ウイスキー銘柄

山崎12年の味・香りをレビューや口コミから評価

山崎12年

山崎は1923年創業の山崎蒸留所が作るシングルモルトウイスキーです。

山崎蒸留所は日本最古のモルトウイスキー蒸留所で、「水生野(みなせの)」と呼ばれる名水の地にたっています。

その霧深い気候から産まれる、濃厚で甘みを感じる深い味わい、フルーツや花を思わせる甘く華やかなで芳醇な香りは、多くのウイスキーファンに支持されています。

2003年には「ウイスキーといえばスコッチ」と言われていたなか、日本初のISC金賞を受賞。

シングルモルトブームにものり一気にその名を世界に知らしめ、ジャパニーズウイスキーを代表する銘柄となりました。

この記事では「山崎12年」の特徴やテイスティング、100件以上の口コミをもとに評価を解説します。

「山崎12年が自分の好みに合っているのか」など購入後に失敗しないためのポイントがわかります。

そもそも山崎について詳しく知りたいという方は以下ページもご覧ください。

山崎 ウイスキー
ウイスキー「山崎」の種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

続きを見る

山崎12年の特徴

山崎 12年

山崎12年」は、山崎蒸留所60周年にあたる1984年に販売が開始されました。

ISC金賞を受賞しており、世界に山崎の名を轟かせるきっかけとなった、山崎を代表するボトルです。

その味わいは非常に上品ながら、何層にも重なって違った香りがあらわれる複雑さがあり、繊細で深みのある仕上がりになっています。

一方でピート香のスモーキーさもしっかりとあり、シングルモルトならではの個性を感じます。

世界中で人気となっており、店頭では品薄の状態が続いています。

山崎12年の基本情報

ブランド山崎(YAMAZAKI)
容量700ml
アルコール度数43%
原産国日本
原材料・成分モルト

山崎12年のテイスティングノート

琥珀色
香り熟した柿、桃、バニラ
奥行きのある甘味、厚みのある味わい
フィニッシュ甘いバニラ、樽香、心地よく長い余韻

引用:suntory.co.jp

山崎12年を4つの飲み方でレビュー

1. ストレート

ウイスキー ストレート

山崎12年らしい、繊細で深みのある味わいを堪能したいのであれば、まずはストレートがおすすめです。

山崎12年を口に含むと、最初に樽由来のウッディな香りと、シェリー樽由来のレーズンを思わせる華やかな甘い香りを感じます。

味は、深みのある甘さの裏に少しの渋みとスパイシーさがあり、程よいピートも感じます。

それでいて余韻は長く力強く、これぞまさに「山崎12年」という山崎蒸留所のプライドを感じます。

ストレートでもアルコールの刺激はマイルドで滑らかなので、初心者でもとても飲みやすいです。

2. ロック

ウイスキー ロック

山崎12年をロックで飲むと、ストレートに比べて樽由来の渋みが少し前面にでてきます。

もちろん山崎12年らしい上品な甘さはあるのですが、一方で後味のスパイシーさが強調されます。

氷がとけ加水されると、桃のようなフルーティーな香りがひらき、次にスパイシーでありながら花のような香りへと変化していきます。

山崎12年の良さを堪能しながらも、味の変化を楽しみたい人にお勧めの飲み方です。

3. ハイボール

ハイボール

この4つの飲み方の中で、好き嫌いがわかれるのがハイボールです。

ソーダの炭酸が山崎12年のフルーティーさを強調し、爽やかな飲み口と甘さのバランスがよいと評価される一方、山崎12年ならではの幾層にも重なった香りの複雑さが感じづらくなるという評価もあります。

ハイボールにするのであれば、もともとマイルドでとても飲みやすいウイスキーですから、ウイスキー1に対してソーダ2もしくは2.5で濃いめにつくることをお勧めします。

山崎12年ならではの複雑な味わいを堪能しつつ、爽快な飲み口を楽しむことができます。

4. 水割り

ウイスキー 水割り

山崎12年の水割りは、その上品で複雑な味わいはそのままに、料理の味や香りとぶつからないので食中酒としておすすめです。

特に水とウイスキーの割合を1:1にするトワイスアップは、山崎12年自体の良さを堪能しつつ、のど越し良く飲むことができます。

食後などにじっくり腰を据えて飲むのであればストレートをおすすめしますが、食事のおともにカジュアルに楽しむのであれば水割りがおすすめです。

口コミ・レビューでわかる「山崎12年」の評価

前提として、ウイスキーの味や香りの感じ方は個人の嗜好が異なるため、ウイスキーの評価に違いがあります。

そこで、「山崎12年」を評価するために、実際に100件以上の口コミ調査しました。

結論からいうと、 山崎12年を飲んだ人の評価は、以下のように分かれています。

良い評価悪い評価
・バランスが良く飲みやすい
・複雑で重厚な芳香が楽しめる
・とにかく品薄で購入しづらい
・価格が高騰している
・バランスがよすぎてものたりない

山崎12年は複雑で重厚な芳香がありながら、全体として非常にバランスが良いウイスキーであり、その飲みやすさや味わいに高い評価が集まっていました。

一方最近のシングルモルトブームや、山崎の高い評価にともない、売り切れで手に入らない、あるいは定価以上で販売されており価格が異常に高いなど、悪い評価のほとんどが味以外の面でした。

以下山崎12年を実飲された方の感想を、一部抜粋してご紹介します。

山崎12年の良い評価・口コミ

円やかでウマイ

アルコール感は少なく飲みやすい

広がる芳醇な香りに染み渡る奥行き深き味わい

重厚で華やかな芳香

絶対的なお気に入り

My Absolute Favourite

After trying all the Whiskies that I had on my list I’ve come to the conclusion that the Yamazaki 12 Year is my absolute favourite (even better than the 18 Year Old Version). With honourable mentions to the Ardbeg 17 and The Macallan 30 Year Old Sherry Oak this is the one I’ll always turn to in future...Sublime.

(私の絶対的なお気に入り

リストに挙げたすべてのウイスキーを試した結果、山崎12年が私の絶対的なお気に入りであるという結論に達しました(18年バージョンよりもさらに優れています)。また、アードベッグ17やマッカラン30年シェリーオークなども候補に挙がりましたが、今後もこのウイスキーを愛用していきたいと思います。)

引用:Master of Malt

滑らかで優しく、かつ複雑な味わい

Japan’s finest

One of the best whiskies to come out of Japan, probably one of the more expensive bottles in my cabinet but well worth the price tag. Smooth, gentle yet complex.

(日本の最高級品

日本で生まれた最高のウイスキーのひとつで、おそらく私のウイスキーの棚の中でも高価なボトルのひとつですが、その価値は十分にあります。滑らかで優しく、かつ複雑な味わい。)

引用:Master of Malt

このブランドを超えるものはなかった

Fabulous

I think 12 year old Yamaziki single malt is fabulous....I have tried many different kinds and areas of Scotland's delicacy in a bottle but I have to say.....none were better than this brand....granted I have many more to try....many were just as good....

(素晴らしい

12年ものの山崎シングルモルトは素晴らしいと思います....スコットランドのボトルをいろいろな種類や地域で試してみましたが、このブランドを超えるものはなかったと言わざるを得ません.........欲を言えば、もっとたくさん飲んでみたいです....多くのものが同じように美味しかったです....)

引用:Master of Malt

素晴らしい味と滑らかな仕上がり

Great taste and smooth finish

I had it a few jazz clubs in Japan. Best Scotch I’ve ever tasted. Sad when got back to San Francisco And could not find it. One day in a small wine store I mentioned Yamazaki 12 and he went in the back room and brought out a bottle. $120. I have been nursing it but always looking for another bottle.

(素晴らしい味と滑らかな仕上がり

日本のジャズクラブで何度か飲みました。今まで飲んだスコッチの中で一番美味しかったです。サンフランシスコに戻ってきたときには、それが見つからなくて悲しかったです。ある日、小さなワインショップで「山崎12」の話をすると、彼は奥の部屋に入ってボトルを持ってきてくれました。$120. 私はこのワインを愛飲していますが、いつも別の(山崎の)ボトルを探しています。)

引用:Master of Malt

期待を裏切らない製品

worth EVERY cent

Recently was introduced to this beauty and I must say, it does not disappoint! I originally thought Id try it and move on, Now I make sure to keep it in my cabinets. Quickly became a favorite of mine after just a few glasses.

(すべてに価値があります

最近、この製品を知りましたが、期待を裏切らない製品でした。最初は試してみてからと思っていましたが、今では必ずキャビネットに入れています。数杯飲んだだけで、すぐにお気

引用:Master of Malt

山崎12年の悪い評価・口コミ

たかっ

今や入手困難

即断で買う程に好きな味かって言うと迷う

売り切れ

(高い)入場料を払う価値がりますか?答えはNo

Don't try this at home

Yes, it is a very decent single malt which has something unique to it (I got some pine on the palate, otherwise tasting notes here are in the right ballpark besides rum to my taste). BUT is it worth the price of admission at three digits? NOPE.

(家では試さないでください

たしかに、これはユニークさのある非常にまともなシングルモルトです。(口当たりにパインを感じましたが、それ以外のテイスティングノートは、私の感覚ではラム以外は正しいです)。でも、それは3桁の(高い)入場料を払う価値がりますか?答えはNoです。)

引用:Master of Malt

まともだが、価格帯に合わない

Decent, but not for its price range

Simply doesn’t have the depth and range of flavor as most Japanese whiskies in the 75-125 price range. If you’re looking to try something new and have had all the others, it’s probably worth giving it a shot. But if you’re considering other Japanese whiskeys around 100, almost anything on that list would likely be more dynamic.

(まともだが、価格帯に合わない

75~125の価格帯のジャパニーズウイスキーの中では、単純に味の深さや幅が足りない。何か新しいものを試してみたい、他のウイスキーは全部飲んだことがある、という人には試してみる価値があるだろう。しかし、100前後の他のジャパニーズ・ウイスキーを検討しているのであれば、このリストにあるほとんどのものが、よりダイナミックなものになるだろう。)

引用:Master of Malt

まとめ

山崎12年は山崎の名を世界に広めた、革新的なジャパニーズシングルモルトです。

濃厚で複雑な香りや風味でありながら飲みやすく、これからウイスキーを楽しみたいと思っている初心者にもおすすめできます。

ストレートやロックなど自分にあった飲み方っで、山崎12年を楽しんでください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア