ウイスキー銘柄

ホワイトホース12年の味・香りをレビューや口コミから評価

ホワイトホース12年

白い馬がボトルラベルのデザインとなっている「ホワイトホース」。

ホワイトホースは、日本でも人気のあるスコッチウイスキーで、種類は廃版含め約5種類程存在しています。

この記事では「ホワイトホース12年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとにした評価を解説します。

「ホワイトホース12年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

そもそもホワイトホースのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

ホワイトホース
ホワイトホースの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

続きを見る

ホワイトホース12年の特徴

ホワイトホース12年

ホワイトホース12年」は、日本人の口にも合うように開発されたウイスキーで日本でのみ販売されているウイスキーで数あるスコッチ・ウイスキーの中でもトップクラスの売上を誇ります。

ホワイトホース12年の味わいは、キャラメルのように甘くリンゴのようなさっぱりとしたフルーティーな甘味も感じられます。

香りは、甘い香りとウイスキー特有のピート香でしっとりとした余韻を感じられます。

ホワイトホース12年は、2,000円程度で購入できるため手に取りやすく毎日の晩酌酒としても愛されています。

ホワイトホース12年の基本情報

ブランドホワイトホース(WHITE HORSE)
容量700ml
アルコール度数40%
原産国スコットランド
原材料・成分モルト、グレーン

ホワイトホース12年のテイスティングノート

琥珀色
香り少しのピート香にキャラメルとリンゴの香り
バニラ、オーク、スピリットバーン、タンニン、モルトシュガー、パン
フィニッシュスパイシーな余韻

ホワイトホース12年を4つの飲み方でレビュー

1. ストレート

ウイスキー ストレート

ホワイトホース12年は、日本人でも飲みやすいように改良され作られたウイスキーなので、ストレートで飲んでも外国の数あるウイスキーと比較しても比較的アルコールの強さを感じることなく飲むことができます。

ストレートで飲むことで、リンゴやキャラメルの甘味や樽香・スモーキー感が口の中いっぱいに広がります。

口当たりがまろやかなので、ウイスキー初心者の方がストレートで飲んでも飲みやすいと言われています。

2. ロック

ウイスキー ロック

ホワイトホース12年をロックで飲むことにより香りがより引き立ち、甘さを感じると同時にママレードのような甘酸っぱさも感じられます。

冷やして飲むことによってウイスキー特有のスモーキーさも和らぐのでスモーキーさを抑えたい方は冷やして飲んでみてください。

ストレートで飲むよりも飲みやすいのでストレートでは飲みずらいなと感じた方にはおすすめです。

ピートが効いたお酒はロックで飲むと苦味が出てきてしまう事が多いのですが、ホワイトホース12年は苦味が強くなることなくまろやかな口当たりで美味しく飲めます。

3. ハイボール

ハイボール

ホワイトホースの日本代理店キリンでは、ファインオールドのハイボール缶を販売しており、日本でも人気の高い商品となっています。

しかし、ホワイトホース12年をハイボールで飲む事によってホワイトホース12年の甘味・スモーキーさが薄まってしまうため、魅力が減少してしまいますので、ホワイトホース12年特有の味をしっかり楽しみたいという方には向いていない飲み方になります。

しかし、ホワイトホース12年をロックやストレートでは飲み辛いという方からは、ハイボールにした方がさっぱりとした飲み口になり、どんな食事にも合うと評判です。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

ホワイトホース12年の水割りは、今回ご紹介する飲み方のうち最もおすすめの飲み方です。

かち割り氷をグラスいっぱいに入れ、ホワイトホース12年と水を加える一般的な水割りでも十分美味しく頂けるのですが「トワイスアップ」といった氷を加えない水1ホワイトホース12年1の1:1の飲み方がホワイトホース12年を最も美味しく味わえると評判が高い飲み方になっています。

加水することによって、樽の香りとキャラメルのような甘さが合わさりスモーキーさが効いたチョコレートのような甘味を感じることができるため、味や香りが最大限に楽しめます。

口当たりもまろやかな事から、ついゴクゴク飲んでしまうので飲みすぎには注意しましょう。

口コミ・レビューでわかる「ホワイトホース12年」の評価

ホワイトホース12年は、水1:ウイスキー1で飲むトワイスアップという飲み方が最もおすすめの飲み方という事がわかりました。

ここからは、「ホワイトホース12年」のネット上の口コミ・レビュー、評価をご紹介していきます。

結論からお伝えして以下にまとめた口コミやレビューが最も多く見受けられました。

良い評価悪い評価
・日本人向けに作られているので飲みやすい
・味や香りはもちろんのこと価格も安い
・ウイスキー好きにはスモーキーさが無くのも足りない
・12年を買うなら同ブランド商品「ファインオールド」でいい

実際にネット上の口コミ・レビューを100件程調査しまとめています。

良い口コミで最も多かった口コミは、日本人向けに作られている事から「アルコール臭やピート香が弱く飲みやすい」といった声や、味のクオリティーも高いのに「値段が安い

」というコスパがいい事から常備酒にしている方も多い印象でした。

一方悪い評価で最も多かった声は、日本人向けに作られたウイスキーである事から「スモーキーさが少なく物足りない」という声や、2,000円程するホワイトホース12年を購入するなら1,000円未満で購入出来るウイスキー「ファインオールド」で十分という声も見受けられました。

下記では、参考になる口コミ・レビューをいくつかピックアップしてご紹介していきます。

ホワイトホース12年の良い評価・口コミ

通常のホワイトホースよりはクセがなくまろやか

日本限定の銘柄

普通のよりスモーキーで好き

12年物でこの価格は最高のコスパ

常備酒!12年物でこの価格は最高のコスパです。

迷ったらこれ!

引用:ビック酒販

非常にバランスのとれた万人向けの味

非常にバランスのとれた万人向けの味ですね。

尖ったところが無く飲みやすいです。

それでいながらホワイトホースとしての 個性もしっかり持っていて、 毎日飲みたくなる癖になる味です。

バランタイン12年が好きでしたが こちらも常飲確定です。

引用:楽天市場

日本人好みに作られたというのが納得いく商品

ホワイトホースは、親父は若いファインオールドを好んで飲んでおりましたが、この12年物は年配の方に受けが良かったです。

「そんなに違うの?」と聞いたら、「昔はさー高かったんだよ俺たち世代には」と言ってました。

甘みが抑えられている代わりに、何やら「熟成されてる感がいい」と難しいことを言ってました。

日本人好みに作られたというのが納得いく商品です

引用:楽天市場

12年もののウイスキーではリーズナブル

味に癖がなく、12年もののウイスキーではリーズナブルと思われます。

ハイボール、水割り、ロックでもOKな一品と思います。

引用:楽天市場

優しい香りでスモークもきつくなく、飲めました

スモークな香りがしました。

個人としては、スモークの風味は苦手な方ですが、こちらの商品は優しい香りでスモークもきつくなく、飲めました。

40°と度数も高いですが、味わい深くまろやかで飲みやすかったです。

ロックグラスで、ロックで並々2杯は飲んでしまいます。

悪酔いもありませんでした。

引用:楽天市場

ホワイトホース12年の悪い評価・口コミ

ファインオールドのほうが煙たさも甘さも際立っている

なぜでしょう、ファインオールドより手がかかっているはずなのに半額のファインオールドのほうが煙たさも甘さも際立っている。

熟成させることで刺激がなくなり、ホワイトホースの良さが失われたのかもしれないと考えると

ウイスキーは面白いなぁと。

引用:Amazon

12年も価格は安いですがファインオールドでもいい

ホワイトホースの12年をはじめて購入、あまり特徴のないソフトなスコッチです。

香りも弱いのでオンザロックよりストレートの方がいいようです。

12年も価格は安いですがファインオールドでもいいと思います。

引用:Amazon

この金額ならジョニ黒かバランタイン買います

安スコッチの大エース、ファインオールドのワンランク上のボトルと思ったら大間違いです。

ホワイトホースに飲みやすさと甘さ求めてないし!

シーバスの1ランク落ちのテイストです。

この金額ならジョニ黒かバランタイン買いますよ、普通。

引用:価格.com

万人受けする味だなぁ・・・とは思いますが、ちょっと物足りなさも

スーパー等でも良く見かけるホワイトホースの12年。

近所の酒屋で「ホワイトホース 1480円」の棚にコレが置いてあり、「12年なのに安い!」と竹鶴ピュアモルト(1990円)を振ってレジに行くと、「お会計、2590円・・・」  12年じゃなくてノンエイジだったんですね。

12年の値段プレート、なくなっちゃってるし…。

という勘違いが元で手にした12年。

かつては、キーモルトにラガヴーリンを使っていたらしいですが、日本向け専用にモデルチェンジしてからは、アイラモルトを使用することはなくなったようです。

ピートの香りも控えめで、どちらかと言うとフルーティーな香り。

12年らしくアルコールの刺激はかなり抑えられており、そのせいか、かなり甘く感じられます。

コクと言うより甘みが際立っているようで、サントリーロイヤル、スーパーニッカのような、丸みのある味わいですね。

確かに美味しく、万人受けする味だなぁ・・・とは思いますが、ちょっと物足りなさも。  2590円あれば、もうちょっと遊べたのにな…

引用:価格.com

値段を考えたらファインオールドでいいかな

ファインオールドが好きな人ならこれも気に入るとは思いますが、値段を考えたらファインオールドでいいかな。

引用:Amazon

鼻から抜けるような香りは皆無です

ノンエイジのファインオールドが好きなので、期待して購入しましたが表題の通りの感想です。

ファインオールドはキーモルトであるラガブーリンの香りと仄かなピート香が絶妙でしたが、12年はそれがほとんど感じられません。

確かに口当たりは幾分まろやかになりましたが、その分鼻から抜けるような香りは皆無です。

新型コロナにかかったか思ったくらいですw

日本市場向けに作られたらしいですが、他の評価を見てもリサーチが甘いというか日本も舐められたものだと感じました。

引用:Amazon

とにかく香りが弱い

一本飲み終えての感想はとにかく香りが弱い。

飲みやすさは及第点だけど、ウイスキーって香り要素が弱いと こんな感じなのか。

という勉強にはなりました。

引用:Amazon

まとめ

今回は「ホワイトホース12年」のスコッチ・ウイスキーの味や香り、ネット上の口コミ・レビューをご紹介してきました。

日本限定発売のホワイトホース12年の味わいは、キャラメルのような甘さと爽やかな甘さのリンゴのような味わいが楽しめます。

日本人の口に合うように作られている為、ウイスキー特有のスモーキーさが抑えられておりウイスキー初心者の方でも楽しむことが出来る1本でした。

口コミ・レビューを調査したところホワイトホース12年は、ウイスキー初心者の方・ウイスキー特有のピート香が苦手な方には飲みやすいと評価の良いウイスキーでしたが、スコッチ・ウイスキーが大好きという方には少し物足りなさを感じるという口コミが多かったのでウイスキー好きにはあまりおすすめ出来ません。

価格も比較的安値で手に取りやすいので、気になる方は是非飲んでみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア