スペイバーン10年の味・香りをレビューや口コミから評価

スペイバーン10年

スペイバーン10年は、スコットランドで作られているシングルモルト・ウイスキーです。

この記事ではスペイバーンの中から「スペイバーン10年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「スペイバーン10年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、スペイバーンのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

あわせて読みたい
スペイバーンの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説 スペイバーンは、スペイバーン蒸溜所でつくられるシングルモルトウイスキーです。 この記事では、スペイバーンの味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹介します。 また...
目次

スペイバーン10年の特徴

スペイバーン10年

スペイバーン10年」はスコットランドのスペイバーン蒸留所で作られているウイスキーです。

シトラスなどの柑橘、青リンゴのような爽やかさな香りと、癖のないすっきりした味わいが楽しめます。

アルコール度数は40%とスコッチとしては平均的で、価格は3,500~4,000円程度です。

スペイバーン10年の基本情報

ブランド スペイバーン(Speyburn)
容量 700ml
アルコール度数 40%
原産国 スコットランド
原材料・成分 モルト

スペイバーン10年のテイスティングノート

輝きのあるやや琥珀がかったレモンイエロー
香り レモン、黄桃、シナモン、スペアミント、レモングラス、ハチミツ。
アタックはレモンライムの甘酸っぱい味わい。酸と甘味のバランスがよく、クセが感じられずスッキリして徐々に甘さが心地よく広がる。
フィニッシュ バランスが良いため飲み飽きず余韻も爽やかな心地よい空間が漂う。なめらかなのど越し、爽やか

スペイバーン10年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、スペイバーン10年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているか解説しました。

スペイバーン10年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

スペイバーン10年は爽やかな青リンゴや、柑橘系の香味が楽しめるウイスキーです。

熟成年数が短くアルコール感が強いため、ストレートで飲む際にはチェイサーを用意しましょう。

2. ロック

ウイスキー ロック

スペイバーン10年をロックにすると、味や香りはそのままにアルコールの刺激を抑えられます。

飲み口もまろやかになるため、このウイスキーを楽しむならロックがおすすめでしょう。

3. ハイボール

ハイボール

スペイバーン10年をハイボールにすると、すっきりした飲み心地とピート感が強まります。

ハイボールは食事にも合わせやすく、どんな状況でも楽しみやすいためスペイバーン10年におすすめの飲み方です。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

スペイバーン10年を水割りにすると、樽やモルトの香りがはっきりと強まります。

トワイスアップでは味がぼやけやすいため、やや少なめに水を注いで楽しみましょう。

口コミ・レビューでわかる「スペイバーン10年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「スペイバーン10年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 スペイバーン10年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い口コミ 悪い口コミ
・ほろ苦く美味しい

・味に落ち着きがある

・コスパが良い

・強烈なケミカル臭

・味が科学的

スペイバーン10年の良い口コミには「ほろ苦く美味しい」「味に落着きがある」「コスパが良い」というものがありました。

苦みや爽やかさ香りを好むユーザーから高く評価されています。

スペイバーン10年の悪い口コミとしては「強烈なケミカル臭」「味が科学的」というものがありました。

科学的な味や香りが感じられ、非常に苦手という意見もあるようです。

スペイバーン10年の良い評価・口コミ

樽感が強いほろ苦ウイスキ―

落着きある味わい

ピリッと辛い麦の旨さ

するする飲める

良コスパのおいしいウイスキー

爽やかリンゴとシトラス

甘酸っぱくて美味い

フルーティーで飲みやすい

スペイバーン10年の悪い評価・口コミ

どうにも苦手

ラベル不良があった

後味がケミカル

平均的なモルトで、不思議な仕上がり

25ポンド以下にしては悪くない。この年代にしてはかなり複雑な味だが、後味は病院の臭いを連想させるような感じ。

(Average malt with a strange finish

Not bad for under £25. Quite complex for its age but the finish is reminiscent of the smell of a hospital)

引用:masterofmalt.com

病院のような臭い

ピート香やアイラ風ではなく、病院のような薬っぽい香りがする。もっとひどいウイスキーもありますが、これは下級のモルトです。まあね。

(Smells medicinal, but in a hospital kind of way, not peaty or Islay style. There’s worse whisky, but this is a lower shelf malt. Meh.)

引用:masterofmalt.com

頭が痛くなる味

2、3杯以上飲むと頭が痛くなる。まあ、ひどくはないが、25~30ポンドならもっといいのがある。

(Gives you a headache after more than a couple of drams, it’s ok, not awful but there’s better for the £25-30 mark.)

引用:masterofmalt.com

シンナーのような味わい

最初は10年物ということで興味を持ったが、飲んでみるとシンナーを思わせるような味わい?また、なぜ人工的な色が加えられているのだろうか?

(At first this Whisky grabbed my attention being 10 years old.However when tasted, it reminded me of paint thinner? Also why the added artificial color.?)

引用:masterofmalt.com

ペンキ落としのような臭いと味

Speyburnは、ペンキ落としやエンジンの脱脂以外の用途で10年を販売するのをやめるよう要求されるはずです。このスコッチを3つ星と評価する人がいることに驚きを隠せないので、4つ星以上の評価は明らかに従業員とその家族が行っているのでしょう。しない。買わない。買ってはいけない。これは。

(Speyburn should be required to stop selling their 10 year for anything other than removing paint or degreasing engines. I am blown away that anyone would rate this as a 3 star Scotch so clearly the 4+ star ratings are done by the employees and their families. Do. Not. Buy. This.)

引用:masterofmalt.com

深みが少なくおいしくない

もう少しお金をかけて、深くておいしい、木の味があまりしないスコッチウイスキーBuchananを手に入れましょう・・・。

(This is nothing more than a cheap whisky ,spend a little bit more money and get yourself a good deep and good tasting scotch whisky Buchanan that has a whole lot smother taste and not so wood tasting.....)

引用:masterofmalt.com

まとめ

この記事ではスコットランドにある「スペイバーン蒸留所」で作られているスペイバーン10年について紹介しました。

キリッとしたアルコールの刺激感と爽やかな果実の香味が楽しめるが、このウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

このページをシェアする
目次
閉じる