サントリーローヤル15年の味・香りをレビューや口コミから評価

サントリーローヤル15年

サントリーローヤル15年は、日本で作られているブレンデッド・ウイスキーです。

この記事ではサントリーローヤルの中から「サントリーローヤル15年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「サントリーローヤル15年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、サントリーローヤルのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

あわせて読みたい
サントリーローヤルの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説 サントリーローヤルは、サントリーの創業60周年を記念して誕生したボトルです。 この記事では、サントリーローヤルの味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹介します。 ...
目次

サントリーローヤル15年の特徴

サントリーローヤル15年

サントリーローヤル15年」は日本のサントリーホールディングスで、作られていたウイスキーです。

濃厚なシェリーの樽由来のレーズンのような風味と、まるでメープルシロップのような濃厚な甘い口当たりを楽しめます。

リッチで重厚な香味と口当たりから、終売から10年以上経ってなお愛され続けているボトルです。

アルコール度数は43%ととしては日本産ウイスキーとしては平均的です。

なお、このウイスキーは古酒のため、状態によって価格は大きく異なります。

サントリーローヤル15年の基本情報

ブランド サントリーローヤル(SUNTORY ROYAL)
容量 700ml
アルコール度数 43%
原産国 日本
原材料・成分 モルト・グレーン

サントリーローヤル15年のテイスティングノート

琥珀色
香り シェリー樽特有の芳醇なフルーツ香、ウッド、完熟の桃やチェリーのような華やかな香り
重厚なレーズンの風味。まるでバターのような重厚な口当たり、メープルシロップのような甘味が楽しめる
フィニッシュ ダークチョコレートのようなほろ苦さと、スパイシーさが混在した密度のある余韻

サントリーローヤル15年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、サントリーローヤル15年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

サントリーローヤル15年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

サントリーローヤル15年は、重厚なシェリーの香味が楽しめるウイスキーです。

刺激感はなく口当たりはスムースなため、ストレートでもおいしく味わえます。

2. ロック

ウイスキー ロック

サントリーローヤル15年はロックにして、少しずつ飲むのにもおすすめなウイスキーです。

時間が経っても味が一切ぶれないため、少しずつゆっくりと味わうことができます。

3. ハイボール

ハイボール

サントリーローヤル15年は、ハイボールには適さないウイスキーだといえます。

オールドブレンデッドの深く複雑な風味が、すっきりした飲み心地を楽しむハイボールとは相性が悪いからです。

そのため、別の飲み方で飲むことをおすすめします。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

サントリーローヤル15年は、加水すると樽特有の香りが強まるウイスキーです。

水を加えても味が薄まらないため、アルコール度数を下げてウイスキーを楽しみたい方にも向いています。

口コミ・レビューでわかる「サントリーローヤル15年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「サントリーローヤル15年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 サントリーローヤル15年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い口コミ 悪い口コミ
・加水に負けない重厚感
・リッチなシェリー感が美味しい
・古酒のため個体差が激しい
・コルクによるヒネ臭がある

サントリーローヤル15年の良い口コミには「加水に負けない重厚感」「リッチなシェリー感がおいしい」というものがありました。

非常に重みのあるずっしりしたボディと、甘く優しいシェリーの香味が楽しめる点が評価に繋がったようです。

サントリーローヤル15年の悪い口コミとしては「古酒のため個体差が激しい」「コルクによるヒネ臭がある」というものがありました。

サントリーローヤルの古酒全体にいえることですが、コルクによるヒネ臭やコルク折れがよく見られるため注意が必要です。

サントリーローヤル15年の良い評価・口コミ

ロックが合うお酒

リッチな香りと華やかな余韻

優しい風味がチョコレートと合う

温度が上がると香ばしい旨みが増す

芳醇なシェリー感が味わえる逸品

重厚な香りで旨い

甘い香りとコク深い味わいが楽しめる

ロックでも薄まらないどっしりした味

サントリーローヤル15年の悪い評価・口コミ

味が整うまで時間や開封のコツが必要

はずれボトルがある

保管状態による個体差が激しい

どこに行っても見つからない

ネット価格が高騰

もう売っていないのが悔やまれる

コルク折れやヒネ臭がある個体も

コルクや味が悪化しているものもある

まとめ

この記事では日本にある「サントリーホールディングス」で作られているサントリーローヤル15年について紹介しました。

シェリーの香味と濃厚でリッチな口当たりが特徴のこのウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

このページをシェアする
目次
閉じる