ウイスキー銘柄

サッポロウイスキーの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

サッポロウイスキー

サッポロウイスキーは、酒造メーカーの札幌酒精工業が販売している地ウイスキーです。

この記事では、サッポロウイスキーの味わいや特徴、歴史、製造方法などと併せておすすめのウイスキーをご紹介します。

最後まで、読み終わることには、サッポロウイスキーが飲みたくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

サッポロウイスキーの特徴・概要

サッポロウイスキーの名前から聞くと、某大手メーカーのウイスキーと思われがちですが、実際の製造元は、北海道にある酒造メーカー・札幌酒精工業です。

元々は甲類焼酎で有名なメーカーで、甲類焼酎のサッポロソフトは札幌市民だけでなく道民にも有名です。

サッポロウイスキーの味わいや特徴

サッポロウイスキーは、青リンゴやナッツ、カラメルの風味と独特の酸味が特徴です。

香りは、チョコレートとカラメル香の良い香りがします。

味わいは、アルコールの刺激が強いものの、モルトや蜂蜜、ナッツのような甘さが備わっています。

どのラインナップも低価格で購入することができる

サッポロウイスキーは、アルコール度数によるラインナップがいくつか販売していますが、どれも低価格で購入することができます。

どのラインナップも1000~1800円以内で購入することができるのでとても魅力的です。

種類別で飲み比べしてみるのもおすすめです。

サッポロウイスキーのおすすめの飲み方は「ハイボール」

サッポロウイスキー ハイボール

サッポロウイスキーは、とくに癖がなく爽やかな味わいのあることが特徴なのでハイボールがとてもおすすめです。

ハイボールにするときのポイントとして、ウイスキー分量の割合を多めにすると香りがしっかりと感じられます。

サッポロウイスキーの種類

サッポロウイスキー 37%

サッポロウイスキー37%

サッポロウイスキー 37%は、3種類の中で一番度数が低く、とても飲みやすいのが特徴です。

また、アルコールの刺激がウイスキー本来の味わいを邪魔しません。

そのため、サッポロウイスキーならではの旨味をしっかりと感じられます。

お酒に弱い方にもおすすめです。

サッポロウイスキー 40%

サッポロウイスキー40%

サッポロウイスキー 40%は、3種類の中で真ん中に位置します。

特徴は37%で感じられる苦味が抑えられていることで、滑らかな印象を感じられます。

たった3%の違いですが、しっかりとした味の違いが楽しめます。

サッポロウイスキー SS 43%

サッポロウイスキー SS 43%

サッポロウイスキー SS43%は、数種の長期貯蔵モルトをブレンドし、さらに再貯蔵することによりじっくりと熟成させたウイスキーです。

3種類のサッポロウイスキーの中で最もランクの高い「SS」は、まろやかな甘味が特徴です。

アルコール度数も高く、樽香も感じられます。

ラインナップの中でもっともファンも多くお土産などに最適なボトルでもあります。

サッポロウイスキーの歴史

サッポロウイスキーを製造する札幌酒精工業は名前からも分かる通り札幌市に本社があります。

創業は昭和8年(1933年)で、創業以来は焼酎を中心に、清酒やワイン、みりんなどを幅広く手がけている、いわゆる総合酒類メーカーです。

そんな札幌酒精の代表的な主力商品は甲類焼酎のサッポロソフトです。サッポロソフトは昭和35年10月1日誕生しました。

このサッポロソフトは焼酎が見直される一大転機となりました。

札幌酒精は、それからも意欲的な酒造りを取り組み、焼酎と同じ蒸溜酒であるウイスキー造りを開始して誕生したのがサッポロウイスキーです。

道内産、国産にこだわる酒造メーカーの熱い情熱がこめられたウイスキーなのです。

サッポロウイスキーの製法

サッポロウイスキーは、札幌酒精で蒸留などを行っていません。

サッポロウイスキーはスコットランドから輸入されたウイスキーを札幌酒精がブレンドし、瓶詰めして販売しているのでいわゆるボトラーズ業態です。

輸入されたウイスキーを樽買いしています。

その後、それを北海道で再貯蔵して熟成させているので、輸入した段階とはまた違った香味になります。

熟成期間中に樽から移る「木材香」がほんのりと漂い奥深い味わいがでるのです。

サッポロウイスキー好きにおすすめウイスキー

日本人であれば、その地方のウイスキーを飲んでみたいところです。

ここでは、サッポロウイスキー同様の地ウイスキーをご紹介します。

地ウイスキーは大量生産されていないため、ぜひ飲んでみて下さい。

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル


イチローズモルト&グレーン ホワイトラベルは、埼玉・秩父の地ウイスキーです。

香りは柑橘系を思わせてとても爽やかです。

味わいは、甘みがあり軽やかでそして原酒の深いコクがある事が特徴です。

イチローズモルト
参考イチローズ・モルトの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

イチローズモルトはジャパニーズウイスキーの一つで、埼玉産のウイスキーです。 地方の小規模なメーカーが作る地ウイスキーですが、は世界的な評価を得ています。 日本国内はもとより、世界の有名なウイスキーの賞 ...

続きを見る

ホワイトオーク 地ウイスキーあかし


ホワイトオーク 地ウイスキーあかしは、兵庫県明石市の蔵元である江井ヶ嶋酒造が製造しているブレンデッドウイスキーです。

スコッチの本場であるイギリスから、大麦麦芽を輸入して製造しています。

華やかなモルトの香りで、淡麗でやや辛口タイプの味わいが特徴です。

あかし
参考あかしの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

あかしは、兵庫県明石市にある清酒「神鷹」を製造している蔵元の江井ヶ嶋酒造株式会社が販売しているウィスキーです。 日本酒や焼酎を製造している蔵元ならではの、製法があります。 ここでは、そんな魅力的なあか ...

続きを見る

まとめ

札幌酒精工業が販売しているサッポロウイスキーについてご紹介しました。

どのラインナップも比較的に低価格で購入しやすいお酒です。

飲み方はハイボールをおすすめしましたが、色々な飲み方を楽しんでみてはどうでしょうか。

この記事で興味を持った方は、北海道のお酒のサッポロウイスキーを是非ご賞味ください。

-ウイスキー銘柄

© 2020 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーメディア