愉しめます。

パスポートのおすすめの飲み方はハイボール

ハイボール

パスポートは、ハイボールでの飲み方がおすすめです。

ハイボールで飲むと元々抑えられているピート香を全く感じなくなり、飲みやすくなります。

ライトな口当たりなため、ストレートだと物足りなさを感じます。

また、ハイボールでも濃いめのハイボールにすると、パスポートの樽材の香りや甘みを感じられゴクゴク飲めちゃいます。

パスポートの種類

パスポート

パスポート ウイスキー

香りは、樽材や木材といった木の上品な香り、はちみつのような甘い香り、ビスケットを思わせる香ばしい香り。

ライトな口当たりで、ピート香はあまり感じられないライトな風味、ライトな甘みと酸味を感じられる風味。

ピート香が強く感じられないため、ウイスキー初心者にも飲みやすいボトルです。

パスポートの歴史

パスポートは、1968年に発売されました。

キーモルトとなるグレンキースは、元々はカナダのシーグラム社が設立し、現在はシーバスリーガル社が所有しています。

当初は、スコットランドのローランド地方では一般的だった3回蒸留をしていました。

1970年には、バーボン式の連続式蒸溜器が導入されたことにより、2回蒸留に変更となっています。

その後、グレンキースは大量のブレンド用モルトを製造し続け、パスポートにも使われています。

しかし、過剰生産により1999年に生産を止め、オーナーであったシーグラム社は2001年にペルノリカール社に売却しています。

それ以来、パスポートのキーモルトに使われているグレンギース蒸溜所のオーナーは、ペルノリカール社になっています。

パスポートの製法

ウイスキー 樽

パスポートのキーモルトはグレンキースとなっています。

そのグレンキースは、蒸溜所の設立当初は3蒸溜を基本としていましたが、1970年には2回蒸留に切り替えたことで有名です。

グレンキースは一度生産が中止となりましたが、再開をしています。

再開をした時に、ステンレス製のウォッシュバック6基を増設するなど、生産増加をしています。

使われている原料は、ライトピーテッドモルト。

通常のモルトよりも、ピーティな香りが弱いモルトを使用しているため、グレンキースの風味はフルーティでライトな酒質となっています。

そのグレンキースの風味がパスポートにも反映されているため、パスポートも口当たりがライトでピート香を感じられない風味になっています。

パスポート好きにおすすめのウイスキー

パスポートが好きな方におすすめのウイスキーを紹介します。

パスポートの「ライトな酒質」や「甘みと酸味の風味」といった特徴を基準に2本選びました。

ウイスキー選びの参考にしてみてください。

グレンリベット12年

グレンリベットは、世界で一番のまれているシングルモルトで、全てシングルモルトの原点とも呼ばれています。

香りは、バニラやオレンジ、花のようなフルーティな香りで、口に含んでみると甘みや青リンゴ、洋ナシのフルーティな風味と酸味が訪れます。

パスポートにもブレンドされているので、ぜひ味わってみてください。

グレンリベット
参考グレンリベットの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

グレンリベットは、くどくなく爽やかでフルーティーな味わいで、とろっとした甘みのある飲み心地はウイスキーに慣れていない人でも飲みやすく入門向けとも言われています。 また、世界で一番飲まれているシングルモ ...

続きを見る

グレングラント メジャーリザーブ


グレングラント メジャーリザーブは、グレングラントの定番商品です。

リンゴの甘味や酸味、マスカット、レモンピールといった爽やかな風味が特徴的で、口当たりもライト。

ロックやハイボールでの飲み方がおすすめです。

グレングラント
参考グレングラントの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

青りんごのようなフルーティな味わいで、イタリア人に愛されているグレングラント。 グレングラント10年と18年は、スコッチウイスキー・オブ・ザ・イヤーに受賞されたこともある名酒です。 この記事では、そん ...

続きを見る

まとめ

パスポートは、グレンキースをキーモルトにグレンリベットやグレングラントどといった名酒をブレンドしているブレンデッドウイスキーです。

ライトな酒質や甘さと酸味のバランスは、ウイスキーを飲み慣れていない方でもスイスイ飲めてしまうほど飲みやすい風味となっています。

ウイスキーの入門にピッタリなので、ぜひお試しください。

-ウイスキー銘柄

© 2020 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーメディア