ウイスキー銘柄

ロイヤルロッホナガーの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ロイヤルロッホナガー

ロイヤルロッホナガーは、スコットランドで作られているシングルモルト・ウイスキーです。

この記事では、ロイヤルロッホナガーの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。

おすすめの飲み方や種類ごとの特徴を掲載しているほか、記事の最後にはロイヤルロッホナガーがお好きな方におすすめのウイスキーの提案なども行っています。

是非ウイスキー選びの参考にしてみてください。

ロイヤルロッホナガーの特徴・概要

ロイヤルロッホナガー ロゴ

ロイヤルロッホナガーは、スコットランドにある「ロイヤルロッホナガー蒸溜所」で作られているシングルモルト・ウイスキーです。

「ロイヤル」の称号を冠するこのウイスキーは、かつて英国王室に愛された由緒正しき銘柄として人気があります。

ロイヤルロッホナガーの味の特徴

ロイヤルロッホナガーははちみつべっこう飴やバターシュガーを彷彿とさせる、オイリーな甘みが特徴のウイスキーです。

パインのようなフルーティーで酸味のある甘さもうっすらと感じられます。

ロイヤルロッホナガーの香りの特徴

ロイヤルロッホナガーは青リンゴやマスカット、薄めたレーズンやドライプラムのような、フルーティーな香りが特徴のウイスキーです。

麦菓子のような香ばしい香りや、砂糖を煮詰めたような甘い香りも感じられます。

ロイヤルロッホナガーの喉ごし・フィニッシュの特徴

ロイヤルロッホナガーはオイリーな喉ごしとかなり甘い香り立ち、そのあとに現れる酸味が特徴のウイスキーです。

フィニッシュにはスパイシーなオーク香が現れ、余韻はほろ苦く長く続きます。

ロイヤルロッホナガーのおすすめの飲み方は「ホットウイスキー」

ホットウイスキー

ロイヤルロッホナガーのおすすめの飲み方は、お湯とウイスキーを割って作る「ホットウイスキー」です。

ロイヤルロッホナガーをホットウイスキーにすると、白ブドウやマスカットを彷彿とさせる甘い味わいがさらに花開きます。

独特のオイリーな味わいもさらに増すため、ロイヤルロッホナガーを手に入れた際にはぜひホットウイスキーを試してみてください。

ロイヤルロッホナガーの種類

現在販売されているロイヤルロッホナガーは2種です。

ロイヤルロッホナガー12年

ロイヤルロッホナガー12年

「ロイヤルロッホナガー 12年」はリフィルシェリー樽で熟成した原酒をボトリングした、ロイヤルロッホナガーのスタンダード・ボトルです。

青リンゴやマスカットのようなフルーティーな香りと、オイリーな甘い味わいがこのボトルでは堪能できます。

アタックは甘く優しい味わいですが、中盤からは後半にかけてはスパイス感を伴った酸味や苦みなどのドライフレーバーが感じられるようになります。

余韻は程よい長さで、スパイシーなオーク香が感じられます。

ロイヤルロッホナガー セレクテッドリザーブ

ロイヤルロッホナガー セレクテッドリザーブ

「ロイヤルロッホナガー セレクテッドリザーブ」は毎年数量限定で販売される、厳選した高品質なリフィルシェリー樽で熟成した原酒を使ったボトルです。

刺激感のないオイリーでスムースな飲み心地とシェリー樽由来のフルーティーな香り、甘いキャラメルのような味わいをこのウイスキーでは楽しめます。

スタンダードボトルにはない、土っぽさやタンニンの苦みなども感じられます。

ロイヤルロッホナガー蒸留所の歴史

ロイヤルロッホナガー蒸留所

出典:whisky.com

ロイヤルロッホナガーは、ヴィクトリア女王とその夫、アルバート公に愛されたことを証明する「ロイヤル」の称号を名に冠するブランドです。

このロイヤルの称号を手にするまでのロッホナガ―蒸留所の歩みは、決して恵まれたものだとは言えませんでした。

この当時、ロッホナガー山嶺と周辺を流れるディー川のほとりにはたくさんの違法蒸留所が点在していました。

そこに唯一の合法蒸留所であるロッホナガー蒸留所の前身「グレンフィアダン」が「ジェームス・ロバートソン」氏によって建造されたのは1823年のことです。

密造者たちはこのことを良く思わず、なんとかしてグレンフィアダンを消し去ろうと何度も不審火を装った放火を繰り返します。

結果としてわずか3年後の1826年に、密造者の放火によって蒸留所は焼失させられることになってしまいました。

その後「ロッホナガ―蒸留所」と名前を変え、場所を移転して蒸留所を再開するも再び放火に遭い、結果としてロバートソン氏はウイスキー業界から撤退せざるを得なくなったのです。

ロバートソン氏がウイスキー業界から去った後、この地域でウイスキー作りを始めたのが「ジョン・ベッグ」氏です。

ロイヤルロッホナガ―は、このベッグ氏が手がける蒸留所にて作られたブランドです。

べッグ氏は1845年に「新ロッホナガー蒸留所」を創立しますが、ロバートソン氏が悩まされていた密造者による嫌がらせを受けることを危惧していました。

蒸留所が創立してから3年後の1848年に、新ロッホナガ―蒸留所の運命を変える出来事が起こります。

新ロッホナガ―蒸留所の隣にある城を、ヴィクトリア女王が夏のバカンスのための別荘として買い取ったというニュースがベッグ氏の耳にはいったのです。

「女王陛下お墨付きの蒸留所となれば、密造者達は新ロッホナガ―蒸留所に手出しができなくなるだろう。」

そう考えたベッグ氏は、早速ヴィクトリア女王に蒸留所への招待状を送りました。

工学好きのアルバート公が蒸留所の機械設備に興味を持った結果、すぐさま女王一家はロッホナガ―蒸留所の見学に訪れることになります。

女王一家の見学からわずか数日後、ロッホナガ―蒸留所に一通の手紙が届きます。

その中身はこの蒸留所を王室御用達であると認める意を記した「勅許状」でした。

これにより蒸留所の名はロイヤルの名を冠す「ロイヤルロッホナガ―蒸留所」となり、王室によって密造者達の魔の手から守られることが約束されたのです。

女王夫妻はこの蒸留所のフラッグシップ・ウイスキーであるロイヤルロッホナガ―を、ワインに垂らして愛飲していたそうです。

様々な苦難を乗り越え、今日ではロイヤルロッホナガ―は世界で愛されるウイスキーとなりました。

蒸留所はディアジオ社の傘下となった現在でも、ウイスキー作りを続けています。

ロイヤルロッホナガーの製法

ロイヤルロッホナガー蒸留所

出典:whisky.com

ロイヤルロッホナガ―はローズアイル産大麦麦芽とロッホナガ―山麗の湧き水を使って作られているシングルモルト・ウイスキーです。

カラマツ・オレゴンパインの2種の木製発酵槽で、じっくり計110時間発酵させられたもろみは、小型のストレートヘッド型ポットスチルで蒸留されます。

蒸留された原酒は、アルコール度数63.5度に調整してリフィルシェリー樽に詰められます。

その後は1週間ほど敷地内熟成庫で保管された後に場所を移され、そこで本格的な熟成をされ出荷の時を待つのです。

ロイヤルロッホナガー好きにおすすめウイスキー

ここではロイヤルロッホナガーがお好きな方におすすめの、マスカットの風味が強いウイスキーを3つ紹介します。

ロイヤルロッホナガーと似た味わいのウイスキーをお探しの際には、是非参考にしてみてください。

富士山ウイスキー ピュアモルト

富士山ウイスキー ピュアモルト

ロイヤルロッホナガーのようなマスカットの香味のウイスキーがお好きで、かつ強いアルコールの刺激感を求めている方には「富士山ウイスキー ピュアモルト」がおすすめです。

マスカットの爽やかで甘酸っぱいフルーティーな香味と、ピリッとした黒胡椒のような刺激感のある味わいが堪能できます。

富士山ウイスキー
富士山ウイスキーの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

富士山ウイスキーはサン・フーズが製造し、株式会社ミレックスジャパンから販売されているウイスキーです。 この記事では、富士山ウイスキーの味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹介します。 記事の最後には、富 ...

続きを見る

ニッカ セッション

ニッカ セッション

ロイヤルロッホナガーのようなマスカットの味と香りが楽しめるウイスキーをお探しで、かつハイボールがお好きな方には「ニッカ セッション」もおすすめです。

マスカットやレモンの爽やかな甘さと、ピート感を伴った鼻に抜けるようなフローラル香がこのウイスキーでは楽しめます。

キャパドニック18年 ピーテッド

キャパドニック18年 ピーテッド

ロイヤルロッホナガーのようなマスカット風味が強いウイスキーをお探しの方には「キャパドニック18年 ピーテッド」もおすすめです。

マスカットや柑橘のような甘酸っぱくフルーティーなフレーバーと、焼き和菓子のような甘みを伴ったピート香を堪能できます。

まとめ

この記事ではスコットランドの「ロイヤルロッホナガー蒸溜所」で作られている、ロイヤルロッホナガーを紹介しました。

マスカットのような甘く爽やかな味わいが特徴的なこのウイスキーが気になった方は、是非ご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア