ウイスキー銘柄

ワイルドターキー13年の味・香りをレビューや口コミから評価

ワイルドターキー13年

ワイルドターキーは、アメリカで作られている・ウイスキーです。

この記事ではワイルドターキーの中から「ワイルドターキー13年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「ワイルドターキー13年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、ワイルドターキーのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

ワイルドターキー
ワイルドターキーの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ワイルドターキーは、日本でもファンの多いバーボンウイスキーです。 ジョン・F・ケネディーやアイゼンハワーなどアメリカ大統領が愛したことでも知られています。 この記事ではワイルドターキーの特徴や製法、歴 ...

続きを見る

ワイルドターキー13年の特徴

ワイルドターキー13年

ワイルドターキー13年」はアメリカのオースティン・ニコルズ社で、作られているウイスキーです。

ワイルドターキー13年は日本限定で流通しており、基本的に海外では購入することができません。

若いワイルドターキーと比較すると、アルコールの刺激感は少なく、その味わいは複雑です。

甘くスパイシーな味わいとリッチなバニラや洋ナシを彷彿とさせる香り、オーク樽由来の香味がこのウイスキーでは楽しめます。

アルコール度数は45%とバーボンとしては平均的です。

価格は3,500~8,000円と、ショップによって大きな差があります。

ワイルドターキー13年の基本情報

ブランドワイルドターキー(Wild Turkey)
容量700ml
アルコール度数45%
原産国アメリカ
原材料・成分モルト・グレーン

ワイルドターキー13年のテイスティングノート

濃いアンバー
香りオーク樽由来の濃厚なバニラ香と洋梨を思わせるフルーティな香り
ほのかに洋ナシの風味が漂う、複雑で繊細な味わい
フィニッシュスパイシーな余韻が長く続く

ワイルドターキー13年を4つの飲み方でレビュー

ここでは、ワイルドターキー13年を4つの飲み方でレビューしていきます。

それぞれの飲み方の味や香りの特徴のほか、その飲み方がマッチしているかも分かりやすく解説しました。

ワイルドターキー13年を美味しく楽しめる飲み方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

ワイルドターキー13年は、甘みが主体になりつつもさまざまな香りと味わいが楽しめる、非常に複雑なウイスキーです。

アルコールの刺激感は少なく、ストレートでも飲みやすいウイスキーだといえるでしょう。

2. ロック

ウイスキー ロック

ワイルドターキー13年をロックにすると、酸味と甘み、苦さのバランスがとれた大人な味わいが楽しめるようになります。

同時にフェノール感のある薬っぽさも前面に現れるため、この飲み方はウイスキーに慣れた玄人向けだといえるでしょう。

3. ハイボール

ハイボール

ワイルドターキー13年をハイボールにすると、しっかりとしたフルーツのような甘さが花開きます。

酸味や苦味は少なくなるので、このウイスキーを飲みたいウイスキー初心者には、おすすめの飲み方です。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

ワイルドターキー13年を水割りにすると、加水により甘さが際立つようになります。

アルコールの刺激感もなくなり非常に飲みやすくなるため、水割りはハイボール同様ウイスキー初心者におすすめの飲み方だといえます。

口コミ・レビューでわかる「ワイルドターキー13年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「ワイルドターキー13年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 ワイルドターキー13年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い口コミ悪い口コミ
・甘くビターで高級感のある味わい
・まろやかで繊細さがある
・スパイシーな香りがたまらない
・喉ごしが優れている
・若い8年ものの方が好み
・刺激感が苦手
・割り材には向かない
・高すぎて買えない

ワイルドターキー13年の良い口コミには「甘くビターで高級感のある味わい」「まろやかで繊細さがある」「スパイシーな香りがたまらない」「喉ごしに優れている」というものがありました。

繊細で高級感のある複雑な味わいが楽しめる点が、良い評価には繋がったようです。

ワイルドターキー13年の悪い口コミとしては「若い8年ものの方が好み」「刺激感が苦手」「割り材には向かない」「高すぎて買えない」というものがありました。

ワイルドターキーのラインナップには、非常に人気のある8年ものが存在します。

13年ものは8年ものと比べ、スパイシーさが強く味が苦手だという意見も多く見られました。

ワイルドターキー13年の良い評価・口コミ

ビターで甘い味わいが好き

ロックが旨い

マッカランのような高級感ある味わい

喉ごしがたまらないお酒

8年と比べると繊細さが際立つ

まろやかさがあって好き

8年よりスパイシーかも

ワイルドターキー13年の悪い評価・口コミ

8年の方が好み

ライ麦由来の刺激感が苦手

好き嫌いがわかれそうなウイスキー

割り材には向かない

図書館のような味

高すぎて買えない

12年ものの方が旨かった

13年より8年の方が好き

まとめ

この記事ではアメリカにある「オースティン・ニコルズ社」で作られているワイルドターキー13年について紹介しました。

甘くスパイシーで複雑な高級感ある味わいが特徴のこのウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア