ウイスキー銘柄

竹鶴12年の味・香りをレビューや口コミから評価

竹鶴12年

竹鶴12年は、日本で作られていたジャパニーズ・モルトウイスキーです。

この記事では竹鶴の中から「竹鶴12年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「竹鶴12年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、竹鶴のことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

竹鶴
竹鶴の種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

竹鶴は、ニッカウヰスキーが製造しアサヒビールが販売をしているウイスキーです。 竹鶴はウイスキーをブレンドしていますが、モルト100%のヴァッティングモルトウイスキーという製法で作り上げているが特徴です ...

続きを見る

竹鶴12年の特徴

竹鶴12年ピュアモルト

竹鶴12年」はニッカウヰスキーで作られている、ジャパニーズ・ウイスキーです。

ドラマ「マッサン」でこのウイスキーは一躍有名となり、現在では原酒不足から販売を終了しています。

ブランデーさながらのまろやかさと、しっかりとしたピート感、ふわりとした優しいフルーツのような甘みがこのウイスキーの特徴です。

アルコール度数は40%とジャパニーズ・ウイスキーとしては平均的で、アルコール特有の刺激感が一切ないためウイスキー初心者におすすめだといえるでしょう。

竹鶴12年は終売品で、現在はプレミア価格として流通しており入手はやや困難です。

竹鶴12年の基本情報

ブランド竹鶴
容量660ml・700ml
アルコール度数40%
原産国日本
原材料・成分モルト

竹鶴12年のテイスティングノート

艶めいたアンバーカラー
香りフローラルでバランスが良く、プラムジャム、カットハーブ、ルバーブパイ、バニラアイス、冷たいコーヒーの香りがする。
甘くてオイリー、アップルサイダー、シナモンスティック、バターのようなトフィー、アーモンド、塩味のバター、カスタード。
フィニッシュ程よい長さでクリーミー、ダイジェスティブビスケットとルバーブクランブルの香り。

竹鶴12年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、竹鶴12年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

竹鶴12年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

竹鶴12年は非常に個性のはっきりしているウイスキーであるため、ストレートで飲むことをおすすめします。

ストレートではこのウイスキーの持つフルーツの柔らかい甘みや酸味、アルコールの刺激感を伴った複雑な味わいを堪能することができます。

2. ロック

ウイスキー ロック

竹鶴12年をロックにすると、原液が冷やされることによって柑橘系の香りがふわりと花開きます。

ストレートと比較すると軽い口当たりになるため、爽やかな飲み心地のウイスキーを求めている方にロックはおすすめだといえるでしょう。

3. ハイボール

ハイボール

竹鶴12年を炭酸水で割ると、ピート感が前面に出たスモーキーなハイボールが出来上がります。

スモーク感が強くなりますがフルーツの甘みは失われないため、竹鶴12年のハイボールは比較的飲みやすいといえるでしょう。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

竹鶴12年を水割りにすると、優しいフルーツの味わいや香りがより一層際立ちます。

水割りを楽しむ際には、水と原液の割合が1:1のトワイスアップにするのが最もおすすめです。

口コミ・レビューでわかる「竹鶴12年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「竹鶴12年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、竹鶴12年を飲んだ人の評価は以下のように分かれています。

良い口コミ悪い口コミ
・飲みやすく味に癖がない
・モルトウイスキーの入門としておすすめ
・再版を待ち望む声が非常に多い
・価格が高騰していて買えない
・模造品が出回っている
・肉料理とは合わない

竹鶴12年の良い口コミには「飲みやすく味に癖がない」「モルトウイスキーの入門としておすすめ」「再版を待ち望む声が非常に多い」というものが多く見られました。

このウイスキーは非常に完成度が高く、誰にでも飲みやすいボトルとして非常に愛されています。

既に終売してしまった商品でありながら、今でも復活を待ち望む声が非常に多いようです。

竹鶴12年の悪い口コミとしては「価格が高騰していて買えない」「模造品が出回っている」「肉料理とは合わない」というものがありました。

ウイスキーの味に関する不満は一切見られませんでしたが、人気ゆえに希少価値が上がり手に入らないという意見が多いようです。

竹鶴12年の良い評価・口コミ

後続のピュアモルトより美味しかった

人生が変わる味

全てにおいてケチのつけようがないウイスキー

この世で最も好きなウイスキーのひとつ

ゆっくりストレートで楽しみたいウイスキー

終売が惜しまれるウイスキー

再販してほしい

このボトルがウイスキーを飲むきっかけに

竹鶴12年の悪い評価・口コミ

高くなりすぎてもう買えない

販売されておらずもう飲むことができない

後味が苦くて酸っぱい

価格が約6倍にまで高騰

もう飲めない上に後継品はひどい味

模造品を掴まされた

ハイボールには合わない

肉料理とは合わない

まとめ

この記事では日本の「ニッカウヰスキー」で作られていた竹鶴12年について紹介しました。

豊かなフルーツの風味としっかりしたスモーク感、なめらかな喉ごしが特徴のこのウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア