ウイスキー銘柄

サントリーローヤルプレミアム12年の味・香りをレビューや口コミから評価

サントリーローヤルプレミアム12年

サントリーローヤルは、日本で作られているブレンデッド・ウイスキーです。

この記事ではサントリーローヤルの中から「サントリーローヤルプレミアム12年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「サントリーローヤルプレミアム12年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、サントリーローヤルのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

サントリーローヤル
サントリーローヤルの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

サントリーローヤルは、サントリーの創業60周年を記念して誕生したボトルです。 この記事では、サントリーローヤルの味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹介します。 記事の最後には、サントリーローヤルが好き ...

続きを見る

サントリーローヤルプレミアム12年の特徴

サントリーローヤル プレミアム12年 ブルーラベル

サントリーローヤルプレミアム12年」は日本のサントリーホールディングスで作られていたウイスキーです。

通称「青ボトル」と呼ばれているこの銘柄は、1995~97年のわずか2年の間だけ販売されました。

それにも関わらず発売から15年以上経った今でも、その味わいは多くのファンを引き付けてやみません。

熟したベリーのエステリー香とチョコレートやバニラのような甘い味わい、オーク樽由来の深い余韻がこのウイスキーでは堪能できます。

アルコール度数は43%とブレンデッド・ウイスキーとしては平均的です。

価格は700ml9,000~13,000円程度で、現在は古酒市場でのみ取引されています。

サントリーローヤルプレミアム12年の基本情報

ブランドサントリーローヤル(SUNTORY ROYAL)
容量700ml
アルコール度数43%
原産国日本
原材料・成分モルト・グレーン

サントリーローヤルプレミアム12年のテイスティングノート

深い琥珀色
香りプラムやダークベリーの果実香に、カカオやヘザーの香りが溶け合ったアロマ、シェリー樽由来の華やかな芳香
ストロベリージャムやレーズン、バニラにチョコレートなどの風味、まろやかな口当たりと重厚な熟成感を損なわない深い味わい
フィニッシュオーク樽が醸し出す樽香とオーク由来の余韻

サントリーローヤルプレミアム12年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、サントリーローヤルプレミアム12年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

サントリーローヤルプレミアム12年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

サントリーローヤルプレミアム12年は、熟したベリーのエステリー香と、チョコレートのような甘い味わいが楽しめるウイスキーです。

濃厚ですが甘みが強くピート・スモーク香はほとんどないため、ストレートでも飲みやすいといえます。

2. ロック

ウイスキー ロック

サントリーローヤルプレミアム12年をロックにすると

味が加水されても薄まりにくく、非常に長い持続力があるためゆっくり少しずつこのウイスキーを楽しみたい方にロックは最適です。

3. ハイボール

ハイボール

サントリーローヤルプレミアム12年のハイボールは、ウイスキー初心者が飲むにはあまり適しません。

このウイスキーをハイボールにすると、エグみや苦み、酸味が強く現れてしまいます。

かなり複雑な味わいになるため、サントリーローヤルプレミアム12年のハイボールはウイスキーを飲みなれている方に向いているといえるでしょう。

4. 水割り

トワイスアップ 水割り

サントリーローヤルプレミアム12年を水割りにすると、奥に潜んでいたオーク樽の香りがしっかりと花開きます。

このウイスキーに隠されたウッディな風味を楽しみたい方には、水割りは適しているといえるでしょう。

口コミ・レビューでわかる「サントリーローヤルプレミアム12年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「サントリーローヤルプレミアム12年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 サントリーローヤルプレミアム12年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い口コミ悪い口コミ
・どの飲み方でも美味しく味わえる
・味のバランスが良い
・響や山崎などのジャパニーズ・ウイスキーに近い味
・個性的な限定ボトルがある
・古酒ゆえの経年劣化が見られることがある
・価格が高騰している
・市場であまり見られない

サントリーローヤルプレミアム12年の良い口コミには「どの飲み方でも美味しく味わえる」「味のバランスが良い」「響や山崎などのジャパニーズ・ウイスキーに近い味」「個性的な限定ボトルがある定ボトルがある」というものがありました。

良い点が評価に繋がったようです。

サントリーローヤルプレミアム12年の悪い口コミとしては「古酒ゆえの経年劣化が見られることがある」「価格が高騰している」「市場であまり見られない」というものがありました。

サントリーローヤルプレミアム12年は15年以上前に発売された古酒です。

そのため、コルク折れや液面低下、味の劣化などがみられることがあるようです。

サントリーローヤルプレミアム12年の良い評価・口コミ

どこをとっても美味しいウイスキー

響にバニラ感を足した味わいが旨い

最近のウイスキーにはない味わいで新鮮

ハイボールが美味しい大好きなウイスキー

山崎感を感じるシェリー系のウイスキー

誰が飲んでも旨いであろうウイスキー

個性的な限定ボトルもある

どんな飲み方でも楽しめる万能ウイスキー

サントリーローヤルプレミアムプレミアム12年の悪い評価・口コミ

コルクなどが劣化していることがある

価格高騰してるのでもう会えないかも

価格が上がり入手しづらくなった

開栓後劣化しやすい

やや抜けた感がある

古酒市場でも価格が高騰している

ストレートにはかなり厳しい

どんどん値段が上がっている

まとめ

この記事では日本にある「サントリーホールディングス」で作られているサントリーローヤルプレミアム12年について紹介しました。

芳醇な果実のエステリー香と甘い味わいが特徴の、このウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア