ウイスキー銘柄

ワイルドターキー8年の味・香りをレビューや口コミから評価

ワイルドターキー8年

ワイルドターキーは、アメリカ・カリフォルニア州のオースティン・ニコルズ社が販売しているバーボン・ウイスキーです。

この銘柄はバーボンらしいしっかりとしたバニラ香とキレの良い喉ごしから、世界中で愛されています。

バーボンの中でもとりわけ有名で流通も多いため、入門用としても最適であるといえるでしょう。

この記事では8年熟成品である「ワイルドターキー8年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

一読することで、「ワイルドターキー8年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

また、ジョニーウォーカーのことを詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

ワイルドターキー
ワイルドターキーの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

続きを見る

ワイルドターキー8年の特徴

ワイルドターキー8年

ワイルドターキー8年」はコクのあるバニラやカラメルの甘みと、鼻を抜けるスパイシーな香りが楽しめるボトルです。

柑橘やメロンを彷彿とさせるフルーティーな果実感も、ワイルドターキー8年では堪能できます。

希望小売価格は200ml1,300円・700ml3,700円・1L4,200円となっています。

700mlと1Lの価格差は500円程度しかないので、購入する場合には1L瓶を購入するのがお買い得だといえるでしょう。

ワイルドターキー8年の基本情報

ブランドワイルドターキー(WILD TURKEY)
容量700ml・1L
アルコール度数50%
原産国アメリカ
原材料・成分グレーン・モルト

ワイルドターキー8年のテイスティングノート

深い琥珀色
香りフルーティーで複雑な、甘美でバランスのよい味わい。
ブラックベリーのようなダークフルーツ、天然蜂蜜、カラメルフルーツ、レザー、チョコレート。
熟したトリークル、チョコレートムース、バラの花びら、濃厚な蜂蜜とナッツ、バランスの取れたスパイシーなオークの風味
フィニッシュ複雑で長く続く

ワイルドターキー8年を4つの飲み方でレビュー

ここではワイルドターキー8年を4つの飲み方でレビューしていきます。

ワイルドターキー8年は加水に強く、ハイボールや水割り、ロックにしても味が薄まることが一切ありません。

どの飲み方でも骨太なバーボンらしい味わいを楽しめるのが、ワイルドターキー8年の長所であるといえるでしょう。

1. ストレート

ウイスキー ストレート

ワイルドターキー8年は、ストレートで飲むと濃厚なナッツの風味とエステリーな香りを楽しめるウイスキーです。

通常のバーボンより高い50度のアルコール度数ですが、まろやかでアルコールの刺激感がないためすいすいと飲めてしまいます。

ストレートで飲む際には喉を傷めたり酔いが回りすぎたりしないよう、水などのチェイサーを用意して楽しむようにしましょう。

2. ロック

ウイスキー ロック

ワイルドターキー8年をロックにするとアルコール特有の刺激感が抑えられ、カラメルのような甘く優しい味わいが一層強調されます。

スパイシーさやほろ苦さと甘みのバランスがよくなるので、辛口のウイスキーが苦手という方にはこの飲み方はおすすめだといえるでしょう

3. ハイボール

ハイボール

ワイルドターキー8年をハイボールにすると、香ばしいライ麦や甘いバナナのようなフルーツ香がぱっと花開きます。

加水をしても味は薄まらないまま、炭酸により強まった香りと甘くスパイシーな味わいを存分に楽しむことができます。

4. 水割り

トワイスアップ 水割り

ワイルドターキー8年は加水に強いため、水割りにしても濃厚な甘みとスパイシーな香りをしっかり堪能することができます。

アルコールの刺激や度数を弱められる上に、味や香りを損なわずこのウイスキーを楽しむことができる水割りは、アルコールに弱い方やウイスキー初心者に特におすすめです。

口コミ・レビューでわかる「ワイルドターキー8年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「ワイルドターキー8年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、ワイルドターキー8年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い評価悪い評価
・甘くて美味しい
・度数が高いけど飲みやすい
・水割りやハイボールにピッタリ
・度数が強すぎて酔いが回る
・接着剤のような香りがする
・樽の香りが薄い

ワイルドターキー8年の良い口コミには「甘くて美味しい」「度数が高いのに飲みやすい」「水割りやハイボールに最適」「食事や甘いものにぴったり」というものが多く見られました。

単独で飲んでも食事に合わせても飲みやすく、加水しても味が変わらないため度数を調整しやすいところが評価に繋がったようです。

ワイルドターキー8年の悪い口コミとしては「度数が強すぎて酔いが回る」「接着剤のような香りが駄目」「樽の香りが薄く感じた」というものが多く見られました。

まずいという評価はほとんど見られない優秀なウイスキーであるワイルドターキー8年ですが、香りが好みでないという意見や、お酒に弱い方にはきついという意見もあるようです。

ワイルドターキー8年の良い評価・口コミ

ワイルドに揚げ物と共に

度数高いのにガツンと来るけど飲みやすい

甘さとスパイシーさが癖になる

水を加えると焼酎くらいの度数で飲みやすい

甘いものを食べると飲みたくなるウイスキー

絶対裏切らない世界最高の酒

円筒形のデミタスカップで飲むと超旨くなる

アンバサダーやりたいくらい好きなお酒かも

ワイルドターキー8年の悪い評価・口コミ

めちゃめちゃ酔いが回る

旨いけど好みじゃない

自分の好みではないが弟には合うらしい

セメダイン風味がする

変な後味が苦手

あんまり好きな味じゃない

引っ掛かっていまいち

樽の香りが薄くて微妙

まとめ

この記事ではアメリカ・ケンタッキー州にある、「オースティン・ニコルズ社」が販売しているワイルドターキー8年について紹介しました。

甘くてスパイシーな飲みやすい味わいと、どのような飲み方にも合う万能さが特徴のこのウイスキーが気になった方は、ぜひご賞味してみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア