ウイスキー銘柄

ビッグピートの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ビッグピート

ビッグピートは、スコットランドで作られているブレンデッドモルト・ウイスキーです。

この記事では、ビッグピートの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。

おすすめの飲み方や種類ごとの特徴を掲載しているほか、記事の最後にはビッグピートがお好きな方におすすめのウイスキーの提案なども行っています。

是非ウイスキー選びの参考にしてみてください。

ビッグピートの特徴・概要

ビッグピート ロゴ

ビッグピートは、スコットランドにある「ダグラスレイン社」から販売されているブレンデッド・モルトウイスキーです。

使われている全ての原酒がアイラ・モルトであることが大きな特徴であり、グラスに注ぐと強烈なピート・スモーク香が感じられます。

味の特徴

ビッグピートはアイラ特有の塩辛い味わいの中に隠された、バニラクリームや糖蜜のような甘さが特徴のウイスキーです。

中盤からはレモンピールやレーズンのような、フルーティーな風味もほんのりと感じられます。

香りの特徴

ビッグピートは鼻を近づけると眩暈がするような、強烈なピート・スモーク香が堪能できるウイスキーです。

焚火のような凄まじいスモーク香は口に含むと瞬く間に鼻や口に充満し、しばらく消えることはありません。

喉ごし・フィニッシュの特徴

ビッグピートはまるで喉に爆弾を投下したかのような、凄まじいピートの刺激感ある喉ごしが楽しめるウイスキーです。

アタックはかなり刺激が強い傾向にありますが、後半からフィニッシュにかけてはフルーツや糖蜜の甘いニュアンスが口の中に広がっていきます。

余韻は長く、甘くまったりと続きます。

ビッグピートのおすすめの飲み方は「トワイスアップ」

トワイスアップ

ビッグピートのおすすめの飲み方は「トワイスアップ」です。

トワイスアップにするとビッグピートが持っている辛さが和らぎ、甘みが花開いてとても飲みやすくなります。

なお、独特の辛みや刺激が強いため、ビッグピートをストレートで飲むことはおすすめできません。

ビッグピートの種類

現在販売されているビッグピートは主に8種です。

ビッグピート

ビッグピート

最もスタンダードなビッグピートのボトルです。

開けた瞬間たじろぐほどの強烈なピート・スモーク香と、甘じょっぱいアイラ・モルト特有の風味がこのボトルでは堪能できます。

ビッグピート クリスマスエディション

ビッグピート クリスマスエディション

「ビッグピート クリスマスエディション」は、毎年クリスマスにリリースされるビッグピートのカスクストレングス・ボトルです。

スタンダードなビッグピートよりも濃厚で、よりスモーキーな味わいを楽しむことができます。

ビッグピート12年

ビッグピート12年

「ビッグピート12年」は2002年にリリースされた、オーク樽の風味を伴ったスモーク香が特徴あるボトルです。

焦げた樽の風味を伴ったピート・スモークの香りの中には、バニラやヘーゼルナッツのような甘さとほろ苦いオレンジピールの香味が感じられます。

フィニッシュはスタンダード品と比較して非常に長く、潮気を伴ったスモーク香がいつまでも口の中に残り続けます。

ビッグピート10年 リミテッド・エディション

ビッグピート10年 リミテッド・エディション

「ビッグピート 10年 リミテッド・エディション」はビッグピートの10周年を記念して作られた特別なボトルです。

スタンダード品よりもやや穏やかな潮辛い燻煙の香りと、バニラやオレンジピートの甘さがこのウイスキーからは感じられます。

フルーティーな余韻はやや長く、口の中で甘じょっぱさを伴いながら穏やかに続きます。

ビッグピート10年 リミテッド・エディション
created by Rinker

ビッグピート25年 ザ・ゴールド・エディション

ビッグピート25年 ザ・ゴールド・エディション

「ビッグピート 25年 ザ・ゴールド・エディション」は25年以上熟成した原酒のみを使用した、カスクストレングス・ボトルです。

海辺で行う炭火焼肉のような香りとオイリーでクリーミーな甘い味わいが特徴の、複雑な味わいをもったウイスキーです。

日本での販売数はわずか150本であるため価格が高騰しており、入手は極めて困難です。

ビッグピート25年 ザ・ゴールド・エディション
created by Rinker

ビッグピート1992 26年 ザ・プラチナム・エディション

ビッグピート1992 26年 ザ・プラチナム・エディション

「ビッグピート1992 26年 ザ・プラチナム・エディション」はダグラスレイン社の70周年を記念して作られたプレミアム・ボトルです。

海辺からそよいでくる炭火焼肉のような柔らかな香りと、深く優しいピート感が特徴であり強烈なスモーク香はあまり感じられません。

中盤から後半にかけてはフルーティーで甘く、フィニッシュにはコーヒー豆のような苦みも感じられます。

余韻はスパイシーで、スモーク香を伴いながら口の中にほんのり残ります。

ビッグピート27年 ザ・ブラック・エディション

ビッグピート27年 ザ・ブラック・エディション

「ビッグピート27年 ザ・ブラック・エディション」は27年熟成した原酒を使った3000本限定のプレミアム・ボトルです。

味わいは複雑であり、アタック時に現れる力強いピート・スモーク香と灰のような渋み、ハーバルな香りを同時に堪能することができます。

煙の中には砂糖漬けの柑橘やハチミツ、クリームブリュレのような甘みもほんのりと感じられます。

ビッグピート1985 33年 コニャック&シェリーフィニッシュ

ビッグピート1985 33年 コニャック&シェリーフィニッシュ

「ビッグピート1985 33年 コニャック&シェリーフィニッシュ」は33年間熟成した原酒をコニャック樽・シェリー樽の2種で後熟させたユニークなボトルです。

モルティーでどっしりした甘めのボディと、芳醇なフルーツの甘みを伴ったピートスモーク香が絶妙に絡み合う、複雑な味わいが堪能できるウイスキーです。

ビッグピートの歴史

ビッグピートは1990年代半ばから巻き起こったアイラ・モルトを中心としたシングルモルトブームに応える形で、2009年に発売開始されたブランドです。

このウイスキーを販売開始したのは、スコットランドのグラスゴーに拠点を置く大手ボトラーズ「ダグラスレイン社」です。

ダグラスレイン社は過去に「キングオブスコッツ」「ジョンプレイヤースペシャル」などの有名なブレンデッド・ウイスキーを世に送り出してきました。

そんな大手ブレンダーが熱狂的なピート・マニアたちのために複数のアイラ・モルトをブレンドして作り出したのが、ブレンデッド・モルトウイスキーのビッグピートだったというわけです。

現在ダグラスライン社は経営者のレイン兄弟がそれぞれ別々の道を歩みだしたため、「ハンターレイン社」「ダグラスレイン社」の2社に分社化しました。

ビッグピートはダグラスレイン社の所有ブランドとなり、ブレンデッド・モルトウイスキーの主力として今も販売され続けています。

ビッグピートの製法

ビッグピートは4種のアイラ・モルト原酒をブレンドして作られる、ブレンデッド・モルトウイスキーです。

ビッグピートを構成する4種の原酒は以下の通りです。

  • ボウモア蒸留所の「ボウモア」
  • カリラ蒸留所の「カリラ」
  • アードベッグの「アードベッグ」(16年以上熟成したもののみを使用)
  • ポートエレン蒸留所の「ポートエレン」

ビッグピート好きにおすすめのウイスキー

ここではビッグピートに使われている3種の原酒を紹介しています。

ビッグピートの次に飲みたいウイスキーをお探しの際には、是非参考にしてみてください。

ボウモア12年

ボウモア12年

ビッグピートがお好きな方には、ブレンドに使用されているアイラ・モルトのひとつである「ボウモア12年」もおすすめです。

ピート・スモークの香りとフルーツやハチミツの甘さに、アイラ・モルトらしい潮の香りがほんのりと溶け込んだ飲みやすいウイスキーです。

ボウモアの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ボウモアはウイスキーの聖地であるスコットランドのアイラ島で作られるシングルモルトウイスキーです。 別名「アイラの女王」とも呼ばれています。 スモーキーでピーティーな香りとドライな飲み口、そして何と言っ ...

続きを見る

カリラ12年

カリラ12年

ビッグピートがお好きな方には、ブレンドに使用されているアイラ・モルトのひとつである「カリラ12年」もおすすめです。

ドライでありながらフルーティーで甘く飲みやすい味わいと、オイリーで塩辛いアイラ・モルトらしさを備えたウイスキーです。

カリラ
カリラの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

カリラは、スコットランド産のシングルモルトウイスキーです。 「ウイスキーの聖地」と呼ばれるアイラ島で作られています。 アイラモルトらしいスモーキーフレーバーとフルーティーさのバランスの良さが特徴です。 ...

続きを見る

アードベッグ コリーヴレッカン

アードベッグ コリーヴレッカン

ビッグピートに使われている原酒の中でも最もピート・スモーク香が強くい銘柄がアードベッグです。

その中でもスパイシーさと強烈なアイラ特有のピート・スモーク香が楽しめる「アードベッグ コリーヴレッガン」は、ビッグピート好きにおすすめです。

通常のアードベッグよりも塩辛さの強いピート・スモーク香とスパイシーな味わいがこのウイスキーでは堪能できます。

アードベッグの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

アードベッグは“ウイスキーの聖地”スコットランドのアイラ島で作られるシングルモルトウイスキーです。 個性派揃いで有名なアイラモルトですが、中でもアードベックの個性は別格。 口に含んだ瞬間に広がるスモー ...

続きを見る

まとめ

この記事ではスコットランドにある「ダグラスレイン社」から販売されている、ビッグピートを紹介しました。

嗅いだだけでたじろいでしまうほどの甘じょっぱく強烈なピート・スモーク香が特徴的な、このウイスキーが気になった方は、是非ご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア