トマーティン12年の味・香りをレビューや口コミから評価

トマーティン12年

トマーティン12年は、スコットランドで作られているシングルモルト・ウイスキーです。

この記事ではトマーティンの中から「トマーティン12年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「トマーティン12年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、トマーティンのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

あわせて読みたい
トマーティンの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説 トマーティンは、スコットランドで作られているシングルモルト・ウイスキーです。 この記事では、トマーティンの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。...
目次

トマーティン12年の特徴

トマーティン12年

トマーティン12年」はスコットランドのトマーティン蒸留所で作られているウイスキーです。

ほどよいピート香とモルティな甘み、まろやかな熟成感あふれる舌ざわりが楽しめます。

アルコール度数は43%とスコッチとしては平均的、価格は700ml6,000円程度です。

トマーティン12年の基本情報

ブランド トマーティン(Tomatin)
容量 700ml
アルコール度数 43%
原産国 スコットランド
原材料・成分 モルト

トマーティン12年のテイスティングノート

琥珀色
香り 最初はバターのような香りだが、すぐにレーズンやアーモンドの香りが支配的になる。
オーク材のようなバニラとフレッシュなミントに、ステムジンジャーと乾燥したオレンジピールが散りばめられている
フィニッシュ カシスパン、ラズベリージャム、大麦の香り

トマーティン12年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、トマーティン12年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

トマーティン12年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

トマーティン12年は、モルト感のある甘い味わいとスモーク香、ほのかなピート感が楽しめるウイスキーです。

アルコールの刺激感がやや強いため、飲む際にはチェイサーを用意するのがよいでしょう。

2. ロック

ウイスキー ロック

トマーティン12年をロックにすると、ウイスキーが冷やされ刺激感が弱くなります。

若いウイスキー独特の苦み・刺激感が苦手な方は、トマーティン12年をロックで味わいましょう。

3. ハイボール

ハイボール

トマーティン12年を炭酸水で割ると、癖の少なく甘みが強いハイボールが出来上がります。

ほんのりスモーク感も感じられるため、リーズナブルでありながら重厚感があるハイボールを味わえるでしょう。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

トマーティン12年を水割りにすると、華やかな香りと甘さが花開きます。

加水を少量ずつ行い、味の変化を楽しむのがおすすめの飲み方です。

口コミ・レビューでわかる「トマーティン12年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「トマーティン12年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 トマーティン12年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い口コミ 悪い口コミ
・甘く飲みやすい

・どんな飲み方にも合う

・樽香やモルト感がたまらない

・アルコール感がきつい

・苦みや渋みが気になる

・樽香が焦げ臭く感じた

トマーティン12年の良い口コミには「甘く飲みやすい」「どんな飲み方にも合う」「樽香やモルト感がたまらない」というものがありました。

甘みのある風味やどんな飲み方もできる万能さが、良い評価に繋がったようです。

トマーティン12年の悪い口コミとしては「アルコール感がきつい」「苦みや渋みが気になる」「樽香が焦げ臭く感じた」というものがありました。

海外ユーザーの中には、このウイスキー独特の樽香や味わいが雑味のように感じるという意見もあるようです。

トマーティン12年の良い評価・口コミ

甘くストレートでも飲みやすい

ロックがうまい

加水しても味が崩れない!

フルーツ感と煙たさのバランスが良い

ストレートではシェリー感が強い

意外と樽感強め

ハーバル&フルーティー

優しさを感じるモルティな味わい

トマーティン12年の悪い評価・口コミ

旧ボトルはコルク折れの可能性あり

飲み口に妙な酸味がある

口に合わない

辛みが強すぎる

私は50年来のウイスキー愛飲者です。

これはまあまあです。

味は辛いし、水をたくさん飲まないと口にできないし、そのあと多すぎる。

これではお金を無駄にしたような気がします。

(I'm a fifty year whiskey drinker. This is just ok. It tastes hot, it needs a lot of water to make it palatable, then it's to much. )

引用:masterofmalt.com

渋みが強すぎた

ターペンタインのヒントがあり、かなり渋いと感じた他の方の意見に同意せざるを得ません。

ギフトの贈り物でした。

個人的には、アイラのピート香の方が好きです。

(I have to agree with the others who felt that it had hints of turpentine and that it was quite astringent. It was a gift gift. Personally, I prefer the peatiness of the Islay.)

引用:masterofmalt.com

レガシーのほうがおいしい

これにはかなり失望した。

この会社のレガシーの方が優れていると思う。

十分満足だが、お金を払う価値はない。

(Quite disappointed with this. I consider the Legacy offering by this company to be superior. Pleasing enough but not worth the money.)

引用:masterofmalt.com

アルコール感がきつすぎる

あまりの不味さに飲み干すことができなかった。

40ドルを無駄にしたくなかったので、ボトルの半分を無理やり飲んだが、今まで嗅いだことも味わったこともないような最悪のアルコールだった。

(So Bad I couldn't finish it. I didn't wanna waste the $40 that I spent on it so I forced myself to drink half the bottle but worst alcohol I ever smelled and tasted.)

引用:masterofmalt.com

ただただひたすらくどい味

香りは特別なものではなく、ただアルコールのような香りがして、タンニンとフルーツの香りが強く出てきて、アンベソールが背景にあり、最後はかなりくどい、焦げたような香りがします。

このスコッチに限って言えば、まあまあです。

でも、20ドルも出せば、もっといいものが飲めると思います。

(Interesting, the nose is nothing special, just smells like alcohol, comes on strong with tanginess and fruitiness with ambesol in the background, ends pretty icky and burny. As far as budget scotches go, this is alright. I suggest spending an extra $20 on something better.)

引用:masterofmalt.com

まとめ

この記事ではスコットランドにある「トマーティン蒸留所」で作られているトマーティン12年について紹介しました。

モルティな甘みとスパイシーさ、ピート・スモーク香のほのかな香りが特徴のこのウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

このページをシェアする
目次
閉じる