ウイスキー銘柄

スプリングバンク10年の味・香りをレビューや口コミから評価

スプリングバンク10年

スプリングバンク10年は、スコットランドのキャンベルタウンで作られているキャンベルタウン・ウイスキーです。

この記事ではスプリングバンクの中から「スプリングバンク10年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「スプリングバンク10年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、スプリングバンクのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

スプリングバンク
スプリングバンクの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

スプリングバンクは、スコットランドのキャンベルタウンで生産されているシングルモルトウィスキーです。 香りの強さが特徴的なスプリングバンクの味わい、特徴、歴史や製造方法をご紹介します。 記事の最後には、 ...

続きを見る

スプリングバンク10年の特徴

スプリングバンク10年

スプリングバンク10年」はスコットランドのキャンベルタウンにある「スプリングバンク蒸留所」で作られているウイスキーです。

「モルトの香水」と呼ばれるほど香り高いことがこのウイスキーの最大の特徴です。

潮の香りや麦芽の芳醇な甘い香り、ピート・スモークや洋ナシのフルーツ香といった様々な香りが嗅いだ瞬間一気に鼻に押し寄せてきます。

ウッディな味わいをまとったモルティな甘みと塩気を含んだスパイシーさも、このウイスキーの魅力です。

アルコール度数は46%であり、スコッチとしてはやや高めです。

スプリングバンク10年はコアなファンから非常に人気のある商品で、毎年発売されるたびに数日で売り切れてしまいます。

そのため現在市場ではプレミア価格にて取引されている状況です。

スプリングバンク10年の基本情報

ブランドスプリングバンク(SpringBank)
容量700ml
アルコール度数46%
原産国スコットランド(キャンベルタウン)
原材料・成分モルト

スプリングバンク10年のテイスティングノート

秋の黄金色
香り洋ナシ、バニラ、麦芽、かすかなピート
麦芽、ぴりっとした塩気、シナモン、ナツメグ、バニラエッセンス、オーク材
フィニッシュ塩辛くスパイシーな味わい

スプリングバンク10年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、スプリングバンク10年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

スプリングバンク10年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

スプリングバンク10年はレモンのような爽やかなフルーツ香とピート・スモークを伴った芳醇な麦芽の香味、塩辛くスパイシーな味わいが楽しめるウイスキーです。

ストレートでは塩辛さやスパイシーな味わいをしっかりと感じられるので、辛口ウイスキーが好きな方はぜひ原液そのままを味わってみてください。

2. ロック

ウイスキー ロック

スプリングバンク10年は冷やされると爽やかな果実香はそのままに、塩辛さがぐっと増すウイスキーです。

ストレートの時のような強い癖は弱まるため、このウイスキー特有の塩辛さやスパイシーな味わいは感じつつも、味わいをまろやかにしたい方におすすめの飲み方です。

3. ハイボール

ハイボール

スプリングバンク10年は炭酸水で割ると甘みが引き立ちますが、独特の塩辛さやスパイシーな味わいも消えてしまいます。

よってこのウイスキーの個性を楽しみたい方には、ハイボールはあまりおすすめできません。

4. 水割り

トワイスアップ 水割り

スプリングバンク10年を水割りにすると、甘さが際立ち全体的な味のバランスが非常に良くなります。

このウイスキーの個性はしっかり残しつつ味にはトゲがなくなるため、特に水割りはおすすめの飲み方です。

口コミ・レビューでわかる「スプリングバンク10年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「スプリングバンク10年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、スプリングバンク10年を飲んだ人の評価は以下のように分かれています。

良い口コミ悪い口コミ
・香水のようなモルト
・塩気とモルトの甘みが癖になる
・余韻が非常に旨い
・どこに行っても販売されていない
・極端に入荷が少ない
・プレミア価格が付き高騰している

スプリングバンク10年の良い口コミには「香水のようなモルト」「塩気とモルトの甘みが癖になる」「余韻が非常に旨い」というものがありました。

「モルトの香水」と呼ばれるほどの強い香りは多くのウイスキー好きから大絶賛されており、飲んだ瞬間このウイスキーの虜になったという方も少なくありません。

発売されるごとにまとめ買いをするほどの根強いファンが、このウイスキーを口にした方の中からは次々と生まれているようです。

スプリングバンク10年の悪い口コミとしては「どこに行っても販売されていない」「極端に入荷が少ない」「プレミア価格が付き高騰している」というものがありました。

味に対する否定的な意見は一切見られないほど、スプリングバンク10年は優秀なウイスキーです。

しかしそのあまりの人気ぶりから全国的な品薄具合が深刻となっており、なかなか買えないプレミアムウイスキーとなってしまっているようです。

スプリングバンク10年の良い評価・口コミ

まさにモルトの香水

潮の風味とモルトの甘さがベストマッチ

スコッチの歴史を語る上で欠かせない存在

抽選になるのも納得の旨さ

大好きすぎて3本まとめ買い

ピート感と絡むバニラの甘さが美味しい

長い余韻が堪らなく旨い

ロックにしても特徴が消えず堪能できる

スプリングバンク10年の悪い評価・口コミ

ロットごとに当たり外れがある

在庫切れで手に入らない

入荷したその日に売り切れ

プレミア価格で売られていて買えない

価格が上がりすぎている

10年クラスでこの値段はきつい

5桁は高すぎるように感じる

品薄で売られていない

まとめ

この記事ではスコットランドのキャンベルタウンにある「スプリングバンク蒸留所」で作られているスプリングバンク10年について紹介しました。

「モルトの香水」とうたわれるほどの香り高さと、甘じょっぱい独特の味わいが特徴のこのウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア